MoneyForward Meetupレポート:マネーフォワードの現場のイマが見える交流イベントを開催

こんにちは。マネーフォワード広報の青木です。

先日「マネーフォワードの現場が見える交流イベント」であるTech Meetup by MoneyForward当社オフィスにて開催しました。

年始には、Fintech研究所 2016年新年会というイベントを開催しましたが、今回はよりマネーフォワードの生の現場に迫ったイベントでした。本記事では、Tech Meetup by MoneyForwardの目指す方向性と第一回の現場レポートをお送りします。

1

現場の見える化

現場の見える化として、

  • マネーフォワードの文化が見える
  • マネーフォワードでの開発手法が見える
  • マネーフォワードで働く人が見える

事を目指しています。マネーフォワードではユーザーに提供するサービスを創っているのはサービスに関わるすべての人だと考えています。当イベントでは我々のサービスを創るエンジニア、デザイナー、ディレクター、カスタマーサポート、バックオフィスなど、サービスを創る現場の生の声を発信していき、様々な方々とお会いできればと考えています。

今回はRailsエンジニアから、

  • 自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」のエンジニアの鈴木 信太郎
  • 会計ソフト「MFクラウド会計」のプロダクトオーナーでもあるエンジニアの谷口徹

が各プロダクト開発の発表いたしました。

自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」のエンジニアの鈴木 信太郎

2b

ブラジャーの開発工程に妙に詳しいエンジニアである鈴木の発表では、マネーフォワードでは「Fintechだから」と言って「特別な何か」ばかりで開発しているわけではないことをお話しました。

当社のコアテクノロジーであるアカウントアグリゲーションを中心に、各サービスのほとんどの部分はRailsなどのOSSを利用して作られています。

OSSを利用するだけではなく貢献していこうという取り組みをご紹介させていただくとともに、Webサービスの開発の部分は基本的なことを普通にやっている、ということを紹介させていただきました。

資料の中に出てくるOSSへの貢献に大しての我々の姿勢については、当社のエンジニアが以前書いた記事を御覧ください。

フルタイムRubyコミッター採用までの道のり | Money Forward Engineers’ Blog

会計ソフト「MFクラウド会計」のプロダクトオーナーであるエンジニアの谷口徹

3b

なぜか公認会計士の資格を持つエンジニアの谷口の発表では、彼なりの視点が活かされたチームの研修制度やバックオフィスを効率化の先の世界を常に意識したサービスづくりの話を致しました。

資料の中に出てくるリリース前には社内でよく噛んで食べてみるという「試食会については」谷口の記事が詳しいです。

試食会のすゝめ | Money Forward Engineers' Blog

パネルディスカッション

また、プレゼンの後には「マネーフォワードとFintech」と題し、取締役 兼 Fintech研究所長 瀧俊雄をモデレーターに、取締役CTO浅野千尋、鈴木、谷口にてパネルディスカッションをさせていただきました。

4b

(左:当社取締役 兼 Fintech研究所長 瀧俊雄、右:当社取締役CTO浅野千尋、写真提供:株式会社グッドウェイ

まずは冒頭で取締役CTO浅野より、当社のサービスづくりの根幹である「アカウントアグリゲーション」の技術に関してお話させていただきました。

その後は、

  • Fintechって今ブームとなっていますが渦中に居て実際どう感じる?
  • 開発におけるFintechサービスと他サービスの相違点は?
  • お金×ベンチャーには、ださいイメージある?
  • 昔と今だと金融業界、Web業界の環境も変わりましたが?
  • サービスつくりにおいて、お金と情報は実は相性がいい?
  • やはり普通のサービス開発と変わらない?

といったトピックについて、参加者からの質問を交えながらFintechとマネーフォワードの現状を深掘りしました。

会場からの質問は、フロントエンドに関する質問やインフラの質問など多岐にわたり、本イベントに参加していた当社のエンジニアも加わり、突然の360度パネルディスカッションが行われる一幕もありました。

パネルディスカッションは、瀧からの「僕がいまからRailsなどのエンジニアリングを学ぶ場合、何から学ぶべきなのか?」という問いかけに対する、3人からの「そんなことよりFintech研究所長としてのバリューを発揮すべき」という締めくくりで幕を閉じました。

交流

5b

当社エンジニアも参加させていただき、参加者の方とのサービス開発における話で盛り上がっていました。セキュリティの話、これからのFintechのサービスの話などで盛り上がっていたり、本編終了後も開発の熱気が冷めやらぬ様子でした。

6b

おわりに

当日は、約30人の方にご参加いただきました。当社のイメージというと、(ありがたいことですが)どうしてもFintechという言葉が先行してしまい、実際のサービス開発現場の生の声に関してはまだまだお伝えできれていないことも多いと考えています。

今回はFintechにおける金融情報をワンストップで見える化するサービスとしてのPFMとMFクラウドシリーズのお話をさせて頂きました。そこで明らかになった金融情報をもとに、資産運用サービス、融資サービスなどが生まれるということを先日発売させて頂きましたFinTech入門の中でもさせて頂いておりますが、現在のFintechにおけるマネーフォワードの現場の今を中心に、これからのFintechの未来の話なども出来るかも知れません。

マネーフォワード、辻庸介、瀧俊雄共著の書籍『FinTech入門』が株式会社日経BPより発売 〜4月15日に発売開始、Amazonでの予約受付中〜 | 株式会社マネーフォワード

7b

今後は定期的にこういったミートアップを始めとした場づくりをおこない、サービス開発に限らず、フロントエンド、サーバーサイド、セキュリティ・保守・運用、デザイナー、CS(カスタマーサービス)、バックオフィスなど様々なテーマでマネーフォワードの現場の見える化を推進し、皆さんと情報交換などをしていければと思います。

参加してくれた皆さん、ご協力ありがとうございました!

マネーフォワードでは、サービス開発が大好きなエンジニアを募集しています。
ご応募お待ちしています。

【採用サイト】
マネーフォワード採用サイト
Wantedly | マネーフォワード

【プロダクト一覧】
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 iPhone,iPad
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 Android
クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計』
クラウド型請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』
クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』
経費精算システム『MFクラウド経費』
消込ソフト・システム『MFクラウド消込』
マイナンバー対応『MFクラウドマイナンバー』
創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』
お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア『マネトク!』

Pocket