Go Conference 2022 Spring Onlineにメンバーが2名登壇、スポンサー協賛もおこないます!

4月23日(土) 10時からいよいよ Go Conference 2022 Spring が開催されます。
今回も日本中のGophersとお話できることを楽しみにしております。

まだ申し込みをしていないかたは、ぜひ以下のページよりお申し込みください。
Go Conference 2022 Spring (Online)

ブロンズスポンサーやります!

前回のGo Conference 2021 Autumn Onlineに引き続き、ブロンズスポンサーで応援させていただきます。

マネーフォワードでは技術ポートフォリオのリバランスを表明して以降も様々な取り組みをおこなっています。
「マネーフォワードはRubyの会社」と思われる方も多いと思いますが、グループ会社も含めGoの採用事例が増えています。
また、採用事例だけでなく社内メンバーへの教育や育成カリキュラムなども整備されつつあります。
(こちらは後日機会がありましたらなにがしかの形でお伝え致します。)

このイベントを通してGoコミュニティの発展に寄与できればと考えています。

また、前回に引き続き、本イベントでも弊社luccafortが運営メンバーに参加しています。
Go Conference運営メンバー一同、少しでも皆さまにご満足いただけるよう最終段階の追い込み中です、開催までもうしばしお待ちください。
今回も公式HPにスタッフ一覧を作成いただき、掲載していただけました。

メンバーが2名登壇します!

今回はスポンサーだけでなく、弊社から2名登壇いたします。
軽く登壇者とセッション概要を紹介させていただきます。

GoのGC(garbage collector)について理解する

https://gocon.jp/2022spring/sessions/a4-s

時間: 2022年4月23日 11時40分〜12時00分
場所: Track A sponsored by 店舗スタッフDXサービス「STAFF START」
聴講者レベル: All
セッションタイプ: Short Session (20 minutes)
セッション番号: A4-S

登壇者

uji

受講対象者

  • Goの利用者(初心者から中級者まで)
  • Goのランタイムの仕組みに興味がある人

テーマ概要

GoにはGC(garbage collector)が存在します。
このGCが内部でメモリ管理の複雑さを隠蔽してくれているおかげで、Goを書くエンジニアはメモリ管理をあまり意識せずコーディングすることができます。
GCは実際にどのように動いて私たちを助けてくれているのでしょうか?
本セッションではGoのGCの仕組みや設計思想などを解説します。

目次

  • GCとは?
  • GoのGCの特長
  • GoのGCの進化の軌跡

Motto Go Forward Goを支える文化とコミュニティ 〜なぜ我々はコミュニティにコントリビュートするのか?〜

https://gocon.jp/2022spring/sessions/b14-s

時間: 2022年4月23日 17時10分〜17時30分
場所: Track B sponsored by ビットキー
聴講者レベル: Beginner
セッションタイプ: Challenge Session (20 minutes)
セッション番号: B14-S

登壇者

luccafort

受講対象者

  • これからGoを学びたいひと
  • テックコミュニティ運営に興味、関心があるひと
  • Goコミュニティを運営しているひと

テーマ概要

まず最初にこのLTは技術の話ではありません。
Goは素晴らしいプログラミング言語ですが、それは技術だけが素晴らしいことを意味しません。
それを支える開発者、そして暖かく迎えてくれるコミュニティの存在と文化が大きく影響していると考えます。
コロナ禍によってさまざまなコミュニティが栄枯盛衰しているいまだからこそ、Goが大事にする文化を継承してもらいたいと考えました。
Go Worldがより進化し、変化していくために技術だけではないGoのウェットな文化を紹介させていただきます。

目次

  • Why talk about culture and not technology?
  • Does engineers need the communities?
  • Be complicated, not be complex.
  • Kyoto.go with Go Communities.
  • Gophers Forward, Motto Go Forward!

(目次は英語ですが、登壇は日本語で行われます)

さいごに

最後に宣伝です。
今回は @tottie さんにご協力いただき、素敵なグッズをSuzuriで販売中です。
原材料と制作費以外の価格をゼロに設定された特価品でお買い上げいただけるのでぜひ購入して参加してもらえればと思います!

(luccafortもちゃんと正規価格でカンファレンスTシャツを2枚購入しました)

マネーフォワードでは、Goエンジニアを積極的に募集しています。
興味を持たれた方はカジュアルにお話する場を用意いたしますので、お気軽にお声がけください!

選考を受けたい方がいましたら、下記の採用サイトからぜひご応募をよろしくお願いします!
株式会社マネーフォワード エンジニア の求人一覧

Licences

The Go gopher was designed by Renée French. Illustrations by tottie.


【会社情報】
Wantedly
株式会社マネーフォワード
福岡開発拠点
関西開発拠点(大阪/京都)

【SNS】
マネーフォワード公式note
Twitter – 【公式】マネーフォワード
Twitter – Money Forward Developers
connpass – マネーフォワード
YouTube – Money Forward Developers

Pocket