iOS版マネーフォワード ME クイックアクションウィジェットの開発

こんにちは。
マネーフォワード MEのiOSエンジニア、ひらた( @cafedeichi )です。

iOS版マネーフォワード MEは、Ver. 13.8でダークモードに対応しました。Twitter等のSNSでかなり話題になっていたようですが、その影でひっそりと新機能である「クイックアクションウィジェット」もリリースしました。

今回は可愛い我が子をもっと見てもらおうということで、そのデザインと開発についてまとめてみました。Intentsを使った実装や、XcodeGenによるExtensionのTarget設定など、参考にできる文献が少なく一次情報を頼りに手探りで行ったところもありますが、これからConfigurableなウィジェットを開発しようと思っている方の参考になれば幸いです。

クイックアクションウィジェットとは

まずご存知ない方向けに。
クイックアクションウィジェットとは、アプリの中で普段よく使う画面へのショートカットを実現するウィジェットです。

編集画面から遷移先の入れ替えと並べ替えが可能です。

続きを読む

iOS版マネーフォワード MEのダークモード対応

マネーフォワード MEのiOSエンジニアの椎名です。

iOS版マネーフォワード MEのVer.13.8で、ダークモード機能をリリースしました!!

MEはとても古いサービスで、様々な障壁がありましたが、なんとかリリースすることができました。
こちらではMEのダークモード化までにやったこと、それによって得た知見を少しでも共有できたらと思います。
サービスによっては不要なStepや足りないStep、もっとスマートな方法があるとは思いますので、ご参考までにどうぞ。

Step.1 Human Interface Guidelinesを読む

HIGのDark Modeと、 Colorにまず目を通しました。

また、Material DesignのDark Themeも読み返しました。
Material Designのダークテーマは、通常の影を使ったElevationではなく明度によって表現しているので、iOSでもかなり参考になりますし、コントラストレベルについても詳細に説明してくれてるので、色設計するとき役に立ちます。

Step.2 デザイナーと色定義を作成する

MEでは、長らく色定義(カラーパレット)が存在しませんでした。
そのため、まずそれを作る事からはじめました。
このときはまだ、ダークモードの考慮は不要です。

続きを読む

マネーフォワード内定者がRust.Tokyo 2021に登壇します

こんにちは!22年卒マネーフォワード内定者の TaKO8Ki です。

今年9/18に開催される Rust.Tokyo 2021 に出した proposal が accept され、登壇することになりました。Rust.Tokyo は以前の2019年の開催が初開催なので、二度目の開催となります。

最近は、マネーフォワード京都開発拠点で働きながら、個人的にはRustでRubyバージョンマネージャー frum を作ったり、TUIのSQLクライアント gobang を作ったり、awesome-alternatives-in-rust というawesomeリストを作ったり、rust-clippy にコントリビュートしたり、Rustを使う機会が非常に多いです。

続きを読む

SageMaker Experimentsによる実験管理とQuickSightを使ったその可視化

おはこんばんちは、CTO室AI推進部@ken11です。
みなさん1021回目の夏はいかがお過ごしですか?
僕はあっという間に8月が過ぎ去ろうとしていることに戦々恐々としています。
どうせ今年もなにもできなかったな〜って言いながら若者のすべてを聴いて勝手にエモくなって最後の花火もなにも最初の花火すらないまま気づいたら9月になってる、そうそれがSummer。

みんな、人生の宝物を探しながら強く生きような。

実験管理

ところでみなさん実験は好きですか?
オペレーションウルドとかそういうやつかもしれない、僕も秋葉原にラボを構えて昼飯にサンボで牛丼食べてドクペを飲むような人生になりたかった。

戯れ言もほどほどにして、今日は実験を管理する話をしたいと思います。
機械学習、MLの業務で発生する実験管理というものの話を。

そもそも実験管理ってなんだって話なんですが、学習時に発生する試行錯誤の軌跡をどのように管理していくかというものですね。
たとえば最初のタスクではlearning_rateを3e-5に設定して学習したけれど、2回目のタスクでは0.1に設定して学習したとか、3回目のタスクでは学習データに新しいものを利用したとか、それぞれどういう学習をしたときに、どういう結果(モデル)になったかというのがわかるように管理する、という話です。

これはすごく大事なことなのに意外と手間だったりする。

SageMaker ExperimentsとQuickSight

前回も言いましたが僕はAWS大好き芸人なのでこの実験管理もSageMakerでやっていきます。
SageMakerにはExperimentsという実験管理用のツールがあるんですが、コンソールメニューはなくSageMaker StudioしかUIがないので、恐らく知らない方も多いと思います。

続きを読む

やるぞ!Kaigi on Rails 2021!!今年もやります、スポンサード!!!

Kaigi on Rails 2021に参加の皆さん、こんにちは。
マネーフォワードで技術広報をしているluccafortです。

ワクチン接種の副反応で寝込んでいる間に公開されていて見逃していたのですが、今年もKaigi on RailsのスポンサードをRubyプランでさせていただくことと相成りました!
国内最大級のRailsテックカンファレンスに今年もスポンサーとして参加できてうれしいです!

慣れない事務作業に追われながらのスポンサー申し込みだったので無事公開されてホッとしています。
これら事務作業を全て自社の開発サービスである、マネーフォワード クラウドでまかなえたということにtoB SaaSの面白さを感じています。
ドッグフーディングではありませんが自分たちが開発したものを自分たちで利用して、実際に活かせる体験というのはなかなかできないんじゃないかと改めて実感しました。

続きを読む

RubyKaigi Takeout 2021 のプラチナスポンサーでの協賛をします!

RubyKaigi Takeout 2021 に参加を予定している皆さん、こんにちは。
マネーフォワードで技術広報をしているluccafortです。

この度マネーフォワードはタイトルにもあります通り RubyKaigi Takeout 2021にプラチナスポンサーとして協賛することとなりました。

RubyKaigi Takeout2021 のスポンサー一覧は↓↓↓を御覧ください。
https://rubykaigi.org/2021-takeout/sponsors

国内最大級かつ国際的カンファレンスであるRubyのテックカンファレンスに対して貢献できることを嬉しく思います。
今年もオンラインでの開催ということでインターネットを通して日本全国、そして世界各国の参加者の皆さんと交流できることを楽しみにしています!

マネーフォワードでは「マネーフォワード ME」に始まり、多くのサービスがRubyを使って開発、運用が行われています。
これらのオープンソースを活用させていただくことでマネーフォワードのユーザーさまに素早い価値提供が行なえ、弊社のバリューである User Focus をお届けすることが出来ていると感じています。

続きを読む