AI推進部における読書会の紹介

こんにちは!CTO室AI推進部の幸野(こうの)です。先任から引き継ぐ形で2021年12月よりマネージャとなり、組織の活性化や他部署との連携をテーマに活動しています。個人的なトピックとしては、Oculus Quest2を買った翌日にOculusがMetaになりました。
私の話はさておき、今日はAI推進部にて行なっている読書会を紹介します。

読書会の目的

AI推進部は2020年12月に発足した組織です。(歴史はこちらのnoteをご覧ください)
発足時に掲げたチームのValueに”Sustainability”があります。こちらは直訳すると「持続可能性」となりますが、私たちは「AIを一度デプロイしただけで終わりにしない、継続的に改良していく」という気持ちをこのValueに込めています。いわゆるMLOpsです。
とはいえ、MLOpsは比較的新しい概念で、チームに知見があるわけでもなかったので学習方法の一つとして読書会という形をとりました。

読んだ本たち

1年弱で2冊の本を完走しました。1冊目の『Introducing MLOps』でMLOpsの全体像を把握し、2冊目の『入門 機械学習パイプライン』でより実装に近い内容を学びました。

  1. Introducing MLOps(邦訳本なし)
  2. 入門 機械学習パイプライン ――TensorFlowで学ぶワークフローの自動化

『Introducing MLOps』

進行方法

週一回の開催スケジュールとし、輪読会形式を採用しました。各章を担当するメンバーを決め、担当者が章の内容を資料に纏めた上で読書会を開催しました。
各回では、担当者が各章の内容を共有した後に参加者全員で議論する形をとりました。

続きを読む

モヤモヤしたままにしない!マネーフォワード クラウド勤怠チームがメンバー同士で言いたいことを伝え合うために実践する3つの土台

「私、前から言おうと思ってたんだけど……」

という切り出しで喜ばれるのは愛の告白だけ。どうもこんにちはSREのVTRyoです。
どっちにしろこんな切り出し方をされたら心臓に悪いのは間違いないので、できることなら思ったときに言ってほしいです。

今日はマネーフォワードクラウド勤怠チームの「業務中に抱いたモヤモヤ、言いたいことはどんどん健全に伝えていこうな」の文化醸成について話していこうと思います。

その背景には、

  • 少数精鋭でユーザに最速で価値を届けるために必要な文化をつくりたい
  • 情報と意見が前のめりに流通し、改善・学習のサイクルが回っている状態をつくりたい

というチームの心意気があります。

“気になってたけど言わなかった”が起こすギルティ

「気になってたけど言わなかったんですよね」問題が起こすギルティとして、代表的なものを挙げてみましょう(※弊チームにそのような課題があったわけではないです)。

  • ヒヤリハットを見逃して事故になる
    • ハインリッヒの法則「1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常(ヒヤリ・ハット)が存在する」
    • 軽微な事故になる前の異常を見つけるのは日々のコミュニケーション
  • モヤモヤをためながらの仕事はストレスを蓄積する
    • 「こっちのほうが良いと思うんだけどな」なんて考えて仕事しても精神衛生上よくない
  • 不要な作業を進めている(かもしれない)
    • 「これってどうしてやるんですか?」の一言が言えなかったために、無駄な作業をしたりしているかもしれない

このあたりは心当たりがあるのではないでしょうか。

続きを読む

2021年のエンジニアブログをふりかえる

TL;DR

皆さんあけましておめでとうございます、2022年ではお初の登場になります技術広報のluccafortです。
年末に髪の毛を染めようと思ったら思いの外明るい色味になってしまい、金髪っぽくなってだいぶヤンチャな風貌になっています(ウケる)

さて、本投稿は元々は社内向けにPVや情報発信の傾向分析、仮説検証をおこなうために用意していた記事となっています。
その記事を元に多少の手直しをして社外発信用として加筆修正したものとなっています。
日本語がおかしいところがありましたら、その添削の名残だと思っていただければと思います。

本記事では便宜上2021年を今年、2020年を前年、2022年を来年として扱っています。
これは元となる記事を書き始めた時期が2021年12月29日だったことに起因している点をご了承ください。

続きを読む

公用語が英語の組織で、日本語話者エンジニアがオススメする英語学習お役立ちツール【2022年初版】

エンジニアブログでは初めまして、CTO室グローバル部のnishimura.yukariです。

前部署のCIO室から会社の社内異動公募制度(チャレンジシステム)を経て現在の部門で働いています。

(異動に至る経緯や想いは色々あるのですが、ちょっと長すぎるので別の機会にまたnoteにでも・・・)

先日、当社CTOから発表した通り、マネーフォワードのエンジニアリング組織では今後3年以内の公用語英語化を進めています。

マネーフォワードCTOが考えていること(2021年9月)

グローバル部はその先駆者として、東京勤務ながらチームの公用語を英語に切り替え、様々な国出身のエンジニアが集って開発を進めている部門です。

そんな部署に異動志望を出した私自身といえば、実は【マネフォにジョインするまで、流暢に英語を話す人を周囲でほとんど見たことがなかった】ほど、英語とは無縁の学習環境からの出発でした。

エンジニアらしく最新鋭テクノロジーツールの助けを全力で借りつつ、自分の足りない英語力をカバーしながら勉強する日々です。

ところで、昨年末にマネーフォワードの社内Slackでは「今年買って良かったもの」をシェアするのが流行っていました。
そこで私も便乗して、2021年にお世話になった【英語学習お役立ちツール】をシェアしたところ、年明けになって前部署での知り合いの方からこんなメンションが。

およよ・・・確かにエンジニア的観点でテクノロジーを活かした記事ではありますが、その発想はなかった。

続きを読む