マネーフォワードサポートサイト

「グループ機能」について

グループ機能とは、マネーフォワードに登録している金融機関口座、
財布等の手元の現金・資産のうち、一部に絞って表示を行う機能です。

無料会員はひとつまで、プレミアム会員は複数のグループを作成することができます。

グループ機能の主な使い方と、注意点についてご案内します。

グループ機能の使い方の例

その1:夫婦それぞれの予算管理

マネーフォワードを夫婦のお金の共同管理に利用している場合、
夫婦がそれぞれに関連する口座を含む形でグループを作成することで、
一人ひとりの支出や資産の確認を行うことができます。

また、グループごとに、集計期間や予算を設定することができます。
例えば夫の給料日が25日、妻の給料日が10日、といった場合にも対応することができます。

その2:日常生活と関係のない資産を除外

マネーフォワードでは、確定拠出年金やねんきんネット、
不動産などの資産についても自動取得を行っております。

資産を把握するのには役に立つ情報ですが、金額も大きいため、
日常的な家計の管理では、実態が分かりにくくなってしまう場合があります。

このような場合、年金や不動産の資産を外したグループを作成すると、
より日常的な生活のお金の流れを、集中してみることができます。

その3:運用資産を集中的に見たい

生活用の口座を除外し、運用資産のみで構成したグループを作成すると、
日々のお金の出入りに左右されない、資産の蓄積とリターンに集中できる表示が行われます。
こちらは、資産管理でより便利にお使い頂ける利用方法となります。

その4:事業用と生活用でお金の流れを区別したい

不動産投資や、個人事業主を営んでいるような場合では、事業や投資用の口座・資産と、
生活用の口座・資産を分けて管理することが、家計の正確な把握へと繋がります。

グループ機能の注意点

    • グループ機能は、口座単位での表示・非表示を行う機能です。
      例えば、同一のクレジットカード口座で事業用と生活用の支出を行っている場合に、
      片方のグループで計算対象外することはできませんのでご注意下さい。

 

  • A口座がAAというグループに含まれており、B口座がBBというグループに含まれている場合、
    AからBへの振替手続きを行うと、それぞれのグループの表示では、
    支出または収入として計算が行われます。

※以前から手入力の入出金や資産をご登録されている場合のご注意※

グループ機能では、「保有金融機関」が「なし」と設定されている入出金及び資産については、
全てを含めるか・含めないかをご選択いただけます。
表示を行う口座を選択する際に、あわせてご選択ください。

 

グループの作成方法

 


ご利用方法でご不明点がございましたら、こちらよりお問い合わせください。

※ご登録のメールアドレスまたはログインした状態で、お問い合わせいただけますようお願いします。