PO輪読会 朝の部の取り組みについて

マネーフォワード京都拠点のissanです。
フロントエンドエンジニアをしていますが、プロダクトオーナー(以降、PO)のお仕事にも興味があり勉強中です!

この記事は Money Forward Kyoto Advent Calendar 2020 – Adventar の11日目の記事で「PO輪読会朝の部」の取り組みについて紹介します。
「POの勉強ってどうしたらいいの?」「本を読む習慣がない」というかたの参考になれば幸いです。

PO輪読会とは

京都拠点でマネーフォワード クラウド会計PlusのPOをしている杉浦さん
「POが増えてきて、勉強会がしたい!本を読んで意見を言い合いたい!」という声から始まりました。
(詳しいお話はこちら

社内の色んなプロダクトのPOが集まり、
POに関連している書籍を毎週数章ずつ読んで、
「よかったこと・よくなかったこと・やるぞー」の3つに分けて付箋を書いて、
その中で気になったものに対して議論する会です。

※現在リモートの人が多いのでMuralを使ってやっています。

時々、スペシャルゲストとして、M3の山崎さん・西場さん
弊社CSOの山田さん・プロダクトオーナーの大先輩である廣原さんを
お呼びしてお話プロダクトマネジメントの方法論や今までの失敗談をして頂くこともありました。

朝の部の始まり

この取り組みは、毎週木曜日の20時から実施していましたが、
子育て中で夜だと参加が難しい人がいたことから「PO輪読会朝の部」を別途開催するようになりました。

今まで読んだ本

今まで読んだ本は以下の2冊です。

  • ジョブ理論

  • ユーザーストーリーマッピング

やってみて

自分自身本を読む習慣がないのですが、この取り組みは必ず読んで参加しないと話についていけないので、きっちり本を1冊完読することができました。
本を読む習慣がない人にはちょうど良い取り組みでした。

POをはじめたばかりの人が多かったので、ユーザーストーリーマッピングの本の時には
ストーリー分割の方法や、MVPの作り方の話で盛り上がりました。

同じ社内にいるとはいえ、仕事をしている拠点の違い、
作っているプロダクトの違いでなかなか接点がないので他プロダクトがどう進めているかの話はかなり勉強になりました。
これからも社内で色々な交流を積極的にして、知識を深めていきたいと思います!


京都拠点では、POと一緒に働くドメインエキスパートやディレクターを募集しております。

興味を持っていただいた方は是非ご応募ください!
お待ちしています!

明日は、エンジニアの伊藤さんの記事「三日坊主を克服する3冊」が、
公開されるのでそちらもぜひご覧ください。
ほかにも、今月は京都開発拠点アドベントカレンダーがどんどん更新されます。

見逃さないよう、ぜひチェックいただけると嬉しいです!


マネーフォワードでは、エンジニアを募集しています。
ご応募お待ちしています。

【サイトのご案内】
マネーフォワード採用サイト
Wantedly
京都開発拠点

【プロダクトのご紹介】
お金の見える化サービス 『マネーフォワード ME』 iPhone,iPad Android

ビジネス向けバックオフィス向け業務効率化ソリューション 『マネーフォワード クラウド』

おつり貯金アプリ 『しらたま』

お金の悩みを無料で相談 『マネーフォワード お金の相談』

だれでも貯まって増える お金の体質改善サービス 『マネーフォワード おかねせんせい』

金融商品の比較・申し込みサイト 『Money Forward Mall』

くらしの経済メディア 『MONEY PLUS』

Pocket