マネーフォワード社員のお金の管理術 「まずはリスクと向き合おう」

こんにちは。マネーフォワード広報です。

当社は、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションを掲げ、皆様のお金の課題を解決するためのサービスを日々開発しています。

本企画では、そんなサービスを開発するマネーフォワードの中の人の「お金の管理術」とは、はたして一体どんなものなのか?をお伝えしていきます!

前回のインタビューはこちらから:マネーフォワード社員のお金の管理術 「お金を貯めるにはヒリヒリしよう」

今回は、取締役兼Fintech研究所長の瀧さんにインタビューし、所長ならではの観点がたくさん詰まったお話を聞くことが出来ました。

瀧 俊雄さん (取締役兼Fintech研究所長)

eyecatch

続きを読む

マネーフォワードエンジニアインタビュー 金子 雄一郎

マネーフォワードの中の人を知ってもらうため、当社でフルタイムのRubyコミッターを務める卜部昌平が、マネーフォワードのエンジニアにインタビューをするこの企画。
今回は、Rubyエンジニアである金子雄一郎さんへのインタビューです。

社員ですら初めて聞くような、マネーフォワードに関わる人のストーリーをお届けします。

▼過去のエンジニアインタビューはこちら
マネーフォワードエンジニアインタビュー 谷口 徹
マネーフォワードエンジニアインタビュー 鈴木 信太郎
マネーフォワードエンジニアインタビュー 平山 光太郎
マネーフォワードエンジニアインタビュー 鈴木 研吾
マネーフォワードエンジニアインタビュー 児玉 孝太郎

日時

2017年1月30日 (月曜日)14:30~16:00

語り手

  • 金子 雄一郎 (Rubyエンジニア)
    1987年生まれ。一橋大学商学部卒業。大学卒業後、大手メーカーで経理業務に従事していたが、RubyやOSSコミュニティに出会い、2014年4月にエンジニアにキャリアチェンジ。2015年11月にマネーフォワードに入社。『MFクラウド会計』のサーバーサイドエンジニアとして、主にRailsによるアプリケーション開発に従事している。

聞き手

  • 卜部 昌平(Ruby開発者)

ガヤ

  • 青木 香菜子(広報・書き起こし・編集担当)
  • 小川 昌之(人事・撮影担当)

金子 雄一郎 インタビュー

eyecatching

続きを読む

マネーフォワード社員のお金の管理術 「お金を貯めるにはヒリヒリしよう」

こんにちは。マネーフォワード広報です。

当社は、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションを掲げ、皆さまのお金の課題を解決するために、日々サービスを開発しています。

本記事は、そんなサービスを開発するマネーフォワードの中の人の「お金の管理術」とは、はたして一体どんなものなのか?をお伝えしていく企画です。

今回は、CTOの中出さんと、自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』の開発や企画などに携わる伊藤さんに、お話を聞いてみました。

CTO 中出 匠哉さんの場合

eyecatch

続きを読む

vim のイースターエッグの話

こんにちは。エンジニアの廣瀬です。

エンジニアであれば好みのテキストエディタがあると思います。
私はもっぱらvimを好んで使っています。

vimは歴史も長く高機能なエディタです。
(度々宗教戦争の題材にされる程)利用者も多く、コミュニティも活発です。

今回はそんなvimのイースターエッグについて少し紹介します。

そもそも、イースターエッグって何?

イースター・エッグ(Easter egg)とは

コンピュータのソフトウェア・書籍・CDなどに隠されていて、本来の機能・目的とは無関係であるメッセージや画面の総称である。
ユーモアの一種。

多くの場合、企画・開発スタッフの一覧などが隠されているが、ちょっとしたゲームなどの場合もある。
また、アニメーションや音楽を伴って表示されることもある。
これらを「イースター・エッグ」と呼ぶのは、キリスト教の復活祭の際に、装飾した卵(イースター・エッグ)をあちこちに隠して子供たちに探させる遊びにちなむ。

続きを読む

最近のruby-core (2017年1月)

こんにちは。卜部です。最近のPython-devが始まりましたね。すごい。

こちらの連載は先月はお休みしてしまったのですが、引き続き頑張ります。 ruby-coreというRuby本体の開発の議論がされているメーリングリストで、最近興味深かったトピックを紹介していきます。

