Androidアプリの未使用リソースを一括削除する

こんにちは。
Androidエンジニアの@syarihuです。

突然ですが、あなたのアプリでは削除された機能のリソースや過去のキャンペーンなどで使ったリソースをきちんと削除していますか?
クラスは消したけれどレイアウトや文字列リソース、画像リソースなどをそのままにしていませんか?

私が開発を担当しているAndroidアプリではそういった過去の機能で使われていた未使用のリソースがたくさん残っていました。
文字列リソースなどは残していても大きな影響はありませんが、特に画像リソースは不要なものが積み重なるとapkのサイズが数MBレベルで変わってきてしまうため、消しておくに越したことはありません。

しかし、不要なリソースをすべて特定するのはなかなか大変ですし、一気に消すのは怖いですよね。

そこで今回は@konifarさんが開発されているgradle-unused-resources-remover-pluginを利用して未使用リソースを一括削除する方法を紹介します。

gradle-unused-resources-remover-pluginとは

gradle-unused-resources-remover-pluginは、gradleコマンドを実行するだけで簡単に未使用リソースを削除できるGradleプラグインです。
除外ファイルを設定することができるため、Android Studioの機能にある「Remove unused resources…」よりもより柔軟に未使用リソースの削除を行うことができ、意図しないリソースの削除を防ぐことができます。

続きを読む

新卒が社内懇親会アプリを開発したら、障害対応まで経験できた話

こんにちは。
2019年4月に新卒入社しましたサーバサイドエンジニアのたかです。
社内懇親会のコンテンツにて、新卒エンジニアが奮闘した記録をご紹介させていただきます。

発端

マネーフォワードでは、半期ごとに全社員が集まり、各事業の振り返りやワークショップを行う半期総会を開催します。

そんななか、総会・懇親会を運営担当から
「半期総会後の社内懇親会、新卒でコンテンツを運営して欲しい」
と依頼があったことが始まりです。

要件は
1. 懇親会コンテンツの時間は40分
2. 目的は社内コミュニケーションの活性化

そこで、往年の人気クイズ番組『クイズダービー』をマネフォ風にもじった『MFクイズダービー』を企画することに決まりました。

そして、「せっかくならゲーム進行に必要な部分を自分たちで作っちゃおう」という流れになった次第です。

 

どんなアプリケーション?

ゲームのフロー

  1. 解答者チームと投票者チームに分かれる
  2. 4択のクイズが出題される
  3. 解答者チームは投票者チームに分からないように解答する
  4. 投票者チームは正解する解答者チームを予想し、自分の持ち点からいくらポイントを預けるか決め、投票する。
  5. 投票した解答者チームが正解した場合は預けたポイント x 倍率 の得点を獲得。不正解だった場合は預けたポイントは没収される。倍率は各問題、解答者チームごとに異なる。

この流れを6回繰り返し、総得点上位6つの投票者チームに食事券のプレゼントを贈呈する、というゲームです。

続きを読む

マネーフォワード社内PRに見られるRubyの書き方について – (6) 受け渡しのパターンマッチング 1

エンジニアの澤田です。

この連載では、社内のRuby (on Rails)コードで気になった箇所の問題点やそこから発展して関連事項を議論しています。

5回目の「マネーフォワード社内PRに見られるRubyの書き方について – (5) 文の環境」では文の環境を考察しました。
今までは1記事1テーマで書いていましたが、毎回長くなりがちだったので、今回からは、1つのテーマでも長くなるときは短く分割し、復数の記事にします。今回から受け渡しのパターンマッチングについて扱います。


【バックナンバー】


続きを読む