月3万円のお金の貯め方 定期預金と投資どっちがいい?

FPの家計相談シリーズ

月3万円のお金の貯め方 定期預金と投資どっちがいい?

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は深野康彦氏がお答えします。


将来のために定期預金等を利用するか、投資信託に挑戦するか悩んでいます。

仕事:私立学校職員
月給手取り:17万円(賞与年3ヶ月分)
家賃:5万8千円
毎月の支出:平均13万円(家賃含む)
貯金:約200万(定期預金なし・普通預金口座に貯めているだけ)
毎月の給与から定期や投資に回せる金額は3万円くらいと考えています。

最近転職をし、職場の給与天引きの定期預金(金利0.6%)に申し込むか、銀行のスーパー定期か、投資信託に挑戦するかで悩んでいます。株の知識は最近NISAが少しわかってきた程度です。もし投資をするとしたら、投資信託のインデックスファンドだと思っています。投資信託を始めるなら、若ければ若いほどよいと聞きます。26歳が早いか遅いかわかりませんが、独身でお金を自由に使える今がチャンスだと思っています。

まだ取引はしていませんが、最近、試しに証券口座を開設しました。もちろんリスクがあるのは理解しています。株の知識が浅いので、手堅く定期に回すのがよいのかもしれません。近い将来、大きな出費は予定していません。結婚がいつになるかも未定です。将来のために今できるお金の管理方法を真剣に考えています。毎月の給与から捻出できる3万円をどうしていくのがよいのでしょうか。専門家の方からアドバイスをいただけたら幸いです。
(20代後半 独身 女性)

深野:ご質問から察すると、かなり投資に興味をもたれているようですね。資産運用の知識は一生涯の財産になりますから、早いうちに投資を始められるとよいでしょう。

給与から捻出できる金額の運用先についてですが、勤務先の定期預金の金利0.6%は破格の金利といえます。私が知る限りでは高金利トップ3に入るくらいの金利なので、預入れができる限度額までは勤務先の定期預金を積極的に活用すべきでしょう。

貯められている普通預金を預け替えられるなら、預け替えてください。あくまでも給与からの積立でないと預入れができない場合は、現在の貯金残高になるまでは普通預金を取り崩して生活し、給与は全額積み立てても構わないほど好条件の定期預金だと思います。

頻繁に積立額などを変更するのは面倒かもしれませんが、一考の余地がある気がしてなりません。

投資信託はなるべく取り崩さないように

質問からそれてしまったので元に戻し回答させていただくと、毎月の3万円の積立ですが、近い将来大きな出費を予定していないと記載されていますが、仮に結婚をすると、さまざまな出費等が発生する可能性があります。

全額を投資信託などの積立投資に回すのではなく、勤務先の定期預金に2万円、投資信託に1万円。あるいは、定期預金、投資信託に1.5万円ずつ振り分けられてはいかがでしょうか。

保守的と思われるかもしれませんが、今後、大きな出費が発生したとしても投資信託部分はなるべく取り崩さないようにするためです。使いたいと思ったときに、必ず利益が上がっているという保証がないからです。

長期で積立、複利効果を上手に活用

つまり、投資信託部分は余裕資金と考え、長期で積立投資を行い、複利効果を上手に活用して資産形成を行っていただきたいのです。ご質問に記載されているようにチャンスではありますが、投資に振り回されないためにも、無理のない金額から始めて、給与が増額するなどして余裕ができた段階で投資する金額を増やされるとよいでしょう。

積立で投資していく投資信託は、この商品から始めなければならないという決まりはありません。ご質問者が気になる、または興味がある商品から始められるとよいでしょう。

「好きこそものの上手なれ」ではありませんが、気になるものから始めた方がより真剣に投資に向き合えるからです。

Card Stocks

連載・特集

Ranking

Pick Up

Keyword

Authors