よくあるご質問・お問い合わせ

家計簿機能・画面

下記の内容で疑問が解決できなかった方はこちらからお問い合わせ下さい。

問い合わせをする

家計簿はどのようにして自動分類を行うのですか
家計簿については、内容に含まれる文言(書店、水道 など)をベースに、もっとも近いと考えられる大項目・中項目を適用します。

ただし、内容より判定できなかった場合や、同じ商店でも異なる支出目的である場合には未分類となります。その場合は、ご利用内容にあわせてカテゴリを編集ください。

一度編集いただいた項目と同じ項目が将来自動取得された場合は、前回選択された項目が自動的に適用されます。

適用される分類ルールについては、 Web版サービス、分類ルールより確認・編集 が可能です。
計算対象のチェックを外すとどうなりますか
計算対象のチェックを外すと、月々の合計収入・支出額の計算から、その項目を外すことができます。
例えば、一時的に立て替えている費用や大きな支出等については、計算対象外とすることで、より家計の実態を表す収入・支出額を知ることができます。
カードの引き落としが最初から計算対象外となっているのはなぜですか
カードの引き落としについては、連携している銀行口座からの引き落とし額と、クレジットカードで連携される請求確定額が一致する場合には、銀行の引き落とし履歴を自動で「振替」といたします。
また、「振替」となった履歴は、家計簿の集計の対象外となります。
銀行のATM引き出しの金額が、実際よりも少なく表示されるのはなぜですか
ATM引き出しの支出履歴は、手入力した現金の支出金額と支出計上が重複しないように相殺します。



お客さまが手入力した現金の支出は、直近に「ATM引き出し」した金額から支出されているとみなし、自動で「ATM引き出し」カテゴリの支出履歴から相殺する処理を行っております。
相殺することにより、「ATMから引き出ししたことで反映される支出履歴」と、「手入力した現金支出」は重複して家計簿に計上されないようになります。

なお、手入力した現金支出の合計金額が、直近の「ATM引き出し」カテゴリの支出履歴の金額より上回った場合には、その一つ前の「ATM引き出し」カテゴリの支出履歴からも相殺します。
自動相殺を利用しないで、手元の現金残高を管理する場合には、財布機能をご活用ください。

サポートサイト:「財布」機能について

※収入を手入力されている場合、手入力の現金支出は、手入力された収入金額から支払いされているとみなします。手入力した収入金額以上の支出が手入力されると、直近の「ATM引き出し」と相殺します。
集計期間の開始日を変更したいのですが
  • Web版サービス
  • 家計簿の設定 よりご変更

  • iOS版サービス
  • ホーム右上「歯車」>「集計期間」>「集計期間の開始日」 よりご変更

  • Android版サービス
  • ホーム右上「歯車」>設定「家計簿の集計期間」>「集計開始日」よりご変更

    ※グループごとの設定も可能です。グループ設定より編集・設定してください。

    なお、下記のサービスはアプリ版サービスに対応していないため、Web版サービスをご利用ください。

CSVによるデータのアップロードはできますか
「2018/12/06」より「CSVアップロード」のサービス提供を終了いたしました。
引き続き「CSVダウンロード」はご利用いただけます。

※アプリ版サービスでは対応しておりません。
Amazonから取得した履歴とカードの履歴は二重計上となりますか
Amazonの支出額と、クレジットカードの支出額が一致する場合、クレジットカードの支出履歴を自動で振替(計算対象外)とする処理を行っております。そのため、支出の二重計上はされません。

振替ルールが適用されない場合には、クレジットカードの履歴をAmazonへ振替してください。
Amazonの支出としての計上日はいつの時点のものとなりますか
マネーフォワード MEでは、Amazonのご利用履歴については、「発送日」をベースにデータを表示しております。こちらは、カードの決済日と比較的近い時点となることが理由となっております。発送日を取得できない場合には、配送予定日の中での早い日付等を取得、適用しております。
通販(Amazon.co.jpや楽天市場など)とクレジットカードの相殺がうまく行われていません
通販とお支払いのカードを連携されている場合、通販側での発送日・配送料等と、カード会社側での支払い日・金額が一致せず、自動で振替とならない場合があります。 この場合には、カードの支出履歴を通販への「振替」にご変更ください。
振替機能の使い方を教えてください
振替機能は、お持ちの銀行口座や財布間、電子マネーのチャージなどでお金を移動した場合に用います。振替は収入でも支出でもないため、自動的に家計簿の計算対象外としています。

