2020年のマネーフォワード

こちらはMoney Forward Advent Calendar 2019 25日目の記事です。

こんにちは、マネーフォワード CTOの中出(なかで)です。
2019年の振り返りと2020年の抱負を書いてみたいと思います。

 

2019年のマネーフォワードの振り返り

2019年を一言で表すと 拡大 の一年でした。

Advent Calendar 1日目の記事2日目の記事 の通り、2019年のマネーフォワードは将来の事業成長のために積極的に開発組織への投資を行いました。

1月にはマネーフォワード Vietnamで100名体制の開発組織を構築するための開発拠点をオープンし、2月には福岡に続く国内開発拠点を京都に開設、3月にはマネーフォワードの持つデータを元に新たな価値を創造するためMoney Forward Labを立ち上げ、すでに研究者がいくつかの研究を開始しており研究成果が形になってきています。

またエンジニア・デザイナーは1年間で160人規模から280人規模に拡大し、2018年から積極的に採用を始めた新卒エンジニアも40人を超え、外国人エンジニアも増えました。
年齢や性別、地域や国籍を問わないエンジニアのダイバーシティーとエンジニア同士のリスペクトに溢れる開発組織を構築することができました。

多くの優秀で才能と熱意あふれる仲間に恵まれ、プロダクト開発や基盤開発、技術的負債の解消など多くのことに同時に取り組めるようになりました。

 

2019年の社会の流れとマネーフォワード

キャッシュレス化

2019年はQRコード決済の普及や消費増税に伴って実施された「キャッシュレス・ポイント還元事業」によりキャッシュレス化が一気に加速しています。

それに引っ張られるように『マネーフォワード ME』の利用者数の伸びも加速しています。

続きを読む

怠惰な拠点長が取り組むペーパーレス・オペレーションレス

こんにちは。京都開発拠点の村上です。
全社アドベントカレンダー (エンジニアのマネーフォワード2019)に続き2本目のブログです。

京都開発拠点は2019年2月に、2名でオープンしました。

拠点をオープンするとはどういうことか。
そう、それは総務の方が1名もいないという事です!

さぁ与えられた新しい場所は未開の地です。自ら動かねば誰も何も与えてくれません。

備品も無ければ、掃除も自分たちです。
宅急便の手配や、経費の東京への郵送等…開発以外の仕事も盛りだくさん!


ついに京都に開発拠点を開設!オープニングイベントに行ってきたよ

京都拠点構築において 総務業務が苦手(面倒くさがり)な拠点長(私) がどうやって乗り越えてきたかをご紹介します!
今回紹介するサービスは以下の8つです。

  • Adobe Scan
  • マネーフォワードクラウド経費
  • ヤマトビジネスメンバーズ
  • ソロエルアリーナ (askul)
  • クラウドサイン
  • 三井住友パーチェシングカード
  • パスワードマネージャー
  • Googleフォーム

アフィリサイトっぽくなりましたが、アフィリリンクは1つもありません…

続きを読む

オフィスの便利ツール紹介:拠点間の常時接続Webミーティング

マネーフォワードのコーポレートインフラを語るアドベントカレンダー
Money Forward CorporateIT Advent Calendar 2019、12/17(火)の窓です。


こんにちは。
コーポレートインフラ担当の坂本です。

この記事では、マネーフォワードで活用されている
『重要インフラではないけどちょっと便利なオフィスツール』
を紹介します。

第三弾は『拠点間Webミーティングの常時接続』をご紹介。

拠点間の常時接続Webミーティング

九州・沖縄支社(福岡)と本社(東京)との、拠点間の常時接続Webミーティング機器。
(本社から九州・沖縄支社を見ている様子、卓球台が映ってますね)

続きを読む

駆け出しQA と Bug Bash 〜ワイワイするって難しい〜

こちらは Money Forward Advent Calendar 2019 17日目の記事です。
昨日はがーこさんの 「BtoB事業の中の編集者」として半年でoutputしたもの でした。

改めましてこんにちは!
マネーフォワード クラウド会計確定申告 で QA エンジニアをやっている Yoya と申します。
この春、こちらへの入社を機にソフトウェアテストの世界に飛び込んだ元 Web エンジニアです。

がむしゃらに走ってきた半年間、特にインパクトの強かったイベントが Bug Bash でした。

プレ開催での反省

Bug Bash イベントの概要自体は、セキュリティエンジニアで主催者の木村さんが 15日目の記事 でまとめているので、そちらをご覧いただければと思います。

続きを読む

オフィスの便利ツール紹介:iPadでOne Tap会議室予約

マネーフォワードのコーポレートインフラを語るアドベントカレンダー
Money Forward CorporateIT Advent Calendar 2019、12/13(金)の窓です。


こんにちは。
コーポレートインフラ担当の坂本です。

この記事では、マネーフォワードで活用されている
『重要インフラではないけどちょっと便利なオフィスツール』
を紹介します。

第二弾は『iPadでOne Tap会議室予約』をご紹介。

iPadでOne Tap会議室予約

マネーフォワードの会議室にはiPadが設置されています。
会議室の利用状況を表示しており、会議室が空いていればOne Tapで会議室が予約できます。

続きを読む

最強のエンジニア・デザイナー開発環境向上施策

 

