AndroidアプリのAndroidバージョンサポート基準を定めました

こんにちは、Androidエンジニアの syarihu です。

当社が提供するお金の見える化アプリ「マネーフォワード ME」のAndroidアプリ版では、2020年4月下旬にリリースのバージョン13.2.0からAndroidの最低動作バージョンをAndroid 6.0(API Level 23)にすることになりました。
対象のAndroid OSでAndroidアプリ版「マネーフォワード ME」を利用してくださっているユーザー様には重要なお知らせとしてすでに表示されていますが、今後はAndroid 6.0以上の端末にのみ最新のアップデートが配信されます。

今回のマネーフォワード MEの最低動作バージョンの引き上げを機に、当社で提供するAndroidアプリについてminSdkVersion(サポートするAndroid OSの最低バージョン)とtargetSdkVersion(アプリのターゲットとなるAndroid OSのバージョン)を判断する際の基準を社内で統一しました。

Android OSは毎年アップデートされるため、バージョンが増えるごとにサポートコストが増していきます。
AOSP(Android Open Source Project)によるAndroid OSのサポート(セキュリティアップデートなども含む)も古いAndroid OSには提供されません。
minSdkVersionを古いままにしておくことはセキュリティ面においても良くないため、minSdkVersionは定期的な見直しが必要だと考えています。
また、新規でAndroidアプリを提供する場合もこういったAndroid OSのサポート基準が定められていることでminSdkVersionを決めやすいため、そういった目的から今回Androidバージョンのサポート基準を定めることにしました。

minSdkVersionを上げることはプロダクトの利用ユーザーによって影響が異なるため、minSdkVersionを揃えるのではなく見直しをするタイミングや観点などの基準を揃えるだけにとどめて、実際に引き上げを行う判断は各プロダクトに任せるというスタイルをとりました。
会社全体で基準を揃えることで、引き上げを行った際に調査した内容などを知見として溜めておくことができたり、社内のAndroidエンジニア間で連携をとることが容易になるため、こういった基準を定めることは大きなメリットがあります。

本記事では、当社で定めたAndroidアプリのAndroidバージョンサポート基準についてご紹介します。

続きを読む