CircleCIのPerformance Planが控え目に言って最高という話

こんにちは。18新卒でサービスインフラチームの小笠原 (@0gajun) です。

今日はCircleCIのPerformance Planを用いて、CI環境の改善を行った話をします。
 (決してCircleCIの回し者ではありません 😉 )

 

Summary

  • 今までJenkinsをCI環境として用いており、様々な問題を抱えていた
  • CI環境を改善するためにCircleCIに移行した
    • CircleCIにはPerformance Planという従量課金プランが存在する
      • コンテナの並列実行数に制限がなく、実行時間ベースでの従量課金
      • ただし、まだ Early Accessの段階。
  • JenkinsからCircleCIに移行することで、次のメリットが得られた
    1. CI時間の短縮
    2. CIジョブがキューイングされる問題からの開放
    3. CI環境のメンテナンスコスト削減
    4. CIコストの削減
  • CircleCIのPerformance Plan最高

 

マネーフォワードにおけるCI環境のこれまで

マネーフォワードでは長い間、JenkinsをCI環境として用いてきました。
しかしながら、社内のJenkinsを用いたCI環境では以下の問題が生じていました。

続きを読む