マネーフォワードサポートサイト

「振替」機能について

振替機能は、銀行から証券会社にお金を移したり、
ATM引き出しから財布にお金を移したりする場合など、
ご自身の資産の間でお金が移動するときに利用します。

振替機能のメリット

振替をすることで、「お金の流れ」をより正確かつ
簡単に把握することができるようになります。

大きなメリットは2点です。

    1. 現金管理がより正確に管理できます
    2. 定期的な積立やローンの返済などの設定ができます

1については、財布(現金管理)機能で連動する銀行口座を指定すると、
それ以降は、自動的に振替を行います。毎回、入力や計算対象外を行う手間がなくなります。

2については、マネーフォワードで自動取得に対応していないローンや積み立て口座がある場合、
未対応の口座を作成し、振替の入金先と指定すると、積み立てやローン返済と同じ形で残高が変化します。

振替機能の利用方法

振替の使い方は、大きく2点です。

  1. 自動取得された入出金を振替に変更する場合
  2. 手入力で振替を入力する場合

下記、詳細をご説明します。

(1)自動取得された入出金を振替に変更する場合

A銀行からB銀行の口座に1万円を移した場合を例としてご紹介します。

まず、振替対象の入出金について、右側にある「振替」の矢印を選択します。

振替を選択すると、計算対象外となります。(グレーで表示されます)
振替は、支出元と入金先の二つを登録することができるため、
この場合は入金先側の金融機関が、「未設定」として表示されます。

未設定の入金先をクリックし、入金先の口座を指定します。

さらに、入金履歴の候補がある場合、選択肢として表示されます。
該当する取引を選択すると、出金のデータと入金のデータが自動で合算され、
一つの入出金記録として表示されるようになります。

合算された入出金データは、下記のように一本化されたかたちで表示されます。

 

(2)手入力で振替取引を入力する場合

手入力で振替を入力する場合は、家計簿の手入力の欄より行います。
振替の支出元と入金先を選ぶときには、手動で登録された口座のみ選択となります。

 

振替の操作方法は下記をご覧ください。

 


ご利用方法でご不明点がございましたら、こちらよりお問い合わせください。

※ご登録のメールアドレスまたはログインした状態で、お問い合わせいただけますようお願いします。