Scrum Fest Osaka 2022 に協賛します&登壇します

スポンサーになりました

マネーフォワードは、昨年に引き続き、ゴールドスポンサーとしてScrum Fest Osaka 2022を応援させていただきます!

Scrum Fest Osakaはスクラムの初心者からエキスパート、ユーザー企業から開発企業、立場の異なる様々な人々が集まる学びの場です。この2日間を通じ、参加社同士でスクラムやアジャイルプラクティスについての知識やパッションをシェアするだけでなく、ここで出会ったエキスパートに困りごとを相談することもできます。

【開催概要】

日時:2022年6月17日(金)〜2022年6月18日(土)
場所:オンライン と オフラインでのハイブリット開催
   大阪会場はこちら
主催:Scrum Fest Osaka 実行委員会

【参加申込】

以下のイベントページよりお申し込みください。
https://www.scrumosaka.org/

マネーフォワードから3名登壇します

Scrum Fest Osakaではセッションは公募されていますが、マネーフォワードから3名が選ばれました!
少しでも興味があればぜひお立ち寄りください!

複数のスクラムチームをサポートするエンジニアリングマネジメントの話

登壇者
大倉圭介

概要
スクラムチームに対してのエンジニアリングマネージャの役割って難しいですよね。
現在、私はスクラムで開発している3プロダクトの開発チームのマネージャを担当しています。
マネージャになってから2年弱、スクラムチームに対してマネージャとしてできることに向き合ってきました。

マネジメント範囲が3プロダクトになってくると中々1つ1つのチームに多くの時間をかけることは難しくなっています。
そんな中でどのように悩み、組織課題を解決するために取り組んできたかを紹介します。

対象者
自チームでスクラム開発を行っているエンジニアリングマネージャの方、またはエンジニアリングマネージャとの関係性に悩んでいるチームメンバーの方

脱ボトルネック!POをスケールさせよ!

登壇者
杉浦 大貴

概要
プロダクトの成長を加速させるため、チームをスケールさせるという選択肢を取ることになったとき、プロダクトオーナーは最もスケールが難しい役割の一つでしょう。

このセッションでは、POと開発者の分業、プロダクトマネージャーを含むPOチームの組織化、アジリティを高める組織デザインへの挑戦と私が実際に体験し試行錯誤した内容と得た知見を発表します。

前提としてSaaSのToB、専門性の高いドメインを扱っているプロダクトであり、LeSSのプロセスを採用しています。

対象者
チームをスケールさせるのにPOどうすれば?と困っている方

フルリモート下でのチームビルディング

登壇者
森田 麻沙美

概要
フルリモートに負けるな!チームの一体感を醸成し、同じ目標に向かって爆速前進するために行っている取り組みや想いをお話します。

取り組みの一例:wevoxやmiroを活用した相互理解ワーク、チームメイトを巻き込んだロードマップの作成、ほぼ月のわいわいチームイベント

聞いた人に一歩進む勇気が出る、栄養ドリンクのような発表を目指します!

対象者
チームをリーディングしている方、チームビルディングで悩んでいる方はもちろんのこと、チームをより良くしたいと思っているメンバーの方も。

最後に

マネーフォワードではテックコミュニティに対するさまざまなコントリビューションを応援しています。

スポンサードだけではなく、OSSに対するコミットやIssueの報告、その他テックコミュニティの運営などできる範囲でのコントリビューションを実施しています。
今後もテックコミュニティへの貢献を継続していきたいと考えていますので、よろしくお願いします!


マネーフォワードでは、エンジニアを募集しています。
ご応募お待ちしています。

【会社情報】
Wantedly
株式会社マネーフォワード
福岡開発拠点
関西開発拠点(大阪/京都)

【SNS】
マネーフォワード公式note
Twitter – 【公式】マネーフォワード
Twitter – Money Forward Developers
connpass – マネーフォワード
YouTube – Money Forward Developers

Pocket