支出元と入金先の両方から入出金の情報が取得されている場合、それぞれの履歴を指定した振替とします。

支出元と入金先の両方から入出金履歴が取得される振替の例
  • 銀行からATM引き出しをして財布に入れた場合
  • 普通口座Aから普通口座Bへ資金移動した場合
  • クレジットカードで電子マネーをチャージした場合

    1. 入出金履歴より、支出元口座の支出履歴を「振替」に変更する
    2. 入振替先に入金先の口座を選択する
    3. 口座を選択すると、自動的に相手方の取引候補が表示されるので、日付と金額が一致する収入履歴を選択する
    ※ATM引き出しを財布と振替にする場合は、3.をせずとも自動で財布残高が変動します。

    また、振替先の金融機関のみを選択し、履歴を指定しない形式で振替とすることがございます。

    振替先の金融機関のみを選択し、履歴を指定しない形式で振替する例
  • クレジットカードで通販の支払いをした場合
  • 銀行からの月々のカード引き落とし

  • この場合には、それぞれの金融機関で支出履歴が取得されるため、金額が大きい方の支出履歴を振替として管理します。

  • クレジットカードで通販の支払いをした場合
    1. 入出金履歴より、クレジットカード側の支出履歴を「振替」に変更する
    2. 振替先に通販を選択する

  • 銀行からの月々のカード引き落とし
    1. 入出金履歴より、銀行側の支出履歴(引き落とし履歴)を「振替」に変更する
    2. 振振替先にクレジットカードを選択する

    関連サポートサイト
  • 「振替」機能について
  • 通販履歴とカード履歴が二重計上になるのを解消する方法
  • グループをまたいだ振替を行ったところ、支出として表示されました
    表示中のグループに含まれない口座への振替を行った場合には、該当する取引は支出として表示・計算されます。 逆に、入金が行われた場合には、収入として扱われます。
    なお、支出元・入金先双方の口座がグループに含まれている場合には、振替としてそのまま表示が行われます。
    データの閲覧可能期間について教えてください
    データを閲覧いただける期間は、無料版サービスとプレミアムサービスで異なります。

    • 無料版サービス
      • 過去1年間のデータを閲覧いただけます。
        ※弊社サービスに取得済みのデータが対象となります

    • プレミアムサービス
      • 過去データの閲覧について制限はございません。
      • 弊社サービスに保存されているデータはすべて閲覧いただけます。

    なお、無料版サービスのデータを含めて、可能な限りデータを保管する方針をとっております。
    無料版サービスの閲覧制限により表示されていない1年以上前の過去データも、プレミアムサービスにご加入いただくことで制限が解除されますので、弊社サービスに保管されているすべてのデータを閲覧いただくことが可能です。
    グループとは何ですか
    グループ機能は、登録している金融機関、サービス、財布等の手元の現金・資産のうち、一部に絞って表示を行う機能です。

    代表的な利用方法としては、以下の3種類があります。

    1. 日常生活とは関係のない資産を除外したい
    2. 資産運用を集中的に見たい
    3. 事業用と個人用の資産・入出金を区別したい

    グループでの表示は、集計期間や予算機能、マンスリーレポートなど、マネーフォワード ME内のほぼ全ての機能が対象となります。
    ※ウィークリーメールは対象外です

    下記サポートサイトにて機能の詳細をご案内しておりますので、あわせてご参照ください。

    参照:「グループ機能」について
    グループの設定方法を教えてください
    グループ設定・追加は下記の方法にて行なってください。

    グループの切り替え方を教えてください
    • Web版サービス
    • 上部「プレミアム機能」横の「▼」>設定したグループ」をクリック
      ※こちらのウィンドウは、グループが作成されると表示されます。

    • Android版アプリ
    • ホーム右上「歯車」>「グループ」をタップ

    • iOS版アプリ
    • ホーム右上「歯車」>「グループ」をタップ

      なお、下記のサービスはアプリ版サービスに対応していないため、Web版サービスをご利用ください。

    給与天引きや源泉徴収されている金額を家計簿に反映したいです
    給与天引き(財形貯蓄など)や、社会保険料など、給与から予め天引きされている金額の反映方法については、下記サポートサイトの記事をご参照ください。

