• >
  • >
  • 26歳男性 月収20万「趣味に大金をつぎ込み貯金ができない」

26歳男性 月収20万「趣味に大金をつぎ込み貯金ができない」

FPの家計相談シリーズ

26歳男性 月収20万「趣味に大金をつぎ込み貯金ができない」

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回はマネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。


毎月の生活費や趣味にかかるお金をほとんどクレジットカードで支払っています。カードの引き落とし額が思ったよりも高くなっていて、お金が貯まりません。どうするべきか教えてください。

〈相談者プロフィール〉
・男性、26歳、未婚
・手取り月収:20万円
・預貯金:なし
・クレジットカード残高:約70万円

【家計の内訳】
・住宅費:5万円
・生命保険:未加入
・通信費:1万円(携帯代+自宅回線)
・食費:4万円
・水道光熱費:0.7万円
・日用品:0.7万円
・衣服・美容:0.8万円
・健康・医療:1万円(ジム代)
・その他生活費:2万円
・趣味・娯楽:年間50~100万
・クレジット引き落とし:月5~8万円

FP:ご相談ありがとうございます。miraitalkのファイナンシャルプランナーの宮城です。クレジットカードは計画的に利用できないと、やりくりを困難にするだけでなく、赤字を招くツールになります。どうすれば改善できるのか一緒に考えてみましょう。

クレジットカードの利用が赤字を招いている

相談者さんの生活費の支出を拝見すると、趣味・娯楽費とカードの支払いを除けば、一見、あまりバランスは悪くないように見えます。

ですが、趣味・娯楽費の支払はクレジットカードなのでしょうか。カード利用分の支払いが入ると、途端に赤字家計に転じてしまいます。趣味費に幅があるようですが、年100万円として月々にならすと、毎月の支出合計は約30万7,000万円となり、年間では128万円の赤字です。利用残高が70万円も残っているところも合わせて見ると、クレジットカードの使い方が無計画で、家計を圧迫していることが分かります。

まずは、クレジットカードの利用を一度控え、利用残高を早期に返済していくことを考えましょう。支払期間を延ばすとか、リボルビング払いに切り替えるなどでは根本的な解決にはなりません。利息がかさみ、かえって家計を悪化させることになります。
 
一番の策は、ボーナスがあればそれを利用して返済してしまうことです。もし、ボーナスなどまとまったお金が入る予定がなく、返済の目処も立たないときは、場合によっては債務整理も視野に入れてよいかもしれません。

ショッピングで作ってしまった借金は、場合によっては購入した商品を引き上げられる可能性もあるので、法律家とよく相談して決めたほうがよいでしょう。

お金のかかる趣味は貯まってから購入を

家計を苦しくしているのが、年間50~100万円使うという趣味・娯楽費です。

ボーナスの記載がありませんが、手取り年収240万円ほどの中から趣味・娯楽にこれだけの金額を使うのですから、お金のやりくりに無理が出ても仕方がありません。支出の仕方を見直すことを強くおすすめします。

今は貯蓄もないとのことですし、ボーナスもはっきりしないようですので、年単位で予算を組むことも無理があると思います。毎月の収入の中でやりくりできる金額に抑えていきましょう。

カードの支払いが終わったと想定して計算すると、生活費が15万円程度ですので、貯蓄と趣味にあてられるお金は毎月5万円ほどになります。仮に半分を貯蓄、半分を趣味にすると、毎月2万5,000円が趣味のためのお金の予算となります。このように、月々に落としこんで計画していきましょう。趣味のためにほしいものがあるときは、毎月の2万5,000円を少しづつ貯めてから購入するようにやり方を変えていきます。

お金のかかる趣味で、自分の収入から出せる分では不足があるのかもしれません。ですが、現在のままを続けていては、趣味を楽しむことができなくなるばかりか、生活も危ぶまれる状況になります。

時には我慢したり工夫することも必要です。もっと趣味にお金をかけたいと思うのであれば、収入を増やす方法なども考えてみましょう。転職や副業を検討するのもアリかもしれません。

医療保険の加入を検討して

貯蓄がない、クレジットカードによる負債があるという中、無保険状態であるということは少々不安です。

万が一、病気やけがをしてしまったら、医療費が払えず大変になるかもしれません。掛け捨ての安いものでよいので、医療保険に加入しておくほうがよいでしょう。

気胸や突発性心筋症など、若い男性がかかりやすい疾患もありますし、予期しないことは起こり得ます。月に2,000~3,000円ほどで加入できると思います。まずは検討してみて下さい。
 
趣味などにお金をかけたい気持ちもわかりますが、万一の場合や未来の自分が困らないよう、お金の使い方を自分に問いかけながら整えましょう。まだ26歳とお若いです。いかようにも変わることができると思います。がんばってください。
 

mirai talkはマネーフォワードから生まれた公平で安心できるお金の相談窓口です。新宿駅から徒歩約5分。本気で家計を変えたい人のための「貯まる家計養成プログラム」を提供しています。

Card Stocks

連載

Ranking

Pick Up

Keyword

Authors