海外

口座がなくてもOK?新種の給与計算サービスDoPay

英国発の、貧困問題すら解決しようとする給与計算サービスが話題を集めています。 クラウド給与計算サービスを提供するDoPayは今週、シード投資家及びPEファンドから合計2百万ドルの投資受け入れで合意したと報じられています。

続きを読む

ついにベールを脱ぐ巨大ベンチャーDomo

今週、米国で経営情報プラットフォームを提供するDomoが2億ドル(約240億円)の資金調達を実施しました。 既に600名の従業員がおり、累計で4.5億ドル(約540億円)の調達を実施している中で、同社が特殊といえるのは、…

続きを読む

2014年のFintech投資は2012年比で5倍

米コンサルティング会社のアクセンチュアは昨日、Fintechに関する調査レポートを発表しました。 同レポートでは2014年中に見られた投資の大幅な拡大と、既存の金融機関の対応に焦点を当てています。

続きを読む

信用組合向けSimpleを目指すBankjoy

Yコンビネータ-の最新バッチにも、銀行向けベンダーがついに現れるようになりました。 現在の最新バッチに参加しているBankjoyは、米国で10,000以上ある信用組合に向けて、先進的なUXを提供するスタートアップです。

続きを読む

ロボ・アドバイザーは終わってない!

先日取り上げたロボ・アドバイザー産業の終焉の議論に対して、業界の中心プレーヤーから真正面の反論が行われました。 ロボ・アドバイザーの一社であるFutureAdvisor社のCEOであるBo Lu氏は、先日の記事に対して、…

続きを読む

ロボ・アドバイザーの終焉?

2014年は、インデックス投資の自動運用を行うプレーヤーが目覚ましい金額の資金調達を行った年でした。 以前のブログでも取り上げたように、Wealthfront、Motif Investing、Personal Capit…

続きを読む

ノンバンク2.0

昨年のLending Clubの上場に引き続き、年が明けてからもビッグデータを元に貸付を行うプレーヤーの勢いが止まりません。 ドイツ発祥のノンバンク、Kreditechは今週、2億米ドル(約240億円)のクレジットライン…

続きを読む

少し気の早い2015年予測

CCSインサイトという英国の調査会社があります。 同社は、インターネット業界について、毎年、翌年以降の予想を立てていることで有名です。 今年の「2015年」予想はこちら。

続きを読む

直接金融2.0

昨日、P2Pレンディングの分野で最大規模を誇るLending Clubがついに上場しました。 上場時の時価総額は54億ドル(約6,400億円)と、日本の大手地方銀行と同程度の評価がついた形となります。

続きを読む

マクラーレンとKPMGが異色の提携

あのマクラーレンが、世界最大級の会計事務所KPMGと今週20日、戦略的提携を発表しました。 この組み合わせを見ると、マクラーレンがレースに勝つために、会計事務所のノウハウが、というイメージを持ちますが、実際には方向は逆。

続きを読む

Airbnbがサンフランシスコでついに「合法」に

          Airbnbといえば、いまや世界規模の「他人の家にお金を払って滞在」できるホテル代わりのサービス。 先週、ついにサンフランシスコ市でこのサービスを合法(?!)とする法律が通過しました。

続きを読む

SAPが経費管理サービスConcurを買収

           9月18日付で、世界最大級のソフトウェア会社SAPが、経費管理の領域において同じく世界的プレーヤーであるConcurを買収すると発表しています。その買収額は83億ドル(約9,000億円)に上るものと…

続きを読む