iPhone編(4) アプリの使い方 金融機関登録

金融機関登録方法について

金融機関登録方法

アプリでの金融機関の登録方法について説明いたします。

iPhoneの金融機関登録イメージ01

1.メニューから金融機関登録を選択します。

iPhoneの金融機関登録イメージ02

2.「銀行」、「証券」、「投信」、「FX・貴金属」、「カード」、「年金」、「電子マネー」、「ポイント」、「携帯」、「サービス連携」の中から登録する金融機関のカテゴリと金融機関を選択します。(ここでは三井住友銀行を例に説明します。)

iPhoneの金融機関登録イメージ03

3.選択された金融機関のID・パスワードを入力し、「自動取得対象の開始日」を選択します。自動取得データの期間については「 FAQ 」をご確認ください。

※マネーフォワードでは原則、振込等に必要な暗証番号はお預かりしません。また、お預かりした大切な情報は、全て暗号化の上、厳重保管しておりますので、ご安心ください。
詳しくは、「 安心のセキュリティー体制 」をご覧ください。

iPhoneの金融機関登録イメージ04

4.入力完了後、「金融機関」画面を選択し、金融機関が正しく登録されているかご確認ください。
「ステータス:正常」と表示されていれば、正しく登録が行われています。


いますぐ登録(無料)

マネーフォワードの登録は、無料 です。
まずは 会員登録 から。


マネーフォワード ユーザーのご感想

30代男性
1カ所で管理が可能になり、資産の合計額や日々の変動をグラフでわかりやすく可視化されているのでお金のことに対して意識することが多くなりました。
20代男性
従来、手入力により記録しなければならなかった家計簿がほぼ自動で入出金明細、支出内訳まで作成してくれるのが便利!
30代女性
いままで自分がいくらもっているか把握できなかったのが、手軽に現在の口座の状態をチェックできるようになり節約につながりました。
マネーフォワードCEO 辻庸介のブログ
マネーフォワード 公式ブログ
よくあるご質問