CODE BLUEスポンサー申込み

こんにちは。
マネーフォワードの鈴木(研)です。

このたびマネーフォワードは、CODE BLUEのBRONZE SPONSORSに申込みさせていただきました。

CB_banner_2 (1)

以前からRubyKaigiのスポンサーをさせていただいておりますが、今回からCODE BLUEも微力ながら応援させていただきます。
 

CODE BLUEとは

CODE BLUEは日本発のセキュリティ国際会議です。

様々な国から官民問わず、技術者・指導者・学生も含めたセキュリティの専門家を集め、最新のセキュリティ情報の交換をしたり、お互いに交流する機会を提供するようなベンダーフリーのカンファレンスです。

私も昨年参加しましたが、特に良いと感じた点は発表の分野が多岐に渡っていたことです。韓国における官民学をあげたセキュリティの取り組みバグバウンティなどなどです。

アメリカの技術者が発表していた セキュリティ x 機会学習 は興味深いものでした。
また、アフターパーティでは国内外のセキュリティ専門家間でパブリックにはできない細かい業務上の知見を交換したり、セキュリティあるある話で盛り上がりました。
様々な国・地域で働く方や、会社員、フリーランス、経営者など、あらゆる背景のセキュリティに従事する方と交流できるカンファレンスは、国内においてはそうそうないのではないでしょうか。(あれば是非教えてください!)

このようにCODE BLUEは、セキュリティの専門家がお互いを刺激しあい、国境を越えたコミュニティ形成をすることを目的としています。
 

なぜスポンサーになったか

提供しているサービスの特性上、弊社はセキュリティを強く意識しております。
その中でCODE BLUE及びセキュリティコミュニティによって提供される最新の情報は何にも代えがたいものとなっております。

我々はそのようなコミュニティから得た情報を業務に活用するのはもちろんですが、情報提供元のコミュニティより受けた恩恵を享受するだけでなく還元することで、コミュニティを活性化し、よりレベルの高いプラットフォームを構築することに力を注いでおります。
これは、まさしくCODE BLUEの目指しているところであり、又、我々が今回CODE BLUEのスポンサーとして参加した理由となります。
CODE BLUE Overview抜粋

CODE BLUEは国際的なコミュティ形成の場となることを目的にするとともに、CODE(技術)によってBLUE(海)を超えて人と人をつなぎ、よりよいインターネットの世界作りに貢献していきます。

 

開催は10/20(木)と10/21(金)

チケットはこちらから購入可能です!

http://codeblue.jp/2016/registration/

皆様また会場であいましょう。
 

最後に

利用者数350万人を突破し法人向けサービスも展開するマネーフォワードでは、今後さらに強固でセキュアなサービスにする為、セキュリティエンジニアを絶賛募集中です。ご応募お待ちしております。

Pocket