• >
  • >
  • 手取り55万だけど赤字月も… 独身男の賢い家計術は?
2017.05.15

手取り55万だけど赤字月も… 独身男の賢い家計術は?

FPの家計相談シリーズ

手取り55万だけど赤字月も… 独身男の賢い家計術は?

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナー(FP)が答えるFPの相談シリーズ。今回はプロのFPとして活躍する深野康彦氏がお答えします。


30代男、一人暮らしです。独身男性が浪費を抑えるために有効な家計管理の方法はどんなものがありますか? 収入は手取りで55万円、ボーナスは150万円で年2回。家賃16万円、食費などの必要経費は10万円です。飲みや趣味の浪費が多く、給与から天引きしている10万円以外はほとんど残らず、月々の支出が赤字の場合はボーナスを切り崩してしまっています。

このままではマズいと思ってご相談しました。男性一人ですと意志力・自制心を失ってしまって浪費してしまうケースがほかにも多くあるのではないかと思います。
(30代後半 未婚 男性)

深野:男性一人という限定された場合だけではなく、家族構成を問わず浪費を抑えるために有効な家計管理の方法は積立貯蓄などで先に天引きして残ったお金で生活することです。

ご質問者の方はすでに給与天引きによる10万円の積立を行われているようですが、給与水準などを考慮すると10万円の積立額は少な過ぎると思われます。

あくまでも推測ですが、毎月10万円の積立を行い、あとは毎月の家計収支やボーナスで残ったお金を貯めようと考えていたのではないでしょうか?

なぜ先取りが大切なのか?

このように考える方は多いですが、筆者の経験上、大多数の方は残ったお金を貯金できた試しがないように感じます。「意思力・自制心を失ってしまって」とご質問には書かれていますが、だからこそ先に積立貯蓄を行って、残ったお金で生活するようにするのです。

毎月の給与天引きの金額を倍の20万円に引き上げましょうとは言いません。生活をいきなり変えることは難しいですから、給与天引きの金額は徐々に引き上げましょう。

最初は12万円、慣れたら14万円と徐々に引き上げていく方法と、いきなり3倍の30万円に引き上げて、30万円は厳しいので27万円に減らす、それでも厳しいので24万円に減らすという2つの方法があります。

ポジティブな気持ちで貯蓄を

おすすめしたいのは徐々に増額していく方法です。減額していく方法だと気持ちがネガティブになりやすい傾向があるからです。徐々に増やしていくやり方のほうが、がんばれば自分もできるとポジティブになるケースが多いようです。

給与天引きなどの積立貯蓄でお金を貯めていく方法には裏技や一発逆転はありません。地道にコツコツが王道、言い換えれば近道なのです。

細く長く続けることが大切ですから、なるべく前向きになれるような方法で積立をされてください。付き合いや趣味にお金を使いたい気持ちもわかりますけれど、ボーナスからの貯蓄も必ず行いましょう。

さらに家計の無駄や使途不明金を見つけるために、簡単なものでよいので家計簿のような毎月の家計収支がわかるものをつけるようにしてください。

Card Stocks

連載・特集

Ranking

Pick Up

Keyword

Authors