マネーフォワードへの道(京都開発拠点編)

みなさん、こんにちは!
マネーフォワードは、新たに京都開発拠点を開設しました。

〒604-8004 京都府京都市中京区三条通河原町東入中島町78 明治屋京都ビル4F
Google Mapはこちら

それでは、三条京阪駅からのマネーフォワードへの道のりをご紹介させていただきます。

※出発地点によっては『京都市役所前駅』からの案内が表示されますが、最寄り駅の『三条京阪駅』からのルートをご紹介させていただきます。

1. 地下鉄三条京阪駅の改札を出て「京阪電車」方面へ

地下鉄の改札口を出て、右を向いてまっすぐお進みください。
(改札を出て左側にセブンイレブンがありますが、そちらとは反対側です。)

2. 7番出口方面へ

3. 売店の右側を通り

4. 7番出口から地上へ

5. 地上に出ると右手に三条大橋と鴨川が

6. 三条大橋を渡ります

ここからは、マネーフォワード京都開発拠点のある明治屋京都ビルまで一直線 Go Go !

7. 鴨川を眺めながら

8.高瀬川を超えて

9. 池田屋事件跡(はなの舞さん)の隣が、目的地の明治屋京都ビルディング

10. 明治屋京都三條ストアーさん脇の通路から、エレベーターホールへ!

1階が明治屋京都三條ストアーさんです。

11. マネーフォワードは4階

12. 4階にて受付インターフォンを

ようこそマネーフォワード 京都開発拠点へ!

マネーフォワード社内PRに見られるRubyの書き方について (3)

エンジニアの澤田です。

この連載では、マネーフォワード社内のRuby (on Rails)コードで気になった箇所の問題点やそこから発展して関連事項を議論しています。

前回の『マネーフォワード社内PRに見られるRubyの書き方について(2)』ではハッシュの生成を扱いました。
概念的な話で始まり、また長かったので、読んだ方は少し疲れたかも知れません。

今回は内容の特性により、用例を並べて手短に問題点を指摘して、文字列(String)の生成や検証を考察します。

題材とするコードは、マネーフォワード社内のGitHubプルリクエストで実際に見かけたコードから問題点に関係する部分を抽出し、抽象化したもので、見かけたものそのままではありません。

文字列の生成や検証

社内のコードに限らず、文字列に関わるRubyコードで問題のあるものの多くは、必要もないのに正規表現を使ってやろうとしていたり、特定のメソッドに固執してそれを乱用しているということに集約されると思います。正規表現の乱用の例とメソッド別の不的確な用例を挙げていきます。

続きを読む