Swift2.0で作るAPI通信基盤

こんにちは。エンジニアの浅井です。
普段はマネーフォワードのiOSアプリ開発を担当しています。

弊社では、全社で使用する共通ライブラリの開発を積極的に行っています。
今回は、先日正式リリースされたSwift2.0で作成中のAPI通信基盤をご紹介します。

APIKitを参考に、下記のライブラリを用いて実装しています。
* Alamofire(HTTP通信)
* ObjectMapper(JSONのパース)
 

本エントリーの肝

本エントリーではSwift2.0で追加された、ProtocolExtensionを利用しています。
プロトコルに実装を定義できるだけでなく、細かく条件指定ができるので、そのプロトコルに準拠したクラスの実装を少なく抑えることができます。
また、typealiasによるジェネリクスを利用することで、タイプセーフな設計になっています。

続きを読む

インターンから見たマネーフォワード

こんにちは。
インターンの伊藤です。

8月末から1ヶ月間ほど、エンジニアとしてマネーフォワードにて活動しております。
今回は、インターンとしてマネーフォワードで活動して感じた「内側からみたマネーフォワード」を紹介したいと思います。
 

1. 自発性の高さ

まず第一に感じたこと、それはマネーフォワードの方々の自発性の高さです。

私が配属された新規事業チームでは、チームミーティングを毎日開催します。
そこでは、チーム全員が活発に意見や提案をして、発展的な議論になります。
受け身で参加している人はいません。
また、必要があればすぐに、プロジェクト・チームを超えたミーティングが設けられ、全員で仕事を前に進めていきます。

そのほか、自然発生的に勉強会やイベントが企画・開催されていきます。
なかでも、エンジニア同士が交流する「MF Geeks Night(前回の様子はこちら)」や、デザイナーとエンジニアが理解を深める「かないと!(前回の様子はこちら)」は、社外からもゲストを招いて開催され、とても有意義な情報交流の場になっています。

会社からの指示がなくとも、個々人が当事者意識をもって動いており、必要であればすぐに活動する姿勢が素晴らしいと感じました。

続きを読む

家庭内 esa のすゝめ

こんにちは。Railsエンジニアの木村です。

マネーフォワードでは毎日朝会を開催しており、数値や情報の共有を行っています。
朝会の進行役は当番制になっており、当番の人は3分程度の「小噺」をするのがお約束なのですが、先日私が発表した小噺をブログに書くよう
slack同僚に勧められたので紹介します。
 

最近あったちょっとしたライフハックの話


 ※ 公開する旨、家族から了承を得ております(笑)
 

補足

(朝会で使用した資料をそのままアップしましたので、口頭で話した内容などを補足)

続きを読む

MySQL パーティショニングで高速化

こんにちは。エンジニアの中山です。

最近、ふるさと納税を初体験しました。
手間がかかりそうという先入観を持っていたのですが、実際にはネットで申し込めて、決済はクレジットカードで、美味しい特産品がすぐに届きました。
こんなに簡単なら、もっと早くから知っていればよかったのにと、知識の大切さを再認識しました。

マネトク!にはそんなお得な情報がたくさんあります。

さて、本題。

サービスが成長してデータベースが大規模化・高使用頻度化してくると、やはり遅いクエリが気になってきます。
対策として、インデックスの工夫、クエリのチューニング、キャッシュ設定、高速なハードウェアへの置き換え等の施策を行うことで、改善をすることができます。
しかし、さらに成長が進むと、それらの手段だけでは足りず、次の手が欲しくなってきます。
高速化する手段の1つとして、パーティショニングが手軽で効果的なので試してみました。

続きを読む

集中力を高めるノイズミュージック

こんにちは、クリエイティブ戦略室の大嶽です。

クリエイターやエンジニアの方で、ヘッドフォンで音楽を聞きながら作業することって多いですよね。

オフィスの騒音を音楽で遮断することで、自分の世界に入り込んで集中力を高めるっていう手法ですね。また、リラックス効果もあるので気分転換に聴く方も多いでしょう。

音楽を聴くことで作業効率がアップしたとかミスが減ったなどの報告もネット上ではありますが、反面、何かを考えてまとめる時は邪魔になるというケースもあるようです。

そこで今回は何かを考えるときにも集中して作業するときにも効果が高い(と勝手に思っている)ノイズ・ミュージックというジャンルを紹介したいと思います。 続きを読む

Android:マテリアルデザイン対応を効率的に進めるためにSupport Libraryを積極的に使ってみる

こんにちは。エンジニアの細谷です。

以前にも当エンジニアブログの「Android版マネーフォワードをマテリアルデザイン対応したときのあれこれ」で紹介しましたが、マネーフォワードのAndroidアプリのUIはマテリアルデザインを積極採用しています。

マテリアルデザインを採用した開発を効率的に進める上で欠かせないのがAndroidのサポートライブラリです。

v22.2(2015年5月公開)で追加になったデザインサポートライブラリの一部は実際にマネーフォワードのAndroidアプリにも導入していますので、その中でも特に簡単に導入できる3つのコンポーネントを紹介します。

また、発表されて間もないv23(2015年8月公開)についても、未導入ながら今後の展望として紹介します。

※ Support Libraryの更新状況等はこちらなどで確認できます。
 

続きを読む