カード支払いを引き落とし時に計上する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いつもご利用ありがとうございます。

今回は、クレジットカードの集計タイミングについて、新たなご利用方法が先週より提供可能となりましたので、ご案内いたします。

マネーフォワードの家計簿では、支出が「発生」したタイミングをベースに計算を行っています。例えば、4月15日にクレジットカードを利用し、その金額が翌月5月10日に銀行から引き落とされる場合には、4月に支出が行われたものとして扱います。また、5月の引き落としの取引は、振替に分類し、計算対象外とする処理となっております。

しかし、一部のユーザーの方々からは、
「これでは、預金が増えたり減ったりする動きと合わせて見ることができない。引き落としが行われるタイミング(上記の例では5月)で、支出として計算して欲しい」
というご要望を数多く頂いて参りました。

こちらは、今回導入したグループ機能により、簡単に解決することが可能になりました。

方法は以下の2ステップです。

ステップ1 カードを除いたグループを作成する

まず、新たにグループを作成します。 画面右上の[プレミアム機能]横の
グループ名称をクリックし「グループの追加・編集」に移動しましょう。
名前も、例えば「家計の把握用」といった分かりやすいものを付けてみましょう。
ここで、グループに含める口座のリストから、クレジットカードの選択チェックを外して下さい。

c1

グループを作成したら家計簿のページに移動し、画面右上のウィンドウより、作成したグループを選択して下さい。

c2

ステップ2 クレジットカードの引き落としを振替に変更する

ステップ2としては、銀行からの引き落としの取引について、振替への変更を行います。

カードの引き落としが
(1)支出として分類されている場合には振替への変更を
(2)振替と既になっている場合には入金先として該当するカード会社を
それぞれ選択して下さい。

c3

グループ表示では、グループに含まれない口座との振替について、支出や収入として計算に含める扱いが行われます。そのため、これまで計算対象外としてきた引き落としを支出として扱うことが可能となります。

上記を行って頂くことで、銀行引き落としの取引が該当するグループでは、支出として計算されます。一方、クレジットカードの利用履歴は、もともとグループには含まれていないので、計算にも含まれません。

結果として、銀行預金の残高の動きとマッチした、家計簿を見ることが可能となります。
必要に応じて、ぜひご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。