3ヶ月間の英語研修でTOEICスコア 665 → 890 になった話

エンジニアリング戦略室の高井です。先頃からお伝えしているように、マネーフォワードではエンジニア組織の公用語を英語にすることを計画しています。世界中から優秀なエンジニア人材を集め、プロダクトをさらに成長させることが目的です。

エンジニア組織の英語化に向けて、組織的な英語研修のトライアルも始まりました。英語習熟度に応じたプログラムを策定し、そのための研修を行なっています。まずは直近で必要となる人からということで、第一弾となる英語研修プログラムに参加しました。

今回の記事は、そのときの個人的な経験の記録です。私自身、大学卒業後に、これといって積極的に英語を勉強したことがありませんでした。もちろん、ソフトウェアエンジニアとして、英語ドキュメントを読む必要があったり、カンファレンスで英語スピーカーの発表を聞いたり、英語学習方法のブログをブックマークしたり、英語学習の書籍を購入だけしたり、ということはありました。ようするに、日本の一般的なソフトウェアエンジニアを想像してもらえると、その通りということになります。

その証拠というわけではないのですが、研修前の昨年12月に TOEIC L&R IP を受験したときのスコアは 665 点でした。TOEIC Program DATA & ANALYSIS 2021 によると TOEIC の社会人平均スコアが 637 点とのことですので、私のスコアは社会人として一般的なスコアだとお分かりになるかと思います。

その後、3ヶ月間の英語学習の成果測定として、先日に受験した TOEIC L&R IP では 890 点までスコアを伸ばすことができました。このスコアは概ね TOEIC 上位5%くらいの位置ですから、それなりに研修の成果があったと言えるのではないでしょうか。

この記事では、その一般的なソフトウェアエンジニアが、どのように英語学習に取り組んだか、またそれによって得られたものはどのようなものなのか、それについてお伝えできればと思います。私自身は英語教育のプロではないので、正しい学習方法について説明するというよりも、個人の体験談としてこういうこともあるのだなと参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

【クラウド人事管理】E2Eテスト自動化導入のすべて

みなさんこんにちは!人事労務領域(HR)のQAエンジニア(テスト自動化担当)をしています!honamin @hona_sukeです。

今回は2021年7月から携わってきたクラウド人事管理のE2Eテスト自動化を通して見えてきたことをご紹介できればと思います。と、その前に、クラウド人事管理がどんなサービスなのかを紹介させてください😋

クラウド人事管理について

マネーフォワード クラウド人事管理では、従業員や組織の情報を一元管理することができます。入退社や人事異動の手続きに対応、また、従業員はPCやスマホを介して情報を送信することができるので、ペーパーレスなやり取りを実現することができます。

さらに、クラウド給与やクラウド勤怠などのサービスと併用することにより、クラウド人事管理の従業員情報をワンクリックで連携することも可能です。

このように、クラウド人事管理はさまざまなサービスの入り口にもなるプロダクトなので、従業員データの部分に関しては特に柔軟性や品質が求められます。

クラウド人事管理のサービス詳細について
 

続きを読む

関西開発拠点で毎週開催している勉強会「ゆるスタ」の紹介

マネーフォワード クラウド会計Plusの開発をしている段松(@ydammatsu)です。

ゆるスタとは

関西開発拠点所属のエンジニアで毎週木曜日の18時から30分〜1時間程度開催している勉強会です。

もともと「ゆるい勉強会」というテーマで始まったのですが、メンバーが「ゆるスタ」という名前をつけてくれました。
発表者が毎週テーマを持ち寄りzoomで発表します。

参加は任意の勉強会ですが毎週半分以上のメンバーが参加してくれており、週によりますが発表は2〜4本行われます。

続きを読む

ようこそpockeさん!マネーフォワード関西開発拠点へ〜日々改善と新機能開発を続けるチームでやりたいこと〜

こんにちは。マネーフォワード関西開発拠点で採用広報をしている原口です。

今回は、関西開発拠点にジョインした、Rubyコミッターでもある桑原さん(以下、pockeさん)と、上司にあたる西村さんを交えて、入社したきっかけや、『マネーフォワード クラウド会計Plus』(以下『会計Plus』)チームで働きはじめた感触を、ざっくばらんに聞いてみました


プロフィール

桑原 仁雄 (pocke)/『マネーフォワード クラウド会計Plus』 エンジニア
2021年Rubyコミッターに就任。現在はマネーフォワード クラウド会計Plusの開発と、RBSを中心としたOSSの開発を業務として行っている。

西村 友裕/『マネーフォワード クラウド会計Plus』エンジニアリングマネジャー
ソフトウェアエンジニアとして開発に従事。ユーザーに価値を届けるスピードを上げるため、開発プロセスの無駄をなくす活動を推進している。

続きを読む

[PR]6/15(水)19時開催!【Retty×マネーフォワード】コラボイベント どう進める?大規模toCサービスのリアーキテクト 〜私たちのアンチパターン〜🎉

みなさん、こんにちは!🍟
ホームカンパニーにてエンジニアリングマネージャーをしている小沼(@iroas_san)です。

来たる6月15日(水)19時よりRettyさまとイベントを開催することになりました🎉
オンラインでの実施となりますので、途中参加・退出OKです!
ぜひ以下イベント概要を確認いただき、ご興味を持っていただける方はご参加ください。