「迷ったら、買え」

十代の頃、秋葉原のパーツ売り場で悩んでいた私の背中を押した先輩の一言です。
手に入れたグラフィックカードは中古2万円の型落ちPCにゲーミング環境として新たな息吹をもたらし、学生の私をMMO仮想現実世界へと引き込んで戻そうとしませんでした。

しかし後悔はしていません。
なぜなら圧倒的にパワフルで、快適な環境でゲームプレイを体験できたからです。
結果として、ゲームプレイの成績はめきめきと向上し、以前より一層に増してMMOにのめり込むようになりました。
(その良し悪しは別として)
これは個人の趣味において、環境を最適化することでアウトプットが高まった一例と言えます。

 

閑話休題。

事業において開発者が直接触れる端末・環境は、事業のエンジンとも言える重要な基幹部分だと考えます。
この記事では Money Forward におけるエンジニア・デザイナー向けの提供端末・開発環境 にかける想い、経緯、制度、実例について紹介します。

 

(我々が考える最強の)エンジニア・デザイナー開発環境向上施策 制度概要

  • 新入社員に支給するPCは、全て最新・新品を用意します
  • 希望に応じて、いつでも新しいPCに交換します
  • 業務要件に応じてPC特注構成も受けます
  • 周辺機器は購入上限無制限でお好きなものを提供します
  • 承認フローをVPoE & CTOに一本化します

続きを読む

初めてOSS貢献体験と、それにより変化した考え方について

こんにちは。
マネーフォワードのIDサービス開発部のダンです。

今日は、OSSを利用し貢献する過程における考え方の変化について共有します。

 

OSSとは?

OSSはOpen Source Softwareの略で、利用者の目的を問わずソースコードを使用、調査、再利用、修正、拡張、再配布が自由なソフトウェアの総称です。
OSSはオープンで、コミュニティなどで共同開発されます。

OSSは、「オープン」「共同開発」「自由」などのキーワードがあります。
このキーワードは意味として理解していましたが、私はその中身を充分に認識していませんでした。

Money Forwardは、OSSコミュニティを支える活動を行っております。
マネーフォワードとオープンソース・ソフトウェア | Engineers’ Blog
私たちはOSSのお陰で仕事ができており、自分もOSSに貢献する気持ちがだんだん大きくなりました。

 

OSS貢献前の私の考え方

プロジェクトにJoinして機能を開発する際、その機能のライブラリー(OSS)を探して、見つけたら導入します。

その時点での考え方は、、、

  • OSSプロジェクトは有用なblack-boxである
    • 先人が難しい課題に取り組み、解決してもらったので、我々はその課題に取り組まなくてよい
    • ただ、コードが難しくことも多く、コードを読むのは辛いなぁ
  • OSSは出来上がった食事である (Readme & using)
    • 問題解決のため、どのようにOSSを導入するか? → Readmeを読んで、事例を見てOSSを導入して、動作を確認 → 完了!
    • すぐに使えて、それにより自分のタスク(開発時間)を減らせます
  • OSSはalmost error-freeである (ほとんどエラーフリー)
    • 沢山の人がそのOSSを使っているため、実績もあり、安定しているため、安心してすぐ使えます。良かった!

つまり、私は完全にOSS依存していて、何もやりたくなかったのです!

続きを読む

iOS版マネーフォワードMEの開発環境について

この記事は Money Forward Advent Calendar 2019 6日目の記事です。

こんにちは。
iOSエンジニアの玉井(@tamadon3776)です。

今回はマネーフォワード MEのiOSアプリ開発環境がこの1年で結構変化したのでそれについて書こうと思います。

CIをJenkinsからBitriseに移行

元々CI用のMacが社内にあり、そのMac上にJenkinsサーバを立ててDeployGateへの配布やApp Store Connectへのバイナリアップロードを行っていました。

この方法には以下のような課題がありました

CI設定秘伝のタレ化問題

iOS用Jenkinsは4年以上前から運用されていて、色々な人がちょっとずつ設定を継ぎ足ししている状態でした。まさに秘伝のタレ。
当時設定を追加した人も退職済みだったりして、相談することも難しい状態でした。

CIマシンのメンテナンスが地味に手間

頻繁に発生するわけではありませんが、以下のようなメンテナンス作業が地味に手間でした

続きを読む

オフィスの便利ツール紹介:トイレ混雑チェッカー

マネーフォワードのコーポレートインフラを語るアドベントカレンダー
Money Forward CorporateIT Advent Calendar 2019、12/6(金)の窓です。


こんにちは。
コーポレートインフラ担当の坂本です。

この記事では、マネーフォワードで活用されている
『重要インフラではないけどちょっと便利なオフィスツール』
を紹介します。

第一弾はトイレの混雑チェッカーのご紹介。

 

トイレ混雑チェッカー

『トイレ個室5室』のうち『空き4室』のイメージ

続きを読む

エンジニアのマネーフォワード2019

こんにちは。マネーフォワード京都開発拠点の村上です。

Money Forward Advent Calendar 2019』12/2(月)の記事です。

昨日は広報視点で色々振り返りました。
今日はエンジニア視点でマネーフォワードを振り返ってみます。

人数推移

今年一年で社員数は約415名から約600名になりました。
エンジニア職は約120名から、約200名になりました。

めっちゃ増えてますね。それでもまだまだ採用しています。
サービス作りが好きな人はぜひ門戸を叩いてくださいね!

続きを読む