ふりかえりのススメ!〜モチベーションのコントロール〜

開発推進本部の越川です。普段はRailsでコードを書いてるRailsエンジニアです。

普段の仕事の中で モチベーション をコントロールすることは非常に大事です。モチベーションをコントロールするうえで、 ふりかえり をすることが重要であることに気づいたので、そのことについて書きます。

評価制度などで振り返り面談などを行うことは多いと思いますが、私のチームでは、それとは別に個人KPTを軸にした振り返りを毎週行っています。

KPT

KPTとは、よかったこと(Keep)、うまくいかなかったこと(Problem)、改善するために試すこと(Try)に分けて考える振り返りのフレームワークです。

KPTは適度なサイクルで行うと良いです。私のチームでは1週間を1サイクルとして考えているので、1週間を振り返るタイミングとして週の終わりである金曜日の夕方に1人30分を目安に振り返りを行っています。

続きを読む

最近AndroidのViewに思うこと(CustomView編)

マネーフォワードでAndroidエンジニアをしています前田です。
最近、Android開発をしていて思っていることザックリまとめてみました。
 

結論

CustomView積極的に使おう!
 

最近思ってること

先日のdroidkaigiにて、yanzmさんが下記の点を発表されていました。

  • Activity/Fragmentに不要な処理書きたくない
  • どんどんファットになっていく
  • ActivityやFragmentになんでも書けばいいやということが多く、どんどんクラスが大きくなっている
     

そこで、Viewに依存するものはCustomView作ってしまい、できるだけView内で完結させたいと思うようになってきました。

実際、マネーフォワードのアプリでも、Activity/Fragmentがファットになっており、View内で完結するものはCustomViewを作成し処理を移行しています。
 

CustomViewにすることのメリットは下記の点だと考えています。

  • 各View内で完結する処理はView内に記述することでActivity、Fragmentに処理がほどんどかかれない
  • Layoutファイルの見通しが良くなる
  • 繰り返し使うようなViewをCustom化することでコピペ処理が減る
     

実装してみた

続きを読む

haml2slim でハマった点とその解決方法

MFクラウド給与の開発に携わっているエンジニアの増山(@nyangryy)です。

普段Railsを使った開発の中でハマった内容や、調査の過程を紹介していきたいと思います。
今回は、MFクラウド給与の開発中における、Railsのテンプレートエンジンを haml から slim へ変換する際ハマった点と、それを解決するために行なった方法を紹介します。
 

動作確認環境

MacOSX 10.10.2

Ruby 2.1.5
Rails 4.1.8
haml2slim 0.4.7

zsh 5.0.5 (x86_64-apple-darwin13.0.0)
ag 0.26.0
sed (GNU sed) 4.2.2

続きを読む

【レポート】MF Geeks Night (2015年4月)

p1

エンジニアの越川です。毎月恒例(?)、4/22(火)夜に開催したマネーフォワードのエンジニアイベント「MF Geeks Night 2015-04」をご紹介します。毎月第三週目あたりに開催しております、エンジニアの交流会です。外部の方もゲストで来ていただき、社内外のエンジニアが普段に何をしているかを共有する場となっております。

続きを読む

オーマイグラスさんとマネーフォワードの交流会

エンジニアの越川です。先日、オーマイグラスさんと交流会をしましたのでそこで交換した知見を共有いたします。オーマイグラスの深谷さんとは、Sendagaya.rbを一緒に立ち上げた仲というのもあり、今回の交流会が実現しました。

両社ともRuby on Railsを使っていることから、それを中心とした知見の共有会となるとおもいきや、仕事の中で工夫していることが話の中心となりました。

続きを読む

Newcomerがイイと思った、マネフォの新サービスリリースTips

はじめまして、エンジニアの中村です。

実は今年の1月1日にマネーフォワードに入社したばかりの新参者です。
前職ではRubyやJavaでBtoC向けのWebサービスの開発・運用に携わっていました。

マネーフォワードに入社してからは、先日リリースした給与計算ソフト「MFクラウド給与」を担当しました。
そこで今回は、入社してからサービスリリースまでに経験したイケてるTipsを紹介します。
 

エンジニア向けの業務仕様まとめ

もともとお金が絡むサービスの開発経験がなかった私は、「入社後には業務知識の理解に凄く苦労するかもしれない・・・」と漠然とした不安を抱えていました。

ところが、マネーフォワードでは、サービスの仕様・用語集など必要な情報がQiita:Teamに集約されており、早期のキャッチアップが可能でした。

更に今回担当した「MFクラウド給与」については、難しい仕組みや仕様がエンジニアに理解しやすい言葉に置き換えて書かれていたため、非常に助けられました。
 

効率良くテストを書く

今回の開発で特に注意したのは、サービスの根幹でもある給与計算処理の正確さです。

この正確さを担保するために、計算処理部分には特にテストコードを十分書くように意識していました。

続きを読む

Javaエンジニアが、Rubyを始めてみて受けた衝撃

エンジニアの中出です。

私は元々、C/C++やJava等のコンパイラ型言語をこれまで扱ってきましたが、マネーフォワードに入って、ついにRuby(Ruby on Rails)に触れる機会を頂きました。

Ruby on Railsの学習を始めてまだ2ヶ月弱なのですが、すでに色々な学びがありました。
今回はその中でも言語としてのrubyについて、今更ながら衝撃を受けたことを書きたいと思います。
 

1. 本当にすべてオブジェクト

rubyは紛れもなくオブジェクト指向なプログラミング言語です。

一般的にオブジェクト指向な言語では処理や操作の対象をオブジェクトとして扱おうとし、すべてがオブジェクトとして扱える世界を善しとする文化があります。というよりそれがオブジェクト指向と言えます。

一方、多くのオブジェクト指向な言語においても数値等のデータ型はオブジェクトして扱わない事が多いと思います。
javaであればよく批判の対象ともなるint(とオブジェクトとして扱う場合のラッパークラスとしてのInteger)、後発のC#ではこれは改善されているが値型、参照型という別の概念が登場していたりします。

続きを読む

【レポート】3/26 人気アプリの裏側、語っちゃいます!モバイルアプリ開発勉強会

こんにちは。エンジニアの石田です。

今回のエンジニアブログは、3/26(木)にSansan株式会社にて開催されました、人気アプリの裏側、語っちゃいます!モバイルアプリ開発勉強会 〜Eight × マネーフォワード × メルカリのエンジニアがアプリ開発の裏側を語る!〜のイベントレポートをお届けします。

概要

人気アプリの裏側、語っちゃいます!モバイルアプリ開発勉強会
〜Eight × マネーフォワード × メルカリのエンジニアがアプリ開発の裏側を語る!〜

急成長を続けるEightマネーフォワードメルカリのエンジニアが集結し、各社のアプリ開発の進め方、利用ツール、ライブラリ、体制、テスティング方法などをお話しました。

以下、セッションの様子です。(敬称略)

続きを読む