家計簿をはじめてみよう!

家計簿をはじめると、ゆっくりとですが確実に、見える世界が変わっていきます。
けれども、誰しもお小遣い帳をうまくつけるのが難しかったように、家計簿については、なおさら「いずれ挫折してしまう自分」を意識してしまうものなのかもしれません。
ここでは、本当に誰でも続けられる、本当の最低限から見ていくこととしましょう。

初級編

  1. Index beginner 01

    初級編(1) まずは通帳を探し出しましょう

    家計簿を付けていくために最も大切なことは、普段お使い銀行の通帳を探し出すことです。
    じつはあなたの手元には既に、もっとも簡単で、機械が勝手に記入してくれる家計簿があるのです。
  2. Index beginner 02

    初級編(2) 最低限だから、ラクに続く

    通帳の記帳はなぜ大事なのか。それは、記帳がもっとも楽で、かつ生活にかかわる大事なお金の流れをシンプルに「見える化」してくれる手段だからです。お金とうまく付き合うための第一歩は、この通帳が見せてくれる世界とうまく付き合うことにあります。
  3. Index beginner 03

    初級編(3) やる気をなくしても、続けられる方法が一番

    家計簿もダイエットも、達成すれば生活が大きく改善するのに、その過程では想像できないような忍耐力が求められるものです。でも、もっとも大事なことは、その入口でくじけてしまわないこと。その時に必要なのは、心の強さではなく、気軽に簡単につかえるツールではないでしょうか。

中級編

  1. Index intermediate 01

    中級編(1) 大きめの支出について考えよう

    人は小額の節約には、真剣に検討しがちですが、あまり頻繁ではない大きな買い物をするときにはしっかり検討できていない場合が多いです。
    大きめの支出は慎重に、真剣に抑えることを考えて、細かな支出はほどほどに抑える。ということが大事になってきます。
  2. Index intermediate 02

    中級編(2) 貯める目標を、うまく考えよう

    目標が明確でない状態では、ぼやけたメリットしか感じられないものです。
    目標の具体的で鮮明なイメージを持つことで、更に節約を考えるモチベーションは高まってきます。
  3. Index intermediate 03

    中級編(3) 貯める方法を工夫しよう

    あれもこれも、と目標を立ててしまうと実際にどうすれば貯蓄を行えるか、という点への集中力が下がってしまいます。
    お金を貯める目的がいくつかある際には、できるだけ目標を絞ることが大切です。

上級編

  1. Index advanced 01

    上級編(1) 数年後に向けてお金とうまく付きあおう

    将来の自分がどうなるかは、誰にも分かりません。
    しかし、だからこそお金の管理は積極的に行うべきといえるでしょう。
  2. Index advanced 02

    上級編(2) 将来に向けて、いくら位必要になるのかを知ろう

    若いうちに正しい金銭感覚を身に付けることは大切です。いくら高額の収入があっても、それを上回る支出があれば赤字になるからです。
    将来において、最悪の自体を回避するには、どの程度のお金が必要かを把握し、身の丈の範囲内で生活することが大事です。
  3. Index advanced 03

    上級編(3) 資産運用についても、少し考えてみよう

    今後、長い目で考えると、「資産を貯める」ということと、「資産を運用する」ことも同じくらい重要といえます。
    次は資産を運用し、着実に増やしていくことも考えてみましょう。

いますぐ登録(無料)

マネーフォワードの登録は、無料 です。
まずは 会員登録 から。


マネーフォワード ユーザーのご感想

30代男性
1カ所で管理が可能になり、資産の合計額や日々の変動をグラフでわかりやすく可視化されているのでお金のことに対して意識することが多くなりました。
20代男性
従来、手入力により記録しなければならなかった家計簿がほぼ自動で入出金明細、支出内訳まで作成してくれるのが便利!
30代女性
いままで自分がいくらもっているか把握できなかったのが、手軽に現在の口座の状態をチェックできるようになり節約につながりました。
マネーフォワードCEO 辻庸介のブログ
マネーフォワード 公式ブログ
よくあるご質問