slackに#current_status部屋を作りました

エンジニアの越川です。
本日は、マネーフォワードエンジニアが活用しているチャットツール「slack」で工夫していることをお伝えします。

実際の様子はこんな感じです。
current_status
言っていることが見事にバラバラですね。

マネーフォワードでは、このような自分の今の状況をやんわり伝える部屋(#current_status)を作っています。
社内ツイッターのように捉えて運用しており、この部屋の発言は「現在の状況」を「つぶやく」だけなので、このチャットでの発言は返信しなくて良いですし、返信しても良いのです。

とはいえ、会話が始まることもありこれもツイッターのようですね。

なんとなく、今の情報を伝えたい、分かって欲しいときに便利な部屋として人気です。
ノイズにならない程度の雑談はコミュニケーションの潤滑油として最適です。

 
マネーフォワードでは、チームのコミュニケーションを大切にしながらチームで成果を出したいエンジニアを募集しています!みなさまのご応募お待ちしております!

マネーフォワード採用サイト
https://recruit.moneyforward.com/

Wantedly
https://www.wantedly.com/companies/moneyforward

Pocket