イベント概要

【Retty×マネーフォワード】コラボイベント
どう進める?大規模toCサービスのリアーキテクト 〜私たちのアンチパターン〜

続きを読む

マネーフォワードのインターンを振り返る in 2022

はじめまして。
マネーフォワード業務基盤グループでインターンをしている村上です。

「この半年インターンでどんな業務をやってきたの?」というテーマについてお話できればと思います。エンジニアインターンに興味がある方の目に止まれば幸いです。

自己紹介

マネーフォワードには2021年の9月からインターンとして入社しています。
今は修士2年になったばっかりで研究と両立しながらインターンをしています。

どうしてマネーフォワードにインターンとして参加したのか?という理由ですが、夏にマネーフォワードで募集していた2週間インターンのGoでの開発に目を惹かれたからです。インターンを行う前は個人開発でGoを利用したことはあったのですが、業務などを経験してGoでの開発力をもっと高めたいと思っていました。そんなときにマネーフォワードの短期インターンを知り、Goでの開発力を高めるチャンスだと思い参加しました。(マネーフォワードMEの無料クーポンにも目を惹かれてました…)
短期インターンが終わった後に長期インターンについてのお話も頂き、そのまま長期インターンに参加する流れとなりました。長期インターンでは、2021年の10月から週2,3回の頻度で勤務し、インフラ構築に関わる業務に取り組みました。インターン以前からインフラ構築に興味があり、社員の方との1 on 1でもインフラについて学びたいといったお話をしていたので、長期のインターンでインフラ構築に取り組めるようなタスクを割り振っていただきました。

インターン中にメンタリングして頂いた社員作のgopherくん?
オリジナルのThe Go gopher(Gopherくん)は、Renée Frenchによってデザインされました。

続きを読む

Service Infra Team Principles

こんにちは。サービス基盤本部長の鈴木(@syou1024) です。

サービス基盤本部は、「マネーフォワードのサービスを安定提供しつつ、マネーフォワード開発組織全体がイノベーティブなサービスを最速で届けられるようにすること」をミッションにした本部です。

こちらのブログで本部の進む方向を宣言したのですが、進める中でプラットフォームを良くしていき、組織の形を変えるだけでは目標としてるところに辿り着かないと考えています。一人一人のメンバーが成長していく必要性を感じ、チームの行動指針を作りました。

そのご紹介のブログです。ご興味持って頂き、ご連絡を頂けたら嬉しいです!

続きを読む

【クラウド勤怠】QAがチームに入ったことで変化したソフトウェア品質向上に向けた活動

はじめに

こんにちは。「マネーフォワード クラウド勤怠」のエンジニアをしています katuoです。クラウド勤怠チームでは約半年前から、新機能開発をする上で発生し得る障害やインシデントを回避するべく、中・大規模の新規開発をする場合はQAチームのSammy(森田)さんに勤怠チームに入って頂き、ソフトウェア品質の向上に向けた様々な活動を実施してきました。本記事ではQAエンジニアがチームに入ったことによってチーム全体や自分の中で起きた変化をお伝えできればなと思っております。

※ 本記事では一部QAエンジニアをQAと略させていただきます。

QAのイメージと期待感

自分自身、初めてQAと密にコミュニケーションを取りながら開発することになり、正直QAのことをあまりよく知りませんでした。

漠然として抱いていたQAのイメージは「テスト技法などソフトウェアテストに詳しい人」「テストケースを作成、実行する人」「テストの重要性を訴求してくる布教者」などがありました。また時には「ここのテストは何故やってないんですか?」「品質はどうなっているんですか?」といったようなことを何度も繰り返し指摘してくる、アプリケーションエンジニア視点ではちょっと距離を置きたくなるような人達といったネガティブイメージもありました。

一方でクラウド勤怠は扱うドメインの特性上、計算ミスやサービス停止が許されないミッションクリティカルなプロダクトであるため、ソフトウェア品質の重要性自体に対しては、潜在的に意識はありました。なのでQAが入ることで、テスト技法の知見を吸収したり、テストを実施して頂いたりすることでのソフトウェア品質の向上や中・大規模開発時に何処と無く感じていたテスト周りの不安感の解消などに繋がるのではないかという期待感がありました。

続きを読む

QAエンジニアのMISSION/VISION/VALUEを作りました!

こんにちは、マネーフォワード クラウド会計 でQAマネージャーをしている nishijo です!
今回は4月にできたばかりのQAエンジニア(以降、QAE)のMISSION/VISION/VALUEを紹介したいと思います。

早速紹介どーん!


※文字が小さくてすみません…クリックして画像をご確認くださいmm

MVVを考えるに至った背景

「マネーフォワードのQAEが目指すべき姿を考えたい」という一声からすべては始まりました。
この声の背景としては以下のようなものがあります。

  • 現状、各本部にQAE組織が立ち上がっていて、それぞれで独自の文化を醸成している
  • 共通のQAEの目指すべき方向性が定義されていない
    • 作れば組織構築や採用面などでいい方向に働く可能性があるのではないか
      • QAEの立ち位置、存在価値をみんなが同じレベルで理解できるのではないか
      • 各プロダクトのロードマップを考える時にQAEがどう貢献できるかを考える指針にできるのではないか
      • 各本部のQAEのMISSION/VISION/VALUEのベースとして目指す方向の指針にできるのではないか

続きを読む

How to avoid Security Group changes corruption in terraform by applying Open Policy Agents (OPA)?

Introduction

  • Hi everyone, I’m @tnqv, a Platform SRE in the Service Infrastructure Division, developing the infrastructure for the entire company. Today, based on our experienced real-world use cases, I would like to share about how we are applying Open Policy Agents to the Platform in order to protect the SLA by avoiding Security Group changes’s corruption in Terraform.

What is Platform?

  • From the last quarter, Moneyforward’s Service Infrastructure Division is splitting to 3 groups: Enabling SRE, Platform Group, and Guardian Group.
  • As the Platform SRE, we will take a bird’s eye view of the entire company and develop the Platform.
    Through the Platform, we will improve the developer experience and development productivity of engineers throughout the company.

続きを読む