ナカモト・サトシ氏が実在した(追記あり)

本ブログでも何度か取り上げ、今話題のBitcoinの生みの親、ナカモト・サトシ氏が実在したという特大ネタが、Newsweekにて公開されています。

多くの情報が新たに明らかになった中、そのいくつかの側面を箇条書きにてお伝えします。
http://mag.newsweek.com/2014/03/14/bitcoin-satoshi-nakamoto.html

・Nakamoto氏が実在した。
・記者が行ったら警察呼ばれた。
・何か間違えたことを話せばバカと言われ、二度と会話をしてくれないような人。
・メールか、ビットコイン用のフォーラムのみが、彼と会話をする方法だった。
・1949年別府生まれ。10歳のときに母と米国へ。
・本名を名乗りたがらず、ドリアン・ナカモトと名乗っていた。
・いろいろ秘密を保ちたい性格。メディアには騒がれたくない。
・自分を謎めいた人物として取り上げることがないよう、技術責任者を牽制。
・2001年ころから定職にはないとの噂。
・2011年ころからは、既にBitcoin業界との関わりから離れるように。
・数学の才能はあるが、書かれるコードは汚かった。まるで毛玉みたいなコードだった。
・鉄道模型が生涯の趣味。

秘密を守りたい人が作った、数学に守られたコイン。

すでに映画化の話が動いていそうな、深い人物像が浮かび上がってきます。

※3月18日追記

米TechCrunch記事において、Newsweekで記事となったナカモト氏はBitcoinとは関わりがない、とするドリアン・ナカモト氏の声明が報じられております。

ある怪優の35億円相続プラン

先日ですが、筆者が好きな俳優の一人でもあった、フィリップ・シーモア・ホフマン氏が若くして急逝しました。
すごく有名な俳優ではありませんが、ミッション・インポッシブル3の敵役や、アカデミー男優賞を受賞したカポーティ、マネーボールでのうだつの上がらない監督など、どちらかというと怪優という存在でした。

さて、生前、彼は35億円の資産を有していたとのことなのですが、この相続プランに再考の余地があったのでは、と米国で話題となっています。

続きを読む

FinovateSpring 2014参加会社のビデオ3選

ここ数年間、Finovateという、お金に関するイノベーションを取り上げるカンファレンスが台頭してきています。

年に4回、世界の各地で開催が行われているのですが、真面目な技術系の会社に混ざって、いくつか風変わりな会社が台頭することもあり、そのメンバーがなかなか見逃せません。

今回、4月に開催されるFinovateSpring2014の参加企業の中から面白そうな3社のビデオをピックアップしてみました。
続きを読む

市場規模10倍、倍返し確実な米国のバレンタイン

3284553250_bc72be6342

日本記念日協会は、「バレンタインデー」関連の市場規模について、今年は1,500億円を超えるのでは、という予想を出しています。

チョコレートだけでも500億円になろうと言われているこの市場ですが、飲食店やファッションなどでの消費も含めると、普段とは違う消費を誘発する、大きな効果といえそうです。

ところが、米国の同様の調査では桁違いの結果が推計されているとのこと。
続きを読む

2月からでも間に合う!月別お金健全化計画

7214438862_664f674e41

2月に入りました。年初に立てたお金の計画は順調に守れていますでしょうか。

いやいや、ちょっと事情が変わりまして、、、という方にこそオススメのルールを本日はご紹介します。

続きを読む

日本でビットコインで食べられるのは唐揚げとワッフルとパーティーフード

いつもご利用ありがとうございます。

私たちがよく取り上げるウェブサービス、Mint.comが、この度ついにビットコインへの対応を開始しました。

米国には多数のPersonal Financial Management(個人の家計・資産管理)サービスがありますが、Bitcoinの取引に対応したのは同サービスが初、とのこと。
続きを読む

海外移住するときのチェックポイント8つ

 
 

      13319565_6504a18370

米国の海外生活に関する雑誌International Livingで「引退後に住む国ランキング2014」が発表されました。
 
引退するにはまだ早い、まして移住なんて、という方にこそ、興味深い内容となっています。
続きを読む

家計簿を始めるなら1月!

 

いつもご利用ありがとうございます。
松の内も過ぎてしまいましたが、本年もマネーフォワードをよろしくお願いいたします。

一年の中でも1月は、マネーフォワードにとって大切な月になります。
それは、世の中の多くの人が、1月から家計簿を始めるからです。

過去10年間にGoogleで検索された「家計簿」という言葉のボリュームを見ると、毎年の1月(赤丸の場所)が他の月に比べて、かなり検索回数が増えていることが分かります。

search

(出所)Googleトレンド、赤丸は筆者追加
 

なぜ、1月から始める人が多いのか。

年末に結局お金を使いすぎてしまった上、お年玉で大盤振る舞いしてしまった方も多いのかもしれません。ツイッターでもそんな反省から、マネーフォワードを今月から始めたユーザーの方がちらほら見られています。ただ、それだけではなく、1月から始める人が多いのには、科学的な裏付けもあるようです。

多くの人にとって、家計簿を(特に初めて)つける行為は、努力を要するものになります。記録をつける手間に加えて、目にしたくなかった「本当の」収支を見てしまったり・・・

そのような中、心理学には、こういった努力を要する習慣を続けるためのいくつものヒントがあります。ニューヨーク大学のGollwitzer教授などが進めている意識や習慣化に関する研究では、様々な要因が人々の「無意識」に与える影響に着目しています。その中でも、1.周囲の行動や、2.自分の他の行動が持つ影響には、家計簿に当てはまる点が多く見られます。

