少しだけ主夫をやった話

こんにちは。
2人の女の子に加え、先日双子の女の子が産まれ、4姉妹の父となった宮坂です。

双子が産まれたのを機に5週間育児休暇を取りましたので、その日常をブログにまとめてみました。
 

育児休暇中の仕事

育児休暇中に何をしていたかというと、とにかく育児と家事に明け暮れてる日々。

産まれたての赤ちゃんは、

寝る → 泣く → おむつ交換 → ミルク → 寝る → …

を昼夜問わず1〜2時間の間隔で繰り返しているので、そのサイクルを営みながら、その合間合間に、

  • 炊事
  • 洗濯
  • 掃除
  • 買い物
  • 赤ちゃんの沐浴
  • 2人の上の子の保育園の送迎と世話

などをしていました。

毎日決まって頭を悩ませていたのは「晩ごはん」のメニュー。

保育園から帰ってきたお腹を空かせた上の子たちが、
満足して、野菜もたくさん食べられるメニューはなんだろうと、
自分が作れるレパートリーや冷蔵庫の残り物とか、料理本を見たりとかして決めるんですが、
これが意外と重圧だったりしてました。

母親の偉大さを感じました…。
 

お姉ちゃんたちの成長も垣間見ながら

夕方には保育園から上の子たちが帰ってきて賑やかになるのですが、
世話の仕方を知らないので、首の座らない双子を抱っこしようとして首がぶらんぶらんになったり、
泣いてる赤ちゃんをあやそうとボコボコに音が鳴るほどお腹を叩いてみたり、
「もうやめてくれー!」ってなるようなことが毎日で…。

よくお姉ちゃんたちがいると世話してくれて楽みたいなことを言いますが、とにかく全くの戦力外。

でも、徐々に育児以外のお手伝いができるようになり、長女は自分と一緒にハンバーグとか作れるようになったり、赤ちゃんの世話に励む妻に手紙を書くなど気遣いができるようになったり。次女は率先してご飯の支度のお手伝いができるようになり、少しずつ成長を垣間見ることができました。

働いているとなかなか平日子どもと触れ合うことはできないので、こういった時間を取れたのは自分にとっても上の子たちにとっても良かったことだったと思います。

こんな感じで、長いようで短い5週間はバタバタと過ぎ去っていきました。
 

業務を離れることの不安

1ヶ月以上も業務から離れることに不安が無かったかと言えば嘘になります。

育児休暇を取ったのはまだ入社して1年も経っていないときだったので、会社の何かに貢献できているかと言えば貢献できていないと感じてる中で、果たして長期に休暇を取ることが良いのかどうかと。が、子ども4人になるという抗いようのない負荷とプレッシャーに、それを選択するのが家族にとって最善と考え、家族を優先することにしました。

5週間もの間、業務から離れることを許してくれた会社とチームに感謝したいと思います。
 

育児は始まったばかり

双子たちは少しずつ大きくなるもののやはりまだまだ手はかかります。

家に帰れば寝不足で倒れている妻をそっとしておきつつ、泣いてる子どもにミルクをあげたり…、上の子のその時と比べても、その労力は大きいなと感じます。

それに加えて、上の2人の子もまだまだ手がかかるので、なるべく家事はやるように、土日はご飯作って、子ども4人をお風呂に入れて、とか、できることはしていこうと。妻も育児休暇が終わればもっと協力しないとなぁとも思ったりします。

と言いつつ、最近は「まぁこんなものか」と子ども4人がいる空間が普通に思えるようになってきたので、なんとかなってるみたいです。
 

最後に

育児休暇を取るのは、育児にかかわるための1つの選択肢です。他にもいろいろな方法で世のお父さんたちは育児にかかわる方法はたくさんあると思います。

男性の育児参加が叫ばれる昨今、なかなか育児できてないなぁと感じているお父さんたちは、少しでも良いので育児にかかわる時間を増やしてみるのも良いのかもしれません。

マネーフォワードでは、育児も開発も頑張りたいパパエンジニアを募集しています。

ご応募お待ちしています。

【採用サイト】
マネーフォワード採用サイト
Wantedly | マネーフォワード

【プロダクト一覧】
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 iPhone,iPad
家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト『マネーフォワード』 Android
クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計』
クラウド型請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』
クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』
経費精算システム『MFクラウド経費』
消込ソフト・システム『MFクラウド消込』
マイナンバー対応『MFクラウドマイナンバー』
創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』
お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア『マネトク!』

Pocket