番外編(1) 家計簿の費目について

家計をうまくやりくりしていくために必要なことは、まず現状を把握することです。そのためには、支出を内容ごと、つまり費目ごとに集計し、どんな内容にお金を使っているかを把握することが有効です。

では、どんな形で支出を分類していけばいいのか、見ていきましょう。

なお、マネーフォワードには、銀行やカード情報を一度登録すると、自動で支出を項目別に分類してくれる便利な家計簿機能があります。もちろん、手入力も可能で、外出先からも手入力可能なスマートフォン向けアプリもあるので、毎日家計簿をつけることなく、自動で家計簿をつくっていくことができます。

家計簿をつける上での第一歩は、各費目、項目ごとに振り分けること。あまり細かく費目、項目をわけるのも長続きしませんが、大ざっぱだと内容が把握しにくいので、自分に合った方法を探していきましょう。

マネーフォワードでは、下記のように初期設定しています。

家計の費目について

大項目 中項目
出金 固定的 教養・教育 書籍 新聞・雑誌 習いごと 学費 その他教養・教育
住宅 家賃・地代 ローン返済 管理費・積立金 地震・火災保険 その他住宅
水道・光熱費 電気代 ガス・灯油代 水道代 その他水道・光熱費
通信費 携帯電話 インターネット 固定電話 放送視聴料 情報サービス その他通信費 宅配便・運送
自動車 自動車ローン ガソリン 駐車場 車両 車検・整備 道路料金 その他自動車 自動車保険
保険 生命保険 医療保険 その他保険
税・社会保障 所得税・住民税 年金保険料 健康保険 その他税・社会保障
変動的 現金・カード ATM引き出し カード引き落とし 電子マネー その他現金・カード
日用品 日用品 ドラッグストア おこづかい ペット 子育て その他日用品 タバコ
食費 食料品 外食 カフェ その他食費 朝ご飯 昼ご飯 夜ご飯
趣味・娯楽 アウトドア スポーツ 映画・音楽・ゲーム 旅行 秘密の趣味 その他趣味・娯楽
衣服・美容 衣服 クリーニング 美容院・理髪 化粧品 アクセサリー その他衣服・美容
健康・医療 フィットネス ボディケア 医療費 その他健康・医療
交通費 その他交通費 電車 バス 飛行機 タクシー
交際費 飲み会 冠婚葬祭 プレゼント代 その他交際費
特別な支出 住宅・リフォーム 家具・家電 その他特別な支出
その他 雑費 仕送り 事業経費 事業原価 事業投資 寄付金
入金 収入 収入 給与 一時所得 事業・副業 年金 その他入金 配当所得 不動産所得

各費目の説明について

支出項目

食費

毎日の生活に欠かせない食費。食料品、外食、カフェでのお茶代、飲み会代などがこの費用に入ります。

現金・カード

現金で支出した金額で、ATM引き落とし、カード引き落としがあります。現金支出や電子マネーの利用内容をより詳細に記入したい場合は、マネーフォワード画面の家計画面やスマートフォンアプリの手入力からも記入できます。

交通費

文字通り、毎日の生活に必要な交通費。電車やバス、タクシー、飛行機などが該当します。

趣味・娯楽

人生を豊かにする娯楽。人それぞれで様々な趣味がありますが、マネーフォワードでは、アウトドア、スポーツ、映画・音楽・ゲーム、本、旅行、その他、人には内緒の「秘密の趣味」にカテゴライズしています。

日用品

毎日の生活に必要なものの費用になります。子育てで使う費用、ドラッグストアでの買い物、ペット用品、たばこ、その他の日用品などが内容に含まれます。

衣服・美容

新しい服を買ったり、美容院に行ったり。衣服、クリーニング、美容院・理髪代、化粧品、アクセサリーの費目が該当します。

特別な支出

定期的ではない支出のことをいいます。例えば、家具や家電の購入や住宅・リフォームなどが含まれます。

交際費

飲み会や大切な人へのプレゼント代、結婚式やお葬式などの冠婚葬祭などが含まれます。

住宅

月の支出で大きな割合を占める住宅関連の費用をさします。家賃や住宅ローン、管理費・積立金、その他に住宅を維持していくための、地震・火災保険などをさします。

水道・光熱費

電気やガス、水道などをさします。毎日の生活に必須な費用となります。

自動車

自動車に関する費用をさします。ガソリンや自動車ローン、駐車場料金、高速料金などが含まれます。

保険

いざというときの備えに、保険は大切。生命保険、医療保険などが含まれます。ただ、思っていたより多く払っていたり、必要もない保険にはいっていることも多々ありますので、注意が必要です。

税・社会保障

サラリーマンの方なら普段天引きされて気づかないことが多いですが、毎月の支出で税金は多くの割合を占めます。所得税、住民税、年金保険料、健康保険など。確定申告すればもどってくるものもありますので、要チェックです!

生活費

毎日の生活に必要なものやシャンプーなどドラッグストアで購入しているものが含まれます。

教養・教育

何かとお金がかかる育児。学費や習い事、塾代、その他子育てに関する雑費すべてこちらの費用にいれてください。また、自分の教養を高めるために購入した本や雑誌なども、こちらに含まれます。

通信費

携帯電話代やインターネット代など、通信関係に必要な費用がこちらに含まれます。

自動車

自動車にかかわる費用が含まれます。自動車を購入する際の自動車ローン、ガソリン代や駐車場代、自動車保険などが含まれます。

健康・医療

健康は日々の生活で最も大事なもの。医療費や、薬はもちろん、体調管理のフィットネスやボディケヤなどが、この費目に該当します。

Icon point 家計簿豆知識

家計簿で一番使われる費目はわかりますか?

それは、食費です。毎日のことなので、当然ですね。
次に、日用品、趣味・娯楽、衣服・美容、健康・医療 と続きます。
外出先でお金を使った時は、その場でアプリから入力することが家計簿を続けるポイントです。マネーフォワードならスマートフォンアプリがあるので、その場で入力が可能です。


いますぐ登録(無料)

マネーフォワードの登録は、無料 です。
まずは 会員登録 から。


マネーフォワード ユーザーのご感想

30代男性
1カ所で管理が可能になり、資産の合計額や日々の変動をグラフでわかりやすく可視化されているのでお金のことに対して意識することが多くなりました。
20代男性
従来、手入力により記録しなければならなかった家計簿がほぼ自動で入出金明細、支出内訳まで作成してくれるのが便利!
30代女性
いままで自分がいくらもっているか把握できなかったのが、手軽に現在の口座の状態をチェックできるようになり節約につながりました。
マネーフォワードCEO 辻庸介のブログ
マネーフォワード 公式ブログ
よくあるご質問