• >
  • >
  • 400円で大満足 腹も財布も満たす“高コスパ”外食チェーン
2017.05.24

400円で大満足 腹も財布も満たす“高コスパ”外食チェーン

こんなにお得でいいのかしら?

400円で大満足 腹も財布も満たす“高コスパ”外食チェーン

節約家にとって食事は工夫しがいがある領域です。毎日必ずかかるコストですからね。自炊のコスパが最強なのは間違いないのですが、仕事の関係で出先で食べることもあると思います。

例えば、週5で昼か夜に1,000円の外食をすると、だいたい月2万5,000円かかります。そこを1食400円に抑えられると、月1万円となり、1万5,000円も節約できちゃいます。こうしてみるとバカにできない額ですよね。

ただし、食の場合はただ安けりゃいいというわけではなく、安心安全であることや食後の満足感なども重視したいところです。

そこで、これらを満たしつつ、店舗もたくさんあるチェーン店を5つ厳選してみました。節約したいけれど外食もしたい時の参考にしてみてください。


お店選定の三カ条

一つ、1食400円以内であること
一つ、安心安全でお店がたくさんあるチェーン店であること
一つ、満足感が得られること

※これからご紹介する情報は2017年5月19日現在のものです。今後、変更されるかもしれませんのでご注意ください。

「松屋」の牛めし290円

コスパ外食の第一人者、牛丼はやはり欠かせません。まず大手3社の主力商品をご紹介します。

お店メニュー価格カロリー備考
吉野家牛丼380円669kcalたまご60円
吉野家豚丼330円590kcalたまご60円
すき家牛丼350円656kcalたまご50円
すき家豚丼350円700kcalたまご50円
松屋牛めし290円709kcal味噌汁つき

目安として公式ホームページ記載のカロリーもご紹介しますが、どのメニューもおいしいし食後の満腹感もそれほど変わらないと思います。

表のなかで目立つのは、松屋の牛めし290円ですよね。しかも、松屋は無料で味噌汁までついてくるというのだから驚きです。

旨辛ネギたま牛めしにしても400円ですのでコスパのよさは際立っています。

ただし、残念ながら関東地方では、この牛めしではなく、プレミアム牛めしが売られています。こちらは380円ですので、お得度はグッとダウン。吉野家、すき家でたまごと牛丼を頼むのも有力な選択肢ですね。

「はなまるうどん」のかけ小130円

次にご紹介するのが、はなまるのかけうどん小130円……! これは、かなりショッキングなお値段です。中にサイズアップしても230円。筆者は平均的な体型の男ですが、中で十分お腹いっぱいになります。

そして、えび天、かき揚げなどてんぷら各種が100円台で売られているので、かけ中+てんぷらでも400円で食べられます。

麺自体も特徴的で、「はなまる食物繊維麺」は1玉にレタス1個分の食物繊維を含んでいるといいます。

もう一度言いますよ。1玉にレタス1個分です! ヘルシー志向の方も満足できるものになっているんですね。

さらに今年の4月から、はなまるうどん公式アプリが登場し、てんぷら無料クーポンなどお得なクーポンが配信されています。コスパのレベルが相当高いです。

※はなまるうどん公式アプリより

12

Card Stocks

連載・特集

Ranking

Pick Up

Keyword

Authors