Pull Requestを育てて開発しよう

こんにちは、エンジニアの越川です。今回は、(Merge|Pull) Requestを育てる方法について考えてみました。

作業開始

  • 目的を明確に
  • 機能単位で

ブランチを作ることを心がけます。

git checkout -b topic-name

普段の作業

なるべく小さな単位で作業する事が大事です。commit前に、こまめに

git status

することや、細かいcommitをするためには、

git add -p

が大事です。

意味のある単位でgit-addしてインデックスへ追加。git diff --cachedでこまめに確認、いい感じの単位になったら、git commit -vしていまコミットする単位を確認し、コミットという流れを意識します。

(Merge|Pull) Requestを出す

なるべく早めに出す。なんなら何もせずに出すが大事です。

何もせずに出すときには、以下のように、--allow-emptyオプションを活用しましょう。

git commit --allow-empty

いまから何やるかを書いておくのに

このブランチでは、「〜〜〜」を「〜〜〜〜〜」することを目標とする。

* [ ] ○○を実装する
* [ ] △△を実装する
* [ ] ✕✕観点のテストを書く

Markdownで、リストやチェックボックスの記法を利用するとよいでしょう。タイトルには、[WIP]を付けるのもオススメです。

綺麗にする

rebaseを活用しましょう。

git rebase -i revison

入れ替え、squashで統合、editでコメント修正など日頃からコミットの整理整頓を素早く出来るようにしておきます。

コードレビュー後

masterが進んでいたら、upstreamをmergeしましょう。なるべく個人でdevelopとの差分やコンフリクトを解消しておきます。

git fetch upstream

をこまめにしてtopic branchに対して本流をmergeします。

git merge --no-ff master

出来れば本流との差分がそれほどないうちにマージできるように

  • 小さく
  • 素早く

Requestを送り続けましょう。

最後に

マネーフォワードでは普段からgitを工夫して使いながら、積極的に(Merge|Pull Request)を出していく開発スタイルが大好きなひとを大募集中です。

【採用サイト】
『マネーフォワード採用サイト』 https://recruit.moneyforward.com/
『Wantedly』 https://www.wantedly.com/companies/moneyforward

 
【プロダクト一覧】
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 https://moneyforward.com/
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 iPhone,iPad
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 Android
クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計』 https://biz.moneyforward.com/
クラウド型請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』 https://invoice.moneyforward.com/
クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』 https://payroll.moneyforward.com/

Pocket