「ZOZOTOWN」好決算に混在するブルとベア

超成長ZOZOという街を分析する

「ZOZOTOWN」好決算に混在するブルとベア

「スタートトゥデイ」という会社をご存知ですか?

2004年に始めた同社のファッション通販サイトの年間商品取扱高は、今や年間,2000億円を超え、日本最大級のサイトに育っています。そう、ご存知「ZOZOTOWN」です。

驚くことに、このZOZOを運営するスタートトゥデイの時価総額は「NEC」や「東京電力HD」よりも大きな規模となり、もはや大企業と言っても差し支えないでしょう(数字は2017年4月20日現在)。

約2万店の商品をタダで配る「0円セール」や、テレビCMでもおなじみ「ツケ払い」、採用広告「40名のエンジニア求む!」などユニークな施策を打つ会社としても知られています。

そんな夢とユーモアあふれる街、ゾゾタウンが4月19日、業績の上方修正と配当の増額を発表しました。これを好感し夜間取引では大幅高を演じたものの、翌日の株価は3.7%の下落。翌々日わずかに持ち直したものの、方向感が定まりません。

投資歴12年、株で生計を立てている筆者は、今後のスタートトゥデイに対するブル(強気)とベア(弱気)が混在しているように思うのです。


国内上場ネットサービス企業「時価総額ランキング」

順位企業名時価総額事業
ヤフー2兆8,900億円ポータルサイト
楽天1兆6,800億円ネット通販
エムスリー9,000億円医療系情報サイト
LINE8,800億円メッセンジャーアプリ
ネクソン7,400億円オンラインゲーム
スタートトゥデイ7,300億円衣料品ネット通販

※時価総額は4月20日現在

手始めに、スタートトゥデイがいかにすごい会社を数字からご紹介しましょう。

実は、国内市場に上場しているネットサービス企業のなかで、6番目に大きな規模を誇っています(ここでいうネットサービスは、インターネットを使うBtoCのサービスを指します)。

知名度でいえば、ヤフー、楽天、LINEの次がZOZOTOWNという感じでしょうか。成長性でみると、3位のエムスリーもとんでもないのですが、スタートトゥデイも負けず劣らずの超成長を続けています。

ブル(1)いまだに超成長を続けている

ゾゾのサービス開始は2004年、一般に浸透してから最低でも5年以上は経っているかと思いますが、その成長性はとどまるところを知りません。

※「業績予想の修正、配当予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせ」より

2017年3月期通期の決算は、売上高前期比40.2%増の763億円、営業利益同47.6%増の262億円とめちゃくちゃ稼いでいて、とにかくスゴイの一言。これだけの規模の会社で、これほどの数字を出せる企業にはなかなかお目にかかれません。

ですが……。

ベア(1)好決算は株価に織り込まれている

現在のスタートトゥデイの株価は、一年前と比べて約1.5倍上昇しています。2017年3月期は純利益ベースで1.4倍程度増えましたので、現在の株価は好決算が織り込まれた妥当な水準ともいえます。

さらなる株価上昇のカギは、成長の加速だったわけです。さて、直近の数字はどうなったのでしょうか。

ベア(2)QoQの売り上げ横ばい、もう少し伸びがほしかった?

平成29年3月期 通期決算説明会資料」より

成長株にとり売上高は「命」です。スタートトゥデイの決算説明資料を見ると、その命が3Q単体で一段上にどーんと増えているのがわかります。2016年11月からスタートした「ツケ払い」が貢献しているといわれ、ここにきて惚れ惚れするほどの成長加速をみせています。

となると、どうしても4Qも期待してしまうのが投資家の人情というものでしたが、28日に発表された4Q単体の売上高は22,699百万円(+2.16%)

QoQ、2%成長では物足りなかった株式市場は欲張りですね。前期比でいえば35%増なので、十分すぎるほど成長しているのですが、株式市場のスタートトゥデイへの期待はそれほどまでに大きかったのでしょう。

12

Card Stocks

連載・特集

Ranking

Pick Up

Keyword

Authors