周囲の行動としては、たとえば先ほどのツイッターの例のように、周囲が家計簿をつけはじめた、というつぶやきは、大きなインパクトを持ちます。特に自主的に家計簿をつけはじめた人が、他人が家計簿を始めたというつぶやきを見ると、その場で意識していなかったとしても、その後の習慣を強化する刺激になります。

また、年の初めには書き初めや初詣など、ある意味真面目なイベントが続きます。更には運動を始めたりする方も多いでしょう。このような、自分が他に取っている「真面目な」行動が、つけはじめた「家計簿」も真面目に続けよう、というモチベーションに働きかけることも知られています。一時的であっても、このような習慣が始まれば、一部の人であってもその後、うまく生活にフィットし、続く人が増えてくる、ということになります。

そんな外部要因が多くの人にとって、家計簿を数日でも続けるモチベーションになるのかもしれません。

もちろん、周囲の熱が冷めてくるに従って、また、自分自信の熱意が下がってくる中で、この目標達成に向けたモチベーションは下がってきます。マネーフォワードは、そんな時にこそ、自動で(勝手に)家計簿を作成し、いつでも最初のモチベーションを取り戻せるツールとしてお役に立てればと、考えております。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

年末年始の支出を乗り切る5つのヒント

5220659212_6a7416c8b0

クリスマス、忘年会、お正月の帰省、お年玉・・・

一年の大型支出が重なる季節がついにやって来ました。
ケチと思われたくないけど、お財布の心配もしたくない!

そんな悩みはどこでも共通のようです。
続きを読む

次のビットコインはJPモルガンから?

mine

本年、お金に関する流行語として、ビットコインが話題となりました。

暗号通貨という聞き慣れない言葉、正体不明の日本人名で書かれた論文、ビットコイン価格の高騰に加えて、ビットコインに関連したアプリをアップル社がApp Storeで却下したことなど、好奇心を刺激する要素が満載となっています。
続きを読む

1,500兆円を見守るシステム「アラジン」

20131207_cna400

お金の管理を任せる相手は、人か?機械か?

個人レベルでは、まだまだ結論がでないこの問題。
ただ、プロの運用の世界では、後者に軍配が上がっています。
続きを読む

日本の高齢者は勤労な一方、お金は怠けている?

あなたは将来、何歳まで働く予定ですか?

先日、公開されたOECD(経済開発協力機構)による年金制度の調査ではこの問いに対し、日本人が他の先進国に比べて、高い年齢まで働き続けている状況を報告しています。
続きを読む

お金の教育の中心にある12個のアイデア

learn

前回のブログでは、米国政府が選んだお金の知識20ヵ条についてご紹介しました。

限られた教育期間の中でこの20ヵ条の理解を深めていくため、米国の教育者向けには「お金の知識のコアにあるものはなにか」という形で、色々な教育コンテンツが整理されています。
続きを読む

給与天引き項目を家計簿に反映する方法

マネーフォワードでは、銀行やクレジットカードでの入出金を元に、家計簿を計算・作成しています。そのため、収入の情報としては「手取り」ベースでの家計簿が作成され、給与から「天引き」されている項目については、情報としては含まれていません。
続きを読む

米国政府が選んだ!かしこいお金の知識20ヵ条

edu

お金の教育は大切です。

単にお金を使いすぎないようにする、あるいは、効果的に貯金をする、といったことだけでなく、人生のいろいろな決定をするときにも影響を持つためです。

ただ、大切と言われても、正直なところ「何から考え、教え始めればよいのか」を決めることも難しいのも事実です。

米国では、そんなお金に関する教育の柱として知っておくべき20個のルールを決めて、その理解を深めていく取り組みが行われています。
続きを読む

未対応のクレジットカードの利用方法

いつもご利用ありがとうございます。

本記事では、ご利用のクレジットカードがマネーフォワードで未対応となっている場合の利用方法をご説明します。
続きを読む

日本の「カード社会化」も秒読み?!

card0

金融広報中央委員会(日本銀行)が毎年行っている、個人のお金に関する調査結果が本年も発表となりました。

毎年この調査で話題になるのは、貯蓄を行っていない世帯の数です。今年は調査世帯の内31%が「資産を保有していない」という回答をしており、引き続き、万が一の備えができない世帯の実態が浮き彫りとなりました。

しかし一方で、生活の改善に向けて、前向きな調査結果も出ています。
続きを読む

2013年10月の機能改善のご紹介

いつもご利用ありがとうございます。

10月中は財布(現金管理)、振替、グループ機能など、大きな家計簿機能の改修を実施しました

一方で、リリースには出ていないものの、細かな改善も続けております。
以下に5点、ご紹介いたします。
続きを読む

芸術品の値段は中国の富裕層が決める?

2117340399_0a79c87178

 
 

絵画や彫刻への投資。

こう書くと、投資というよりは、やはり趣味に聞こえてしまいますが、アートへの投資は、近年盛り上がりを見せています。
続きを読む

アプリでプッシュ通知機能を提供開始しました

いつもご利用ありがとうございます。

直近のAndroid及びiPhoneアプリのアップデートより、新しく取得できた入出金についてのプッシュ通知をお受け取りになることが可能となりました。この機能により、自動取得された入出金について、アプリを毎回起動しなくても、新着の有無を確認できるようになりました。

ここではプッシュ通知機能の使い方をご紹介いたします。
続きを読む