マネーフォワードエンジニアの私生活

はじめに

マネーフォワードで開発エンジニアをしています都築です。
エンジニアブログということで技術バリバリのテーマも良いのですが、それは次回にとっておいて、今回は私生活のお話しをしようかと思います。

My Background

私がマネーフォワードにジョインしたのは2013年1月。
前職でもソフトウェア開発を行っていました。最も長く携ったのはDRM (Digitail Rights Management : 著作権保護)というもので、主に、PlayStationシリーズのビデオ配信、音楽配信、コミック配信向けのモジュールを開発していました。

例えばネット経由でのビデオレンタルで、映画やアニメといったコンテンツに再生期限をつけたり(2日で見られなくするとか)、やたらと色々な機器で再生できないようしたり(PS3やPSPに対してだけ再生する権利をつける)といった技術です。この制限や権利を何にどうやって付与するのかとか、PS3とPSP間で権利をやり取りするといったところが難しく苦労しましたが、その経験は今の仕事にも非常に役に立っています。

Work Style

ベンチャー企業というと、若手が昼夜問わずバリバリ働いているイメージがあるかもしれませんが、マネーフォワードでは子育てしながら働いている社員もおり、私もその中の一人です。

我が家は、共働きの妻、8歳(小2)の娘、3歳の息子の計4人家族。
私は朝7:30頃に起床しますが、娘がそれとほぼ同時刻に登校するため、会話のチャンスは1日5分程しかありません。妻も8:00には家を出てしまうため、息子と二人で朝食、朝風呂(息子の寝汗がすごい)、息子の着替えをして保育園に登園というのが朝のパターンです。この息子との時間は、ある意味格闘です。
何事もこだわりが強いイヤイヤ3歳児ということもあり、朝食のメニュー、パンに塗るハチミツの量、時にはスプーンの向き一つでイヤイヤスイッチが入ってしまい、一度スイッチが入るとリセットされることはめったにありません。結果、泣き叫ぶ3歳児を抱っこして保育園まで連れて行くことになります。

平日のうち週1日は妻の残業Dayということになっていますので、週1度は夜早めに帰宅して子どものお迎えと世話をしています。息子を保育園に迎えに行き、娘は曜日ごとに習い事があるので、例えば木曜は体操教室とか、金曜は公文とかに迎えに行き、子供たちと3人で夕食をとります。

こんな感じで平日はほとんど子育てや家事に参加できておらず、妻に頼りっきりなのが現状ですが、当社にも子育て中のメンバーはおりますし、今後も子育て世代のエンジニアや、女性社員もどんどんメンバーとして迎え入れ、是非マネーフォワードで活躍していただきたい!!ですので、私自身もエンジニア業だけでなく、そういったメンバーをサポートできるよう頑張りたいと思います!(できるかな・・・)

おわりに

現在の私の業務は、主にスマホ向けのアプリ開発を行っていますので、次回の担当ブログではその辺りについて書いてみたいと思います。
ではでは。

Pocket