• >
  • >
  • クレカの支払いを遅延、記録を消すことはできますか?

クレカの支払いを遅延、記録を消すことはできますか?

FPの家計相談シリーズ

クレカの支払いを遅延、記録を消すことはできますか?

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナー(FP)が答えるFPの相談シリーズ。今回はプロのFPとして活躍する野瀬大樹氏がお答えします。


10年ほど前に、クレジットカードの支払いを一度払い忘れたことがあり、最近、引越しをしようとした時に保証会社の審査が通りませんでした。不動産会社は「払い忘れが原因ではないか」と言っています。クレジットカードの記録は消えないのでしょうか? また、もし消す方法があったら教えて下さい。
(30代前半 独身 男性)

野瀬:最近はポイントカードや会員カードなど、なんでもクレジットカード機能がついているので、審査について深く考えることはあまりないと思います。ただ、質問者の方のようにクレジットカードのせいで審査が通らない……ということも少なくありません。

クレカの審査の方法は?

まずここでは、クレジットカードの審査がどのようにして行われているのかを見てみましょう。

一般的にクレジットカードの審査には、「スコアリング」という手法が使われています。これはみなさんがクレジットカードの申込書に書いた「年収」「年齢」「勤務先」「勤続年数」「持家・貸家の有無」を数値化し、総合点を自動ではじき出して、スコアを超えていれば審査通過となる仕組みです。

以前は、一つひとつを審査していたそうなのですが、クレジットカード利用者が爆発的に増えるとともに、このスコアリングという手法による査定が自動化されました。

一度記録された情報は何年残るのか

さて、このクレジットカードの審査ですが、スコアリングだけでは終わりません。当然ですが、過去の個人の決済状況などについても調査されます。日本には、こういった個人の信用情報を扱っている団体が3~4つほどあり、その情報センターに問い合わせがいくわけです。

そこで、「過去に何度も支払い遅延をしている」「自己破産している」などの情報が見つかれば、査定に大きく影響することになります。

ちなみに、この情報の保存期間は基本的に5年、自己破産のような大きな情報は10年といわれています。そうなると、質問者の方の場合はただの支払い遅延で、しかも一度だけなので、そもそも大きなマイナスにはなりません。仮に悪質と判断され、その際に記録されていたとしても、5年を超えた今では情報は残っていないと考えられます。

ちなみに、私もその昔、20代のころに3ヶ月連絡せずにカードの支払いを遅延したことがあります。

現金払いからクレジットカード決済に切り替えるタイミングで、手違いから2重払いをしてしまったのです。

「その分、1回支払いを減らす!」と主張した私に対して、カード会社は「そんなことは知らないから、とにかくお金を準備しろ。債権者もそう言っている」の一点張りでした。埒が明かなかったので、カード決済の口座から、しばらくお金を引き上げていたからです。

その後、債権者に直接確認しましたが、そんなことは一切言っておらず、支払いを1回減らすことにも合意していただけました。カード会社が嘘をついていたことになります。

つまり、合計3回の支払いが滞ったわけですが、その後クレジットカードを作るときになにか問題が生じたことは一度もありません。

結論として、質問者の方の審査が通らなかった理由は10年前の支払い遅延ではないと思われます。

支払い遅延・破産以外で審査に通らない理由

ご参考までに、過去の支払い遅延や破産以外で審査に通らないのは以下のような理由が考えられます。

・短期間に多数のクレジットカードを申し込んでいる
・同居している家族に複数回の支払い遅延者や破産者がいる
・借金(特にカードローン)が多額に上る

心当たりがないかどうか考えてみてください。

そして最後にもうひとつお話すると、クレジットカード業界では「申込後の審査落ち」情報が共有されます。当たり前ですが、「他社が断った人」は、ほかの会社も審査を通したくないのです。

ですから、審査が通らないからといって、やみくもに次々と申請書を作るのではなく、半年ほど時間を空けてから申請し直すのがよいでしょう。

Card Stocks

連載・特集

Ranking

Pick Up

Keyword

Authors