マネーフォワードへの道(バスで行く 京都開発拠点編)

みなさん、こんにちは!
マネーフォワードは、新たに京都開発拠点を開設しました。

〒604-8004 京都府京都市中京区三条通河原町東入中島町78 明治屋京都ビル4F
Google Mapはこちら

京都駅からバスに乗車しての、マネーフォワードへの道のりをご紹介させていただきます。

※最寄りのバス停は河原町三条です!
※Google Mapでは異なる案内をされることがあります。

電車でお越しの方はこちら
マネーフォワードへの道(電車で行く 京都開発拠点編)
 

1.京都駅中央口から出て

京都駅中央口(外からの景観)

続きを読む

RubyKaigi 2019 参加者がチェックすべき福岡飯20選!

RubyKaigi 2019 参加者のみなさま、こんにちは。
Ruby Kaigi Local Organizer の伊藤です。
マネーフォワードは RubyKaigi 2019 を Ruby Sponsor で協賛します!

さて、今年のRubyKaigiの会場は福岡ですが、ご飯を食べる場所は決まりましたか?

マネーフォワードは1年ほど前から福岡に開発拠点を立ち上げ、RubyKaigi 2019に備えてきました。

そんな福岡を知り尽くしたメンバーが、おすすめのお店を紹介します。
だいたい、天神大名、中洲川端、今泉あたりのお店です。

モツ鍋

続きを読む

マネーフォワード社内PRに見られるRubyの書き方について – (4) 真理値

エンジニアの澤田です。

この連載では、社内のRuby (on Rails)コードで気になった箇所の問題点やそこから発展して関連事項を議論しています。

前回投稿の マネーフォワード社内PRに見られるRubyの書き方について (3) では文字列の生成と検証を考察しました。
記事に言及してもらったり、コメントをもらったりして、励みになっています。

今回は真理値について考察します。


【バックナンバー】

題材とするコードは、社内のGitHubプルリクエストで実際に見かけたコードから問題点に関係する部分を抽出し、抽象化したもので、見かけたものそのままではありません。


 

今回は真理値の周辺を考察します。プログラミングにおいて真理値が何のためにあるかといえば、時に論理演算を施され、最終的に制御構造の条件部やメソッドに渡される引数やメソッド内のフラグなどとなって、場合分けに使われることがほとんどだと思います。従って、今回の真理値の考察には場合分けについての議論が多く登場します。

続きを読む