マネーフォワードからGopherConに参加しました!

こんにちは!
京都開発拠点でGoエンジニアをしています @ysakura_ です。
Goによる マネーフォワード クラウド会計Plus の性能改善を担当しています。

先日、『ここが楽しみ!GopherCon 2020』 でお伝えした通り、GopherConにマネーフォワードから8名参加しました。
今回はセッションの内容を中心にGopherConの様子をお伝えします。

リモートでの国際カンファレンス

今年のGopherConはGoVirConと称して、リモートでの開催となりました。
※ 英語では日本語のリモートの事をVirtualと呼ぶ様です。

EST タイムゾーンでの開催となり、日本時間で23:30 ~ 9:00の開催時間でした。
なので参加者は昼夜逆転をして参加しました。
リアルタイムで参加する事で、その場で議論したり、カンファレンスのお祭り感も味わう事が出来ました。

参加者の様子

参加者の様子を少し紹介します。

こちらはGenericのドラフトデザインを映しながら、Genericのセッションに臨む様子です。

続きを読む

Railsのプロファイラを導入して速度改善をしてみた

こんにちは!
京都開発拠点でGoエンジニアをしています @ysakura_ です。

最近はマネーフォワード クラウド会計Plusの性能問題解決を担当しています。

Ruby on Railsで書かれたコードのボトルネックを調べる目的でRailsのプロファイラを導入し、速度改善をいくつか行いました。
今回はプロファイラの使い方、取得できる情報、それを元にしたボトルネックの調査、実際の改善についてご紹介します。

RubyとRailsにおいてパフォーマンスのボトルネックを調査する際には、今回の記事が参考になると思います。

導入したプロファイラ

Ruby用

性能テストで用いる大量データ生成スクリプトが遅かったので導入しました。
行単位の実行時間と呼び出し回数を知りたかったので、tmm1/rblineprofを選びました。

インストール方法

以下をGemfileに追加します。

gem "rblineprof", require: false

続きを読む

大量データで性能テストをする際に考えた事 ~ 将来のユーザーを見据えたテスト方針 ~

こんにちは!
京都開発拠点でGoエンジニアをやっている @ysakura_ です。
私のチームではマネーフォワード クラウド会計Plusの中長期の発展を見据えて、将来のユーザーの為に必要となる改善を行っています。
現在は将来発生するパフォーマンス問題の解決にフォーカスしており、大量データによる性能テストを先日行いました。

今回は思考過程を中心に実際にどういう方針でテストを行ったかを紹介します。
アプリケーションが受け入れ可能なキャパシティを探索する場合には、今回の考え方が役に立つのではないかと思います。

 

性能テストの概要

背景と目的

私のチームでは、ユーザー数が増加しても動く事、より大規模なユーザーを受入可能にする事を目標としています。
その為、目先の問題だけにとらわれずに、まずは将来遅くなりうる機能の全容を把握する事を重視しました。
その手段として、大量データによる性能テストを行う事にしました。

内容

具体的には、以下の事を行いました。

続きを読む

マネーフォワードはエンジニア・デザイナーの福岡・京都へのUIターンをサポートします!

こんにちは、マネーフォワード人事の田鍋です。
エンジニア・デザイナー採用を2年ほど担当しておりますが、最近は東京以外での採用が活発になってきました。

本日は、エンジニア・デザイナーの方向けの福岡・京都へのUIターン費用サポートキャンペーンについて発表させていただきます!

 

なぜ、UIターン費用サポートキャンペーンを行うのか?

マネーフォワードは、東京、福岡、京都、ベトナムに開発拠点を設けております。
福岡は2017年に、京都は2019年にオープンしました。

福岡では「マネーフォワード クラウド経費」と「マネーフォワード クラウド債務支払」、京都では「マネーフォワード クラウド会計Plus」をメインに開発しています。

そして、既存事業はもちろん、新規事業の開発にも力を入れています。
(詳しくはこちらの「新規事業に挑戦してくれる人、募集します」をご参照ください!)

続きを読む

ここが楽しみ!GopherCon 2020

こんにちは!
京都開発拠点でGoエンジニアをやっている @ysakura_ です。

普段は マネーフォワード クラウド会計Plus のマイクロサービス化を担当したり、社内のRailsエンジニア向けのGo勉強会を主催したりしています。

さて、今年のGopherConには、マネーフォワードから7人参加します!
GopherConは国際的なGoのカンファレンスで、今年はオンラインでの開催になります。

https://www.gophercon.com/

この記事では、参加の経緯や楽しみなセッションについてお話しします。

参加の経緯

ここ数年、マネーフォワードでもGo言語の利用が増えてきました。
主には、マイクロサービスや新規サービスのバックエンドとして利用されています。

続きを読む