オープンソースコミュニティへの貢献~weekly mail~


「Ruby」という言葉を耳にされたことはありますでしょうか?

「Ruby」とは、開発者である「まつもとゆきひろ」さんにより開発された国産のプログラミング言語で、マネーフォワードをはじめ様々なサービスがこの「Ruby」という言語によってつくられています。

Ruby言語は「オープンソース」のひとつで、無償で公開されており、世界中のエンジニアがサービスづくりにおいて、自由に使うことができます。

世界中のエンジニアがこの「Ruby」の発展に無償で貢献しているおかげで、多くの会社がサービスを創ることができています。

今週末、Ruby Kaigi 2015というイベントが開催され世界中からエンジニアがたくさん集まっています。
昨日、その場所でマネーフォワードとして大きな2つの発表をさせていただきました。

・日本で唯一のRuby on Railsのコミッター 兼 Rubyコミッターである松田明氏が技術顧問に就任
・さらに日本初、フルタイムの「Rubyコミッター職」採用

詳しくは、TechCrunchさんのこちらの記事をご覧いただければと思いますが、日本初の取り組み、さらにスタートアップの立場としては、身の丈を超えた大きなチャレンジでもあります。

今回、当社のエースエンジニアの1人が熱い想いをもってこのような提案をしてくれてトライすることになりました。

「自分達が恩恵をうけるコミュニティに還元していくことの大事さ」をビジネススクールで学びましたが、今回の取り組みはRubyをはじめオープンソースコミュニティ全体をより良くしていきたいという想いが詰まった取り組みです。

我々マネーフォワードもFintechカンパニーとして日本発のグローバルに通用する会社を目指していますが、Rubyも世界中で使われる日本発のプログラミング言語にますます発展していく上で、少しでもお役に立てればと思っています。

それでは、今週も良い週末をお過ごしください。

<お知らせ>
1、自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』が年末年始3大キャンペーンを実施=利用者300万人突破を記念し、300名様に総額100万円以上をプレゼント=

2、クラウド型会計ソフトの利用意向に関する調査2015  利用したいソフトNo1は、「MFクラウド会計・確定申告」

3、マネーフォワードが、Google Playのトップデベロッパーに認定=『マネーフォワード』、『ICカードリーダー by マネーフォワード』が高い評価=

4、公式ブログ:2015年のFintechを振り返る

カテゴリー: サービス, ブログ, ベンチャー, マネーフォワード パーマリンク