マネーフォワード MEサポートサイト

繰り返し入力機能の使い方

「繰り返しルール」は、Web版サービスより設定可能でございます。

繰り返し入力機能は、手入力で管理する、毎月の習い事の費用や
定期的な積み立てなどを、自動で入力する機能です。

毎日、毎週、毎月の頻度で発生する
同じ額の支出・収入の入力をルールとして登録できます。

Web版サービスは、アプリ版サービスと同じログイン情報でご利用いただけます。

繰り返し機能の使い方と、便利な応用方法をご説明します。

繰り返し入力機能の使い方

繰り返し入力機能は、Web版サービスの
家計>家計簿の手入力ボタンよりご利用いただけます。

  1. 「繰り返し入力」にチェックをいれます
  2. 繰り返しの周期は毎日・毎週・毎月の中から選びます。終了日を指定することできます。「ルールだけ作成」にチェックを入れると、記入した日付は入出金の記録を行わず、「繰り返しルール」だけを作成します。例をあげてご案内をいたします。
    入力日:2017/05/18
    開始日:2016/01/01
    毎月
    ■「ルールだけ作成」にチェックを入れない場合
    ・2016/01/01に履歴が反映
    ・2017/06/01以降、毎月1日に反映
    ■「ルールだけ作成」にチェックをされた場合・2017/06/01以降、毎月1日に反映
  3. 保存し、ブラウザの更新マークをクリックすると、カレンダーに予約された入出金履歴が反映されます。収入・支出詳細には設定された日付(周期)で反映されます。
    なお、今後、指定した周期日が到来すると、入出金履歴が新たに自動で加わります。
  4. ご入力された「繰り返しルール」の一覧は、Web版サービスの設定>家計簿の設定の「繰り返しルール」から確認でき、ルールの編集や削除を行うことができます。

応用的な使い方:振替の繰り返し入力

繰り返し入力機能は、「未対応の金融機関」や「財布」への振替でも利用することが可能です。

手入力画面の振替から直接、繰り返し入力を選択ことはできませんが、
繰り返しの支出ルールと振替ルールを設定することで可能です。

  1. 振替を行いたい支出元と、毎月繰り返しをしたい金額を決め、
    支出としてルールをご登録してください。振替として分類すると、出金先が未設定となります。
    こちらで、振替の相手方としたい口座(積み立てを管理している未対応の口座)を選択してください。
  2. 登録された支出を振替にしてください。上記を行っていただくと、それ以降、指定した日が訪れる度に、これらの口座向けの振替が発生し、残高も同じ金額だけ増加します。
    振替の「繰り返しルール」の使い方としては、例えばマネーフォワード MEで対応していない持株会での積み立てや、会社で行われている財形貯蓄などにご利用いただけます。また、住宅ローンなどが登録されている口座を入金先として指定すれば、毎月の手動でのローン支払いに伴って、ローンの残高を減少させることができます。


 


ご利用方法でご不明点がございましたら、こちらよりお問い合わせください。

※ご登録のメールアドレスまたはログインした状態で、お問い合わせいただけますようお願いします。