続きを読む

[書評] 基礎から学ぶチーム開発の成功法則(献本御礼)

iOSエンジニアの西方です。

最近はPMとか企画とかもやっています。
そんな私にぴったりな本を献本いただきました。

基礎から学ぶ チーム開発の成功法則 (開発現場の教科書) – Amazon

エンジニアであればきっと一度は悩んだことがあるであろうチーム開発について、現場の視点で書かれた一冊です。

チーム開発の必要性

私たちは、サービスをユーザーに届けるために、日々開発をしています。

技術研究をしているわけではないので、開発することそのものに意味があるのではなく、開発してできあがったモノにこそ意味があるのです。つまり、リリースしてナンボです。スピードが大事です。当たり前ですが。

続きを読む

【レポート】potatotips #36 を開催しました

こんにちは、技術部iOSエンジニアの浅井です。

先週1月13日(金)に、2017年最初のpotatotipsを弊社で開催させて頂きました!
potatotips #36 (iOS/Android開発Tips共有会)

Togetterにもまとめて頂いています!
2017/1/13 #potatotips (iOS/Android開発Tips共有会) 第36回

ということで、今回はそのレポートをお届けします。

LT

続きを読む

LINE Payを使って割り勘をフォワードする

こんにちは。エンジニアの鈴木です。

忘年会、新年会シーズンも過ぎ去りつつありますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
お酒が好きな方は、きっとこの年末年始でたくさんの忘年会&新年会に参加されたかと思います。

そのとき、支払いは大抵割り勘になりますよね?

職場の同僚と一緒にランチに行ったときだって「別々で」と言って支払っていませんか?
これも割り勘です。
このように、割り勘は我々の日常的な行動のひとつです。今回はその割り勘のお話です。

今までの割り勘

一般的な飲み会の支払いは、誰かが代表して支払って、支払った人が参加者から負担額を回収します。
ありがちな問題点を挙げてみます。

  • 当日支払わなかった場合は、後日いちいちお金を渡しに(or受け取りに)行かなければならない
    • 途中で帰ったり、人数が多かったりするとこうなりがちです
    • オフィスが複数ある場合、違うオフィスの方々に会う機会が少なかったりします
  • たくさん割り勘していると何がなんだか分からなくなる
    • あっちこっちの飲み会に参加していると、払ったんだか払ってないんだか全然分からなくなります(酔っぱらってるし)
  • ランチで「別々で」といって一人ずつ支払うのは会計時間が人数分増える
    • 「一緒で」といったらレジの方にすごく感謝されました(お店の方にとって忙しいお昼どき「別々で」というのはいつも申し訳なさを感じます)
  • 個人の財布からお釣りが必ず出せるとは限らない

これは良くない。
マネーをフォワードすることを信条として活動している我々としてはなんとかしたい問題です。

続きを読む

年末にesaの大掃除をしてみた

デザイナーの大嶋です。

マネーフォワードでは、普段のコミュニケーションに esa.io を活用しています。
使い方は日報、起案、調査資料など多岐に渡ります。

しかし、200人を超えるメンバーが記事を日々投稿していると、カテゴリーが無作為に作られたり、記事分類の粒度がバラついたり…
このカオス状態を解消しようと、年末という気分も相まって esa カテゴリー大掃除を行いました。

既に3万件以上と膨大な数に膨れ上がった記事を、一気に整理整頓するのは大仕事になってしまいます。
そこで、手始めに自分の所属する「デザイン戦略室」の記事に対象範囲を絞って取り掛かることにしました。
(これなら、数百件レベル!)

最初の一歩は「箱(カテゴリー)」を決めること

「 esa 、整理してくださーい! 」
と安易に呼びかけてしまうと、各自の「使い方ルール」「分類ルール」「想い」の違いから更なる混乱を生みそうだったので、元からあったカテゴリーを微調整し、最初に片付けルールを決めておきました。

続きを読む

2017年の抱負

あけましておめでとうございます。

昨年12月にマネーフォワードCTOに就任した中出(なかで)です。

2017年一発目のエンジニアブログということで、月並みですが「2017年の抱負」というテーマにしました。

「年初にこういう思いを持っていたんだな」と時折原点に立ち戻れればといいかと思いますし、こうやってエンジニアブログで公開することで自分にプレッシャーをかけるという効果も狙ってみます。
 

今年の抱負

 

エンジニアの働き甲斐の追求

これが私の今年の抱負です。
 

「よりエンジニアがマネーフォワードで働くことに幸福感を感じる」ようにすること

私が全社総会でも話したCTOとしてのミッションみたいなものです。
今年に限った話ではなく、私がCTOでいる限りずっと持ち続ける想い。
 

続きを読む