マネーフォワードのiOSDC Japan 2022参加記録

こんにちは、Pay事業本部にて「マネーフォワード Pay for Business」のiOSアプリ開発を行っている堺です。

9/10から9/12に開催された、iOS関連技術をテーマとしたカンファレンスであるiOSDC Japan 2022に初めてオフラインで参加しました!

この記事では開催期間中の3日間の振り返りと共に、マネーフォワードがどのような形でiOSDCに参加したのかをお伝えします。

iOSDCとマネーフォワード

マネーフォワードは今回のiOSDCにゴールドスポンサーとして参加させていただきました!

スポンサーブースの出展も行い、ノベルティとしてうちわやパンフレット、お箸などを用意していました。

また弊社から2名のiOSエンジニアが以下のテーマで登壇しました!

あっという間だったDay0

Day0である9/10は前夜祭という形で行われ、16時台からのスタートでした!

私が会場に到着した時にはすでにブースの準備ができている状態でした。
当日までどんなブースになるのかを知らなかったため、初めてブースを見た時にちょっとしたサプライズ感があったことを覚えています。

準備万端のブースの様子がこちらです!
ブースにはマネーフォワードがトップパートナー契約を結んでいる横浜F・マリノスのユニフォームも展示していました!なんと選手のサイン入り!

個人的な話としては、この日が人生で初めてオフラインでカンファレンスに参加した日になりました!

私は学部生の時も大学院生の時も時節柄ほぼ全ての学会がオンライン開催だったためこういう場は新鮮だなぁと思うと共に、盛り上がりが伝わりやすかったり一体感が強まって良いなぁとしみじみ感じるDay0でした。

Day0については技術広報の@luccafortによる記事もありますのでぜひご覧ください。

試行錯誤のDay1

Day1ではブースに来てくださった方々に「マネーフォワードのエンジニア組織が英語化するって知っていましたか?」と尋ねて、シールを貼って回答してもらうアンケートを実施し始めました。

ブース担当者が会話のフックとして活用でき、英語化に関する社外での認知度を知るいい機会になりました!(社員が思うより知られていないかも?という結果でした)

また弊社のエンジニア2名によるLTもDay1に行われました!

登壇者の一人である ませぎ(@boc_sho) による感想ブログも投稿されていますので、ぜひご覧ください。

最後に技術顧問の@giginetさんも交えて集合写真を撮影し、Day1は終了しました!

たくさんセッションを聞いたDay2

iOSDCに参加して個人的に一番驚いたポイントは、ナレーションを声優の立木文彦さんや三石琴乃さんが担当していらっしゃるということでした!

セッション開始前にタイトルと登壇者の名前が読み上げられる形となっており、立木さんのお声で「SwiftUI」や「Xcode」という単語が聞ける状況に困惑したり、名前を読み上げてもらえる登壇者の皆さんを羨ましく思う3日間でした。

私も来年は立木さんに名前を呼んでもらうためにプロポーザルを出そうと思っています。

ここではそんな3日間の中で個人的に印象に残ったセッションを2つ紹介させていただきます。

正規表現って結局何なのさ?〜エンジニアのためのコンピューターサイエンス入門〜 by ta_ka_tsu | トーク | iOSDC Japan 2022 - fortee.jp

タイムシフト:https://live.nicovideo.jp/watch/lv338311152#4:29:42

Swift5.7でSwift Regexが導入されたことを背景に、正規表現そのものについてオートマトンの概念から解説されています。

「大学の授業で見たやつだ!」と感じたり忘れていたことの復習になる良い機会になりました。普段の業務ではなかなか触れることがなく、忘れかけていたコンピューターサイエンスの学び直しなどもこれからやっていきたいなと感じるセッションでした!

OSSのアプリケーションを開発「し続ける」ための哲学 by 1024jp | トーク | iOSDC Japan 2022 - fortee.jp

タイムシフト:https://live.nicovideo.jp/watch/lv338311195#1:44:53

OSSとしてのアプリ開発を継続的に行うための気の持ちようやユーザーとの向き合い方について、経験談をベースに紹介されています。

タイトルに「哲学」とあるように考え方を中心としたトークですが、開発者がモチベーションを維持してこそユーザーに価値を届けられるものだと考えているので、OSSやMacアプリ開発などの領域を問わず勉強になるセッションだと感じました!

3日間を通して感じた課題

スポンサーブースは20近くの出展があり、それぞれのブースが会場をぐるっと囲むように並んでいます。

このように幾つものブースが並んでいる上、各ブースが工夫を凝らして出展しています。

  • モニターや端末を設置して、技術スタックに関する情報を表示したりデモアプリを触る環境を用意
  • くじ引きやプレゼント企画の実施
  • コーヒーやクーポンの配布

そうしたブースにお邪魔すると、弊社のブースにも改善の余地がたくさんありそうだと感じました。

例えば、エンジニアの方々と技術の話をするきっかけが少なかったという課題があります。弊社のブースでは組織やプロダクトラインナップに関する情報を中心にチラシに掲載し、パネルとして展示していました。そのため各プロダクトが用いている技術を紹介する機会を逃してしまったのです。

エンジニアリングをアピールする場として活用するのであれば、技術的な観点でプロダクトを紹介するチラシやモニターを用意することなどが考えられるでしょう。

その他にもノベルティの渡しやすさなど課題はありますが、全て今後の改善案を考えるための材料としています!
実際に明日から開催されるDroidKaigi 2022では、ブースに来てくださった方がサービスに触れるようデモ機の用意をしています!

今後もマネーフォワードらしさを出しつつ、来場者の皆様とインタラクティブに関わることができるようなブースにしていきたいと考えています!

まとめ

私個人としては初めてオフラインでカンファレンスに参加させていただき、現地でブースを回ったりセッションを聞いたり、現地の賑わいも含めてお祭りのようなイベントでした!

マネーフォワードとしては会場に居たメンバーが協力してブースの運営を行えたことや、弊社エンジニアによる登壇もあり、充実した3日間を過ごせたと考えています! 👏

今回の良かった点ともう一歩だった点を踏まえ、参加者の皆様により楽しんでいただけるように改善を続けていきます!
マネーフォワードは今後も様々なカンファレンスに参加予定ですので、見かけた際はぜひブースを覗いたり社員にお声がけください!

マネーフォワードでは、エンジニアを募集しています。
ご応募お待ちしています。

【会社情報】
Wantedly
株式会社マネーフォワード
福岡開発拠点
関西開発拠点(大阪/京都)

【SNS】
マネーフォワード公式note
Twitter – 【公式】マネーフォワード
Twitter – Money Forward Developers
connpass – マネーフォワード
YouTube – Money Forward Developers

Pocket