Fintech研究所 研究員
合江 篤

1993年京都府生まれ。慶應義塾大学法学部を卒業後、同大学院法務研究科進学を経て、2018年にマネーフォワードに入社。入社後はFintech研究所にて金融制度、年金制度、海外の金融サービス動向を中心とする調査研究に従事。 

ゲスト対談:官民の人材交流とリボルビングドア~後編~(株式会社メルカリ 吉川 徳明さん)

前回は株式会社メルペイ 社長室政策企画ディレクターの吉川 徳明さんのこれまでや経済産業省での公務員としての業務などについてお話を伺いました。今回はその後編として、官民の人材交流や官民両方の側面から、より良い政策を検討する上で求められることなどについて伺った内容をご紹介します。

続きを読む

ゲスト対談:官民の人材交流とリボルビングドア~前編~(株式会社メルカリ 吉川 徳明さん)

「マネーフォワード Fintech研究所 瀧の対談シリーズ」の第7回目をお届けします。今回は、株式会社メルカリ 会長室政策企画ディレクターの吉川 徳明さんをお迎えし、官民の人材交流や官民で人材が流動的に行き来する「リボルビングドア」などについて伺った内容を前後編に分けてお届けします。

続きを読む

米国における信用機会の均等化に向けた歴史

米国では、消費者の信用情報の組成に際して、人種や性別などによる差別の防止を目的とした「消費者信用機会均等法」が設けられています。昨今、日本の制度でも与信審査におけるAI等の活用が進んでいますが、その将来像の中では信用機会からの排除が行われないことは重要な論点となることが想像されます。本稿では、米国において長らく存在してきたこの観点の議論の経緯をご紹介します。

続きを読む

英OBIEの後継団体に向けた提言

2021年3月2日、英国の金融サービス事業者の業界団体であるUK Financeは、同国のオープンバンキング政策を推進を目的とした新たな新法人の設立に関する提言を公表しました。

続きを読む

ゲスト対談:現代におけるマッチング理論とマーケットデザインの活路~後編~(経済学者 小島武仁さん)

前回はマッチング理論やマーケットデザインを専門に研究されている経済学者の小島武仁さんとの対談記事の前編をご紹介いたしました。今回はその後編として、マッチング理論が社会にもたらす影響や、現在の研究テーマなどについてお伺いした内容をお届けします。

続きを読む

ゲスト対談:現代におけるマッチング理論とマーケットデザインの活路~前編~(経済学者 小島武仁さん)

「マネーフォワード Fintech研究所 瀧の対談シリーズ」の第6回目をお届けします。今回は、マッチング理論やマーケットデザインを専門に研究されている経済学者で、東京大学経済学部教授、東京大学マーケットデザインセンター センター長の小島武仁さんをお迎えし、お話を伺った内容を前後編に分けてお届けします。

続きを読む

英国歳入関税庁のオープンバンキング契約

2020年2月2日、銀行APIなどの金融サービスに特化したシステム基盤を構築するEcospend社が、納税手続きのデジタル化に向けたインフラ整備に関して、英国の国税庁にあたるHMRC(歳入関税庁)との間で300万ポンド(約4億3,000万円)で契約を締結したことを同社のプレスリリースで発表しています。

続きを読む

SPACによる上場を目指すSoFi

2021年1月7日、米オンライン貸し手のSoFiは上場株式会社形態のビークルである “Social Capital Hedosophia”からの買収により、SPACによって上場する計画を発表しています。

続きを読む

2020年Fintech界重大ニュース

今回は2020年に日本で話題となった金融関連のニュースを振り返りながら、マネーフォワード Fintech研究所長の瀧による独自の目線での解説や今後の展望をインタビュー形式でお届けします。

続きを読む

ゲスト対談: これからの事業性評価として必要な考え方(マネーフォワードケッサイ株式会社 家田 明さん)

「マネーフォワード Fintech研究所 瀧の対談シリーズ」の第5回目をお届けします。今回は、事業性評価や社会や技術の変化が加速する中で生き残る企業などをテーマに、マネーフォワードケッサイ株式会社 取締役会長の家田 明さんをゲストにお迎えしてお話を伺った内容をお送りします。

続きを読む

ゲスト対談: ベンチャー企業におけるパブリック・アフェアーズの重要性(マカイラ株式会社 城 譲さん)

「マネーフォワードFintech研究所長 瀧の対談シリーズ」の三回目となる今回は、アドボカシーを中心とした公共戦略コミュニケーションのコンサルティング企業である、マカイラ株式会社の城譲さんをゲストとしてお迎えし、現在のお仕事に至った経緯や、「パブリック・アフェアーズとは何か」ということ、ベンチャー企業との関係性などについてお話しいただいた内容をご紹介します。

続きを読む

国法銀行化を目指す米Varo Money

米国のネオバンクであるVaro Moneyが6月3日、シリーズDで2億4,100万ドルの調達を行い、ネオバンクとして初めてOCC(米通貨監督庁)による国法銀行の免許取得に向けた最終調整を行う旨を発表しています。

続きを読む

米ウォルマートのネオバンクサービス

5月27日付のAmerican Banker紙で、米小売最大手のWalmartがオンラインバンクのGreen Dot Bankとの提携により発行している “Walmart Money Card”の機能を広げ、金融サービス戦略の強化を行っていることが取りあげられています。

続きを読む