ロボ・アドバイザーの終焉?

海外サービス動向

2014年は、インデックス投資の自動運用を行うプレーヤーが目覚ましい金額の資金調達を行った年でした。 以前のブログでも取り上げたように、Wealthfront、Motif Investing、Personal Capit…

続きを読む

ノンバンク2.0

海外サービス動向

昨年のLending Clubの上場に引き続き、年が明けてからもビッグデータを元に貸付を行うプレーヤーの勢いが止まりません。 ドイツ発祥のノンバンク、Kreditechは今週、2億米ドル(約240億円)のクレジットライン…

続きを読む

ピーター・ティールが大麻産業に投資

その他

Privateerの投資先、Marley Naturalの創業者 セデラ・マーリィ ピーター・ティールといえば昨年、著作でも一気に有名になった起業家/投資家です。 同氏は採用面接において「賛成する人がほとんどいない、重要…

続きを読む

少し気の早い2015年予測

海外サービス動向

CCSインサイトという英国の調査会社があります。 同社は、インターネット業界について、毎年、翌年以降の予想を立てていることで有名です。 今年の「2015年」予想はこちら。

続きを読む

直接金融2.0

海外サービス動向

昨日、P2Pレンディングの分野で最大規模を誇るLending Clubがついに上場しました。 上場時の時価総額は54億ドル(約6,400億円)と、日本の大手地方銀行と同程度の評価がついた形となります。

続きを読む

注目の骨太Fintechベンチャーたち

海外サービス動向

今週、サンフランシスコでThe Future of Money and Technologyというカンファレンスが開催されました。 その名の通り、内容はテクノロジーと金融の未来について。

続きを読む

マクラーレンとKPMGが異色の提携

海外サービス動向

あのマクラーレンが、世界最大級の会計事務所KPMGと今週20日、戦略的提携を発表しました。 この組み合わせを見ると、マクラーレンがレースに勝つために、会計事務所のノウハウが、というイメージを持ちますが、実際には方向は逆。

続きを読む