    サポートサイト:給与天引き項目(控除額)を家計簿に反映する方法
    カード支出を、支出時ではなく、引き落とし時に計上したいです
    カード支払いを支出ではなく、引き落とし時に計上する方法については、下記のサポートサイトにてご紹介しています。

    サポートサイト:カード支払いを引き落とし時に計上する方法
    毎日、毎週、毎月の頻度で発生する支出や収入を自動で記録したい
    繰り返し機能により、自動で履歴を登録することが可能です。
    詳細な設定方法は下記をご参照ください。

    サポートサイト:繰り返し入力機能の使い方
    一時的に給与の振り込みが前後した場合に、収入を当月に計上したい
    自動取得により反映された入出金履歴は、日付を変更することができません。
    ゴールデンウィークや年末など、一時的にいつもとは異なるタイミングで給与が振り込まれた場合は、下記手順で当月に計上いただけます。

    1. 給与の収入履歴を計算対象外にする
    2. 「入金先:なし」として、実際の振込み日の収入履歴を手入力する
    支出予定の履歴の修正はどこからできますか
    支出予定の履歴についてはWeb版サービスの入出金ページの入出・支出詳細で修正いただけます。
    ※現時点でアプリ版サービスでの編集はできません。
    仕事上の支払いをカードで行い、会社からは現金でもらった場合に立替入力したい
    • 現金支給で財布機能をご利用の場合
      1. 手入力で「入金先:財布」の収入履歴を登録し、計算対象外にする
      2. カードでの支出履歴についても計算対象外にする

    • 現金支給で財布機能を利用していない場合
      1. 手入力で収入履歴を登録し、計算対象外にする
      2. カードでのお支払いについても計算対象外にする

    • 立替分のみ振り込みの場合
      1. カードの支払い履歴を計算対象外にする
      2. 銀行の振り込み履歴を計算対象外にする

    • 給与と合算で振り込みの場合
      1. カードの支払い履歴を計算対象外にする
      2. 銀行の振り込み履歴を計算対象外にする
      3. 給与分のみの収入履歴を手入力する
    飲み会で一括でカード払いをした後、割り勘で現金を集金しました。どのようにすれば、反映できますか
    カード払い後の割り勘分の徴収については、現金管理の方法により、対応が異なります。

    • 財布機能をお使いの場合
      1. 該当するカード払いを計算対象外とする
      2. お客さまご自身の飲食代等を支出元を「なし」として手入力する
      3. 回収分は財布を入金先として、収入で手入力する
      4. 3番の履歴を計算対象外にする

    • 財布機能をお使いではない場合
      1. 該当するカード払いを計算対象外とする
      2. お客さまご自身の飲食代等を支出元を「なし」として手入力する
      3. 立替でお支払いされた「総額」を「収入」として手入力する
      4. 3番の履歴を計算対象外にする

    これにより、現金残高及び家計簿上の収支が一致します。
    本日より前の日付で繰り返し入力を設定しましたが、過去の履歴として反映されません
    繰り返し入力は、登録日の翌日以降の入出金記録を自動で作成する機能となりますため、過去の入出金の記録には対応しておりません。
    ご登録日以降、終了日までの間、該当する日が到来する度に、入出金記録に反映される仕組みとなっております。
    (終了日は未設定でもご登録いただけます)
    クレジットカードの分割・リボ払いの手数料の履歴が反映されません
    連携先のクレジットカードサイトに該当の手数料の履歴が表示されていない場合には、弊社サービスでも反映されません。
    家計簿で計上するにあたっては、「支出元:なし」で手入力をお願いします。
    「カテゴリの作成に失敗しました。」と表示される場合
    中項目の作成につきましては、プレミアムサービスのご利用の有無にかかわらず、100件まで の作成となります。

    そのため、すでに作成された中項目が100件ございます場合は追加で作成することができずエラーが表示されます。

    上記の内容で疑問が解決できなかった方はこちらからお問い合わせ下さい。

    問い合わせをする

    よくあるご質問