募集
「MONEY PLUS」では寄稿者を募集しています。専門知識を活かして記事を書きませんか?
2015.07.28

やる気をなくしても続けられる家計簿

家計簿上級編5

やる気をなくしても続けられる家計簿

本屋さんなどで売られている家計簿の中には、馴染み深いデザインをしていたり、人気キャラクターをモチーフにしているものも多くありますが、それには理由があります。お金は多くの人にとって、「足りない」「ちょっと苦しい」「もうちょっとあれば助かるのに」といった少しつらいイメージを持つものです。

しかし、いくら可愛らしいキャラクターが癒してくれていても、家計簿を付ける瞬間には癒されない現実に出会うことに変わりはありません。また、そもそも毎月何が起きているのかを把握する手間だけでも、なかなか気が重くなるものです。だからこそ、続けられる習慣が一つでもできることが、大事なのです。

ここまで、家計簿を始めるために、銀行の通帳をATMで記帳することをオススメして参りました。読んで頂いた皆さまにはお分かりかと思いますが、これ以上手間のかからない方法はないからです。しかし、何かのついでに記帳するために、常に通帳を持ち歩くのも不自然ですし、2-3ヶ月続いた習慣が、一度記帳を忘れると一気に億劫になったりもするものです。やる気をなくしたとしても、家計簿が続けられる状況とは何か。マネーフォワードは、こユーザーの皆様が、記帳などの時間をかける必要がないように、そして忘れていても自動的に記録してくれるようなサービスを提供しています。

マネーフォワードは、記帳という「最低限」の家計簿を付ける手間を、劇的に短くしました。具体的には、マネーフォワードは銀行のインターネット上の口座を利用している方に対し、記帳と同じ行為を、毎日自動で行えるようにしています。また、個別の取引の中でも金額が大きいものについては、メールで自動でお知らせします。ATMに行く時間もかけずに、ウェブやお持ちのスマートフォンから簡単にチェック可能になりますので、家計簿作りにくじけそうな方に、おすすめです。

Card Stocks

連載・特集

Ranking

Pick Up

Keyword

Authors