初めてWWDCに行って – 準備から帰宅まで

こんにちは。
iOSエンジニアのObjective-ひろC(@hirothings)です。

先週6/4(月)~6/8(金)、San Joseで開催されました、Appleの開発者向けカンファレンス WWDC に初めて参加してきました。

これからWWDCに行きたいと思っている方にむけて少しでも参考になればいいなと思い、準備から帰宅までの体験記を書きます。

アジェンダ

  • 準備
  • フライト
  • スケジュール
  • セッション、ラボ
  • ラボ体験記
  • 周辺イベント
  • 役に立ったアプリ
  • 交流

 

準備

出発前には準備したものはこちら。

  • パスポート
  • ESTA
  • ホテル予約

会場近くのホテルは、WWDC当選後すぐ取らないとすぐ予約で埋まります。

ESTAはアメリカに入国する際に必須です。
30分程度でオンラインで全ての手続きが完了するので、早めにやっておいた方がいいです。(僕はギリギリだった)

 

持っていくもの

io18に行った同僚から Google I/O携行品チェックリスト をシェアしてもらい、自分用にカスタマイズして準備しました。

会場にEthernet端子が並んだテーブルがあるので、最新のXcode, iOSを入れられる端末を持っていきましょう。

あと日差しがめちゃ強いので、日焼け止めは男女問わず持って行った方が良いでしょう。
現金は2万円ほどドルに両替して持っていきましたが、結局7千円ほど余りました。

 

いざ WWDC

羽田空港からサンフランシスコ国際空港への直通便で渡米しました。
成田空港からノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港への便で来てる人も多かったです。

来年もSan Joseか分かりませんが、サンフランシスコ国際空港からSan JoseまでUberで1時間ちょい。
電車だと2時間以上かかるので、そっちの方が良かったかもしれません。

僕は無理して電車で移動して、謎の田舎の駅に着いて1人呆然としました。

 

大体のWWDCの流れ

初日にティムクックが登壇するキーノートがあります。
すごい行列になるので早起きしないと厳しくて、朝6時から並んで、前から4列目くらいの列で観ることができました。

それから以降の4日間は

  • セッション
  • ラボ
  • 合間に開発
  • 芝生でゴロゴロ
  • 屋外コンサート
  • ビアダッシュ

など、自分のペースで楽しみます。朝食、昼食、コーヒーは提供されます。

キーノートが注目されますが、個人的にはキーノート後の開発者向けメインセッション Platforms State of the Union 、Appleの開発者に直接質問できる ラボ の方が有意義で楽しかったです。

セッションは全てあとで動画が公開されます。
なので、合間に休憩したり作業しながら聴いてました。

何気に2日目にWWDC会場の外で開催されたWWDC屋外コンサートが、みんなノリノリで楽しかったです。

 

ラボ体験記

ラボでAppleの開発者に気軽に質問できる..
と言っても、僕の英語力だと、撃沈間違いなしだったので話す内容を整理してiPad Proに質問とイラストを描いて、コードを見ながら質問する作戦で乗り込みました。

実際、丁寧に解説してくれたので効果ありました。(回答をメモりながら答えてくれた: 右下)
英語苦手な人には良いかもです。

僕は抽選に外れてしまったのですが、現役のAppleのデザイナーに自社のアプリをレビューしてもらうUIデザインラボは、みんな最高と声を上げていました。

 

周辺イベント

会場近くで様々な周辺イベントがあります。
FirebaseやVaporのミートアップが開催されてました。Parties for WWDCというアプリでスケジュールが観れて便利でした。

 

役に立ったアプリ

他にも役に立ったアプリをまとめておきます。
移動はほとんどUberで済みました。

  • WWDC公式アプリ
  • Parties for WWDC
  • Uber
  • Lyft
  • Google翻訳
  • Facebook (のWWDC参加日本人コミュニティ)

 

交流

会期中は日本からWWDCに参加している様々な人と交流することができました。

有志の方がFacebookグループを作ってくださり、そこで情報共有したり、Yahoo!の方が主催いただいた前夜祭など交流の場がありました。
マネーフォワードからは僕1人しか当選せず、内心ぼっちにならないか不安だったので、めちゃ感謝です。

 

行ってよかった WWDC

帰りの便に乗り遅れそうになり、キャビンアテンダントの方と全力疾走するなど、色々トラブルもありましたが、とても素晴らしい経験でした。

ちなみに、全部経費で落ちました。
ありがとうございます。

今回の経験を活かしてがんばります。
 

最後に

Google I/O, WWDCに経費で行けるマネーフォワードでは、エンジニアを募集しています。
ご応募お待ちしています!!

【採用サイト】
マネーフォワード採用サイト
Wantedly | マネーフォワード

【マネーフォワードのプロダクト】
自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』
Web
iPhone,iPad
Android

「しら」ずにお金が「たま」る 人生を楽しむ貯金アプリ『しらたま』
Web
iPhone,iPad

ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
バックオフィス業務を効率化『MFクラウド』
会計ソフト『MFクラウド会計』
確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』
請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』
給与計算ソフト『MFクラウド給与』
経費精算ソフト『MFクラウド経費』
入金消込ソフト『MFクラウド消込』
マイナンバー管理ソフト『MFクラウドマイナンバー』
資金調達サービス『MFクラウドファイナンス』

メディア
くらしの経済メディア『MONEY PLUS』

Pocket