【レポート速報】Google I/O 2016 – Day1

Androidエンジニア 兼 情報セキュリティ担当の鈴木です。

私は今、Google本社があるMountain Viewで開催中のGoogle I/O 2016に来ております。
昨年とは違い今年は屋外でのカンファレンスなので、早速日焼けしてしまいました。
今日は参加できたセッションの中で知った「アプリ開発を補助するFirebaseの機能」について報告したいと思います
 

Firebaseのテストlab

  • アプリ開発の開発段階を補助するツールです。
  • 基本的にはCloud Test LabをFirebaseがとりこんだものです。なので現在の機能を引き継いだものになっていますが、それを改めて紹介します。
  • Robo Crawler: Activity Mapを自分で作って、アプリをCrawlしクラッシュする部分を探してくれる機能です。
  • Android Studio上のEspresso機能強化: Seleniumのように開発者のアプリ上の動作を記録して、Espressoテストを自動生成してくれます。
  • Jenkins連携もできるようなのでCIがはかどりますね。CircleCIやTravis向け機能はまだ開発中とのことでした。
     

Pre-Launch Report

  • リリース前段階における補助ツールです。
  • Firebase test labによって強化されたGoogle Playの新機能のようです。アプリリリースの前にクラッシュ・スクリーンショット・セキュリティに関する分析をする機能になります。

Crash

  • 10個以上のAndroid端末を使ったアプリのクラッシュ情報を表示します。クラッシュ時のビデオもアップロードしてくれる様なので、修正が捗りそうです。

ScreenShots

  • 異なるAndroid端末におけるユーザビリティを検証してくれる機能です。Screenサイズやレゾリューション、OSのバージョンをまたがってテストし、そのスクリーンショットを取得します

Security

  • アプリ上の脆弱性有無を検証してくれる機能のもようです。
  • プレゼン中はOpenSSLなどのミドルウェア的な脆弱性でしたが、アプリレイヤーの脆弱性も表示してくれるか気になる所です。

  • これらの機能はGoogle Play Consoleにてこの機能をopt-inすると、次にアップロードしたAPKから解析を開始してくれる模様です。
     

Firebase Crash Reporting(運用段階)

  • 一言で言えばFabricのCrashlyticsな機能です。

以上になります。個人的にはFirebase Anlayticsも含めてサービス開発を推進する強力なツールになると思うので、積極的に使っていきたいと思います。取り急ぎ今日はこの辺で。
 

最後に

マネーフォワードでは、Google Google Google なエンジニアを募集しています。
ご応募お待ちしています。

【採用サイト】
マネーフォワード採用サイト
Wantedly | マネーフォワード

【プロダクト一覧】
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 iPhone,iPad
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 Android
クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計』
クラウド型請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』
クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』
経費精算システム『MFクラウド経費』
消込ソフト・システム『MFクラウド消込』
マイナンバー対応『MFクラウドマイナンバー』
創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』
お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア『マネトク!』

Pocket