エンジニアにとって重要なボルダリングテクニック

こんにちは、マネーフォワードではボルダリングをメインにやっている内波です。

2020東京オリンピックでの追加種目の提案にスポーツクライミングが含まれるなど、ますますブームが来ているボルダリングですが、マネーフォワードでも以前からボルダリング部の活動を行っています。

20160602103643
最近の部活の様子

ボルダリングを知らない人からは「腕の力を使うスポーツ」だと思われていますが、実際はバランスと体の使い方がものをいうスポーツで、懸垂が1回もできない女性でもすいすい登れたりします。

今日はそんなボルダリングを介して私が学んだ、エンジニアにとって重要なテクニックを紹介したいと思います。

課題

皆さん体は固い方でしょうか?

私は自慢ではないですが、相当体が固く、「岩のポーズ(注1)」で有名な弊社Y氏とタメをはる自信があります。

※(注1)岩のポーズ:体が硬すぎるため、ヨガ教室でどんなポーズをとろうとしても「岩」みたいになることからそう呼ばれています

そんな人間なので、狭いところで足を高い位置に上げる必要のある課題(例えばこういうの)にはめっぽう弱く、体中のあちこちを攣らせることになります。

それを解決するため、なんとか体を柔らかくしようと、あれやこれやを試していますが、一向に体は柔らかくならず、課題もクリアできませんでした。

解決策

そんな悩みを前職の上司でもあり、クライミングの大先輩でもあるO氏に相談したところ、目から鱗の言葉をもらいました。

「ウッチー、イメージしろ。持っているホールド(注2)がガバ(注3)だったら。」

※(注2)ホールド:クライミングで触る石のことを「ホールド」と呼びます

ガバ
※(注3)ガバ:↑左手で持っているような「ガバッ」と持てる大きなホールドのことをガバと呼びます

(´-`).。oO (ガバだったら…)



「余裕で足上がります!!!」

例えば皆さんが今座っている椅子の横に立って、その椅子の背もたれの上をがっちり握った状態なら、いかようにでも足を上げられるでしょう。
確かに、と心を打たれた私に「だろ?」と声をかけるO氏でしたが、同時に(でもそのことが何の関係が?)という疑問が頭に浮かびました。

そんな私にO氏はこう続けます。

「俺もロルフィングとかストレッチジムとかで柔軟性を得ようとした時期があった。
 金さえ払えば柔軟性だって得られる。マネーこそパワー、そう思っていた。
 でも、どれだけ細かいホールドでも、ガバと同じように押さえつけるだけの指力があれば、
 ことクライミングに限れば、柔軟性なんてものは不要なんだよ。
 力こそパワー、それが真理だ」

“細かいホールドでもガバと同様に押さえつけるパワー”

“力こそパワー”

“パワーこそパワー”

教訓

エンジニアをやっていると、何かの課題を解決する際に、馴染みの解決方法をいつのまにか自明だと思ってしまい、それを使って何とかしようと囚われてしまうことが良くあります。

でも、いつだって別の方法は存在しているものだし、場合によっては足を上げずに登る方法だってあるかもしれません。
もっというと、もはやボルダリングですらなくなりますが登らなくてもいいかもしれません。

そのことを忘れず、常に最善の方法を考えることをやめない。

大切な教訓でした。

最後に

マネーフォワードでは、力で全てを解決できるエンジニアを募集しています。
ご応募お待ちしています。

【採用サイト】
マネーフォワード採用サイト
Wantedly | マネーフォワード

【プロダクト一覧】
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 iPhone,iPad
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 Android
クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計』
クラウド型請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』
クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』
経費精算システム『MFクラウド経費』
消込ソフト・システム『MFクラウド消込』
マイナンバー対応『MFクラウドマイナンバー』
創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』
お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア『マネトク!』

Pocket