Googleフォームで参加者募集して、自動でGoogleカレンダーに申込者を招待する小技

こんにちは。
マネーフォワードでインターンをしております赤羽です。
最近、「営業戦略部」から「CIO室 コーポレートエンジニアリンググループ」に異動しました。

社内イベントの開催者向けに、イベント参加希望者を自動でカレンダー招待する仕組みを作ってみたので紹介します。

 

↓↓ 完成品 使用例 ↓↓

 

ツール作成の背景

社内でイベントを開催する際の手順として、

  1. カレンダーで社内イベントの予定を設定
  2. イベント告知
  3. 参加希望者を一人ひとり手作業でカレンダーに招待

が一般的な流れでした。
ですがこの場合、「3. 参加希望者を一人ひとり手作業でカレンダーに招待」が地味に手間が掛かります。

Slackで告知して、参加希望者はスレッドにリアクションするという方法などがありますが、100人200人の参加者をポチポチやるのは大変ですし、何より時間のロスです。
マネーフォワードでは、社内イベントや勉強会が日々開催されていますので、効率化のため申込からカレンダー招待を自動化するGoogleフォームを作成しました。

 

手法

ツールは「Googleカレンダー」と「Googleフォーム」を使用します。
Googleカレンダーで作成する予定名と、Googleフォームのタイトルを一致させることで、GASが自動で予定を識別する仕組みです。

続きを読む

マネーフォワードは何をモデル化するか

こんにちは、第一楽章だけでも月光は早すぎた内波です。

皆さんは「モデル」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。
Googleに聞けばイメージにはファッションモデルが、強調スニペットには辞書の文言が並んでいます。
「モデラー」というとプラモデル(模型)を作る人が浮かぶ人もいれば、機械学習をやっている方ならまたそれとは違う職業を思い浮かべるかもしれません。

エンジニアブログの読者に多そうなソフトウェアエンジニアの方にとっては「データモデル」が一番馴染み深いのではないかと思いますが、僕は長らく物理学の分野にいたことも手伝って “Standard Model”(標準模型) と呼ばれる物理理論が浮かびます。
(余談ですが、僕が現役の頃は「ヒッグス粒子も見つかってないのに theory=理論と呼ぶな」と言われていましたが、それが見つかった今はまた違う呼び名かもしれません。というのとさらに追加の余談で、マネーフォワード社にはこの発見論文の著者の一人が在籍しています。)

物理学は自然科学の一分野で、自然界の物理現象を対象とし、それらを理解し法則性を明らかにしようとする学問です。ピアノの鍵盤を叩いて音が鳴る機序から、先に引いた研究が目指すような我々が生きる世界が究極的には何によって形作られているか、といった半ば哲学的なことまで対象とします。
自然科学は対象とする現象を観察し、どのようなモデルであればシンプルかつ矛盾なくその現象を記述できるかを考えます。例えば太陽や惑星といった天体の観測から太陽系と呼ばれるモデルを考えて理解することもその一つです。天動説の時代、地球を不動の中心としたイメージでは説明が難しかったものを、明快に理解し、その動きを予測することを可能にしてくれた優れたツールです。

僕はそういう分野のバックボーンがあるせいか、今の仕事の中では、データ化すべき対象を観察し、それをどのようなモデルとして捉えるか、既存のモデルとどのように整合をとらせて解釈するか、といったことを考えるのが好きです。

続きを読む

StepFunctionsとSageMakerでML学習パイプラインをつくる

初カキコ…ども…

俺みたいなインターネットミームおじさん、他に、いますかっていねーか、はは

今日の社内の会話
あのシステムかっこいい とか あの機能ほしい とか
ま、それが普通ですわな

かたや俺は電子の砂漠でデッドロックしたレコードを見て、呟くんすわ
it’a true wolrd.狂ってる?それ、誉め言葉ね。

好きなエディタ neovim
尊敬する人間 弊社CTO

なんつってる間に4時っすよ(笑) あ~あ、会社員の辛いとこね、これ

というわけで初めましての方は初めまして、@ken11です。
最近はマネーフォワードのCTO室AI推進部という部署で、MLとかML Opsとかクソコラ職人とかやってます。
冒頭自己紹介がわりに古のコピペをぶっこんだけど大丈夫そ?

さて、そんなインターネットミームについて語る時間も欲しいところですが、今日はAI推進部らしくML学習パイプラインの話をしようと思います。

AWSにおけるML学習パイプラインの作成

いきなりですがAWSは好きですか?
僕は大好きです、AWS大好き芸人を自称しております。

続きを読む

[関西開発拠点] オンラインミートアップ開催のお知らせ

関西開発拠点でバックエンドエンジニアをしている上野です。

今回は 7/30 (金) 19 時から関西開発拠点で採用イベントを実施するのでそのイベントの概要を紹介します!

関西拠点の現状

「そもそもマネーフォワードって関西に開発拠点あるの?」と思った方もいると思うので、まずはイベントの詳細に入る前に関西拠点の紹介をさせてください。

それまで、東京、福岡、ベトナムに開発拠点を構えていましたが、プロダクト開発を加速させるため京都拠点が 2 年前に誕生しました(立ち上げ当時のエンジニアブログ)。それに加えて、2021年3月に大阪にもオフィスを作り、今は大阪と京都の 2 つのオフィスで 1 つの拠点としてプロダクト開発をしています。当社のこれまでについてさらに詳しく知りたい方は沿革をご覧ください。

関西拠点では主にIPO準備企業や上場企業の成長に伴う課題を解決するマネーフォワードクラウド会計Plusの開発をしています。会計Plusはありがたいことにお客様も着実に増えてきており、喜びの声を多く頂いています。

続きを読む