HR領域急拡大で爆誕!立ち上がったQA・SRE組織や新サービスをふりかえる。

こんにちは!

『マネーフォワード クラウド』の HR(人事労務)領域の開発組織の部長を務めている黒沢です。
2018年にエンジニアとしてマネーフォワードにジョインし、最初は『マネーフォワード クラウド勤怠』のサービス立ち上げに携わりました。現在は『マネーフォワード クラウド』HR領域のエンジニアリングマネージャーやプロジェクトマネージャーなどの役割を担っています。

今回は、HR領域のこれまでの取り組みをふりかえり、そして、これからの展望と課題を整理してみました。
HR領域(HR Tech)の課題解決に興味のある方は、ぜひ最後までお付き合いください!!

『マネーフォワード クラウド』とそのHR領域で描く未来

まず、『マネーフォワード クラウド』 は、
ココロ動かすクラウド をコンセプトに掲げた、バックオフィスの業務を効率化するクラウドサービスです。

その中で、HR領域は、
「人が人としっかり向き合える環境を作り出し、働く人々の力を引き出すことで、会社をもっと前へ。」 というミッションを掲げています。

ミッションへの想いは、HR領域の事業責任者のnoteにも記載しています。
不易と流行を見定めて、本質的な価値を届ける|私たちの職務経歴書 Vol.4 ~ 福原 岳史

決算説明資料にも記載しているこちらの図の通り、
そのミッションを実現していくために、HR領域の開発組織では複数のプロダクトの開発・提供に日々取り組んでいます。

まずは、そんなHR領域の開発組織の2021年をふりかえってみます。

2021年初頭、QA組織の誕生

2021年まで、サービスの品質は実装を行うエンジニア自身で担保を行ってきました。
ところが、組織とサービスの急成長に伴い、それだけでは課題も見え始めました。

サービス品質の向上を求め、我々は専門部隊となるQA組織を立ち上げることにしました。
立ち上げるまでの思いと、立ち上げ奮闘記はいかにまとまっています。

現在、立ち上がってから約1年。プロダクト開発メンバーがQAメンバーとペアテストを繰り広げ、着実にテスト文化が根付き始めています。
各プロダクトの機能開発とそれぞれの品質向上・担保を担いつつ、QAに関するロードマップを作成。その実現に向けて開発チームに入り込みながら、チャレンジを重ねていきます!

2021年夏、『マネーフォワード クラウド人事管理』のリリース

待望の新サービスがリリースされました。
『マネーフォワード クラウド人事管理』は、2021年夏にリリースされたばかりの生まれたてです。

私たちのHR領域のサービスは、バックオフィス業務の多くに関係性があるため、必然的に他のプロダクトと協調しシームレスに連携することが求められます。
今後、さらに各種API連携を実現していき、ユーザー体験の向上を図っていくことが求められるフェーズです。

プロダクトのアーキテクチャとしては、GraphQLやNuxt.jsを採用し、Ruby on Railsはバックエンドだけに留めています。 技術的な面でもモダンで、チャレンジングなプロダクトになっています。

ローンチされたばかりのサービスと新たなチャレンジで、HR領域をさらに盛り上げていければと思います。

※ マネーフォワード全体では、これまでRuby、Ruby on Railsを積極的に採用してきましたが、技術ポートフォリオの配分を変えていく取り組みも昨年より開始しています。
マネーフォワードCTOが考えていること(2020年9月) | Money Forward Engineers’ Blog

2021年秋、最初のSREメンバーがジョイン

QA組織と同じく、プロダクトの運用課題をエンジニアが兼任するには、厳しい大きさになってきておりました。
また、HR領域のインフラ面の対応は、全社のインフラチームに依頼している状態であり、お互いがお互いの仕事のボトルネックになってしまう恐れがあるという課題がありました。

HR領域のプロダクトを専門に扱うSREチームを配置し、開発スピード感とサービス信頼性の改善を最適化することになりました。

そして、最初のSREメンバーが入社し、まずは、『マネーフォワード クラウド勤怠』の運用課題全般の改善にあたっていただいており、着々と取り組みが前進しています。

2022年は、SREチームが目指すロードマップを作成し、一緒に議論しつつ手を動かしたいメンバーを集めていきたいと考えています (SREの取り組みを知りたい方、ぜひカジュアルにSREメンバーと情報交換しませんか)

外部発信への取り組み

また、HR領域の開発組織の課題のひとつに、外部発信の少なさがありました。
それまで開発に全力を注いでいたフェーズでもあり、内部での取り組みが なかなか外に知られていない状態でした。

これを解決すべく、今年はさまざまなメンバーがさまざまな媒体で発信・登壇をすることを促進してきました。
取り組みは、決して一発で解決するような派手なことではなく、何度も丁寧に伝えたり、コツコツとメンバーをサポートしたりといったことでした。

  • 社内にあるブログやnoteの書き方術・手順を紹介して、サポートする。
  • メンバーが集まる場で、「書くだけで100点さ!」と ハードルを下げ、かっこいい記事や技術的に尖っている必要はないと伝える。
  • 記事に対するフィードバック(SNSや面談・面接での反響)があったら、執筆者に伝える。いい連鎖はフィードバックから。
  • 各チームのリーダーには、外部発信に対する目的・期待値を伝えて、メンバーのサポートを促す。

泥臭く、地道に続けたことで徐々に変化が訪れます。

▼ 本記事内で紹介したものも含め、1年で25件以上の外部発信が行われました。

来季もさらに、HR領域の取り組みについて情報発信していきたいと思います。ブログや登壇、外部発信に興味のある方は大歓迎です。

2021年の全体とふりかえると

こうして、ふりかえってみると、
QA組織やSRE組織を無事に立ち上げることができ、その領域の専門家が、その価値を発揮することによって課題解決までのスピードが圧倒的に加速しました。

QA組織は年明け1名だったところから、2021年12月現在で5名まで増え、
SREは秋に最初のメンバーはジョインし、プロダクトメンバーを巻き込みつつ、Embedded SRE(開発チームに入り込んで活動する)の形を取って増やしている状態です。

外部取り組みが成果につながったのか、徐々に発信が増えてきたように思いますし、
実際、カジュアル面談などで「あの記事を読みました!」「共感しました!」というコメントをいただいたり、記事をキッカケにしてご応募いただいたりといったことも増えてきました!

また、その他の開発エンジニアの増加も含めると、2021年初頭から +50% 組織拡大したことになります。
来年は、さらに仲間を増やし、HR領域の開発組織のさらなるスピードアップを目指しています。

2022年に向けて

2021年12月に、HiTTO株式会社がマネーフォワードグループにジョインしました。

これは、HR領域のプロダクトが描く理想を実現するための、非常に重要な取り組みです。
HR領域で実現していくのは、単なる効率化。便利。というSaaSではありません。
従業員とのコミュニケーションをスムーズに行い、働く人すべての人に寄り添うサービスを実現していきたいと考えています。

HiTTO株式会社のサービスは「社内向けAIチャットボット」ですが、

といったことを想定しており、

今後、HiTTO株式会社の社内向けAIチャットボットと、マネーフォワード クラウドの各プロダクトとの連携について取り組んでいきます!
もちろん、これまでに開発・提供しているプロダクトの新機能追加やさらなる品質向上・安定性の向上への取り組みも、加速させる予定です!

マネーフォワード クラウドのプロダクトがさらに成長するために、まだまだ、より多くの仲間が必要となります。
このHR領域の描く未来に共感する方、興味がある方は、いつでもお話しましょう。
カジュアル面談もいつでも受け付けています。私にご連絡いただいてもOKです!


マネーフォワードでは、エンジニアを募集しています。
ご応募お待ちしています。

【サイトのご案内】
マネーフォワード採用サイト
Wantedly
京都開発拠点

【プロダクトのご紹介】
お金の見える化サービス 『マネーフォワード ME』 iPhone,iPad Android

ビジネス向けバックオフィス向け業務効率化ソリューション 『マネーフォワード クラウド』

おつり貯金アプリ 『しらたま』

お金の悩みを無料で相談 『マネーフォワード お金の相談』

だれでも貯まって増える お金の体質改善サービス 『マネーフォワード おかねせんせい』

金融商品の比較・申し込みサイト 『Money Forward Mall』

くらしの経済メディア 『MONEY PLUS』